ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

ブログの共同運営って、どうなの?

ひそかに、ブログの共同運営に興味のあるブロガーの方もいることでしょう。

このブログは、僕(ウィル)ときしんの2人で運営をしています。(だから、ウィルときしんというブログ名なわけです。)

ただ、周りを見回してみても2人で運営しているブログはあまりありません。

YouTubeだと東海オンエアやMEGWIN、フィッシャーズなどグループ系ユーチューバーは多いですが、ブログは1人で運営していくのが基本かと思います。

そういう意味では、僕たちのやり方は「あまりないやり方」なのかなとも思います。

ただ、一言いいたいのは「ブログ共同運営はものすごくおすすめ」だということです。(とくに、ブログ初心者にはおすすめ)

今回は、ブログ共同運営(2人でブログを書く)のメリット・デメリットをお伝えします。





ブログを2人で書くメリット

2人でブログを書くメリットはたくさんありますが、代表的なものは以下かと思います。

ブログを2人で書くメリット

【1】絶対的な記事数が増える

【2】各人の強みを生かせる

【3】モチベーションが維持しやすい

一つずつ見ていきましょう。



【1】絶対的な記事数が増える|ブログ共同運営のメリット①

ブログを2人で書くメリット1つ目は絶対的な記事数が増えるということです。

2人でブログを書くとブログの絶対的な記事数が増えます

単純計算で記事数は2倍になります。

 

ブログというのは、基本的には記事が多ければ多いほど、興味を持ってもらえる可能性が高くなります

記事の数が増えれば、このブログを訪れてくれる人も増えます

記事数が多くなるほど、GoogleやYahooからのの検索流入も増えますし、一度ブログを訪れてくれたリピーターTwitterやFacebookなどのSNS流入も望めます。

要するに、記事数を増やして世間への露出度をふやすことで、さらなるアクセスアップが狙えるということ。

 

共同ブログは2人以上で記事を書いていくので、記事の絶対数が増えます。

それに伴い、記事のジャンルも多彩になります。(雑記ブログの場合)

例えば、投資に興味がなくとも音楽や芸能には興味がある人はいますし、転職の話題に興味のない人でも筋トレに興味があるという場合は往々にしてある訳です。

どの記事がヒットするのかは、極端な話、記事を書く本人にも正直分からないので、記事が多くて困ることはないのです。

(もちろん、キーワードの選定やニーズの調査はするわけではありますが、)



【2】各人の強みを生かせる|ブログ共同運営のメリット②

ブログを2人で書くメリット2つ目は各人の強みを生かせるということです。

2人でブログを書くと、各人の強みを生かせます。

活かせるスキルは、以下が代表的なところです。

●ブログのネタ探し
●独自のデザインセンス
●データ解析の解釈
●現状の改善点の探索
●ブログ以外のTwitter運営

一口にブログ運営と言っても、求められる能力は様々です。

 

いい記事が書ける人でも、適切なタイトル付けが下手だと実力を十分には発揮できません。

データ解析が上手な人でも、具体的な修正点が見つけられなければ改善は望めません。



ブログ運営には、総合力が求められるんですね。

これらの作業をすべて1人でそつなくこなすのは難しく、2人で得意分野を担当することでストレスなく前進していくことができます。

また、互いに得意な部分を共有することができるので、次第に2人の不得意分野はなくなっていきます。



【3】モチベーションが維持しやすい|ブログ共同運営のメリット③

ブログを2人で書くメリット3つ目はモチベーションが維持しやすいということです。

2人でブログを書く最大のメリットかもしれません。ブログにおいてモチベーションは命なんです。

 

ブログを一度でも書いたことがある人には分かるかと思いますが、とにかくブログは続かないんですね。

続かない理由には、以下が挙げられます。

●書くのが面倒になる
●誰にも読まれない
●やりがいを感じない
●ブログを書かなくても損がない

ブログを本業としている人でない限りは、書かなくてはならない必要性がないんです。

趣味ブログ、副業ブログは、あえて書かなくても生活をする上でなんら困りません。

そのため、モチベーションの維持がむずかしいんです。

 

更に、ブログは書くのは非常に面倒なのですぐ辞めてしまう人が多いです。

個人的にはブロガーが抱える悩みのNo.1孤独感だと思います。

ブロガーという存在はまだまだ異質なものだと思われがちなので、仲間を見つけるのが中々難しいところがあります。

2人で書いていれば2人で励まし合いながら続けていくことができますし、お互いの悩みもいつでも共有できます。

そして意外なことに、2人同時にメンタルが崩れることはないんです。

自分が一休みしたくなった時には相方が頑張ってくれますし、相方が疲れてしまった時には自分が頑張れば自然といい方向に向かっていきます。

お互い、持ちつ持たれつの関係で助け合っていけるのが、共同ブログのいいところです。

ブログを2人で書くデメリット

一方で、共同ブログ(2人でブログを書く)デメリットもあります。

ブログを2人で書くデメリット

【1】いざという時のスピードは劣る

【2】全て思い通りにはならない

【3】収益が半分になること

順番に見ていきましょう。



【1】いざという時のスピードは劣る|ブログ共同運営のデメリット①

ブログを2人で書くデメリット1つ目はいざという時のスピードは劣るということです。

共同ブログは、スピード感では1人で運営するブログより遅くなります。

1人で運営している訳ではないので、変更を加える時には相方の許可が必要になります。

 

それは新しいことを始める際にも言えます。

何かを始める時には相方の承諾が必要です。

個人的には不自由したことはありませんが、そういう部分が時にデメリットになることもありかもしれません。



【2】全て思い通りにはならない|ブログ共同運営のデメリット②

ブログを2人で書くデメリット2つ目は全て思い通りにはならないということです。

2人でブログを書いていると、全て自分の思い通りにできるという訳にはいきません

2人が納得できるデザイン2人が納得できる方針でブログは書いていくことになります。

 

了承されてないのに勝手にデザインを変えたり、急な方向性の変更は混乱を生むことになるので出来ません

もちろん、個々の書く記事については基本的には口を挟まないようやっているので、書けることに制約が出てくる訳ではありません。

なんでも1人で頑張りたいと言う人には2人で運営するというのは向かないでしょう。

【3】収益が半分になること|ブログ共同運営のデメリット③

ブログを2人で書くデメリット3つ目は収益が半分になることということです。

ブログから発生する収益に関しては、基本的には収益を折半することになるかと思います。(本サイトも収益は折半しています。)

なので、アクセス数や広告のクリック数、アフィリエイトの成約数に偏りが出てきてしまうと、バランスをとるのが難しいかもしれません。

ただ、そこはお互いで参考にしあって、2人で収益を伸ばしていけばいいかと。(共同運営者のいる精神的な安定には変えがたいですね。)

【追記】

個人のPV数や収益に差が出てきたときには、受け取る収益の割合を思いきって変えてみるのもアリです。

そうしないと「がんばって記事書いても、収益は半分なくなるのかぁ、、」と考えるようになってしまい、共同ブログを運営していく上でよくないです。

お金の話は話題にあげづらいですが、モチベの低下につながりそうな要因は徹底的に絶つべきです。

最後に



ブログを2人で共同運営するメリット・デメリットをお伝えしました。

ブログを2人で書くメリット

【1】絶対的な記事数が増える

【2】各人の強みを生かせる

【3】モチベーションが維持しやすい

ブログを2人で書くデメリット

【1】いざという時のスピードは劣る

【2】全て思い通りにはならない

【3】収益が半分になること

いかがだったでしょうか。

個人的には、2人でブログを書くというのはすごくおすすめです。

本当にいいことしかないんですね。

「記事数がふえる」という目に見える部分と「モチベーションの維持・各人の強みを生かせる」という目に見えない部分にメリットがあります。

ちょうどいい相方がいる人は、共同ブログおすすめです。

皆さん、ブログ書きたくなりましたか?

ブログを始めようかなと思っている人は【ブログの始め方】サイトの開設手順から収益化の方法まで、余すことなく解説という記事がおすすめです。

【ブログの始め方】サイトの開設手順から収益化の方法まで、余すことなく解説

2018.02.28



ウィル

【Twitterも、更新中】

フォローを待ってます!→ウィルときしん@趣味ブロガー

ウィル

【YouTube、やってます!】

チャンネル登録待ってます!→ ウィル【2浪新卒】