GAKU-MCのおすすめ曲ランキング~ミスチル桜井の相棒

こんにちは、ミスチル好きのきしんです。

ミスチルの桜井さんはミスチルの活動をメインとしつつも、様々なコラボなどを行います。

そこでよく出てくるのが、GAKU-MC(ガクエムシー)です。

「GAKU-MC」の画像検索結果

今日はおすすめ曲をランキング形式でお伝えしつつ、GAKUさんについて知っていただければと思います。

 




GAKU-MCおすすめ曲ランキング

8位:DA.YO.NE (EAST END × YURI)

まずはこの曲です。

GAKU-MCは初期ではEAST ENDというヒップホップグループに所属していて、そのEAST ENDとYURIがコラボしたこの「DA.YO.NE」で大ヒットしました。

日本人のヒップホップグループが始めてミリオンヒットを記録し、当時のヒップホップでは異例中の異例でした。

曲の内容はついつい「だよね」と言ってしまう日本人の性を面白おかしく表現していると思います。

ライミング的には難しくなく、歌いやすいと思います。

 

7位:挙手

(動画が見つかりませんでした)

これはGAKU-MCのソロ曲です。

サビの「挙手っ挙手っ」というフレーズが病みつきになります。

 

6位:もしもラッパーじゃなかったなら

これもソロ曲です。

人生でやることの選択肢は色々ありますが、ラッパーという珍しい職業を選んだGAKU-MCだからこそ言える面白さがあると思います。

ちなみに「ラッパーじゃなかったらパッパッパラッパー」だそうです。

 

5位:勝利の笑みを 君と(ウカスカジー)

ここでミスチル桜井さんとのコラボユニット「ウカスカジー」から1曲をご紹介したいと思います。

ウカスカジーとは、GAKU-MCとSAKU-MC(桜井さん)のコラボ、「GAKU-SAKU」を後ろから読んで「UKASUKA-G」とした造語だそうです。

名前がフザケてますね。

桜井さんを見ていると、ミスチルではフザケきれていない鬱屈がここで弾けているのではないかと思わせるほど楽しそうです。

そしてこの曲についてですが、2014年FIFAワールドカップの日本代表の応援ソングとしてリリースされました。

実は、桜井さんとGAKU-MCはもともとフットサル仲間だったそうで、二人ともサッカーが大好きのようです。

爽やかで前向きな気持ちになる一曲ですね。

PVは一発撮りになっていて見ごたえがあります。

 

4位:ハタラコウ(RIP SLIME SUとのコラボ)

これは朝、通勤するときに一番元気が出る曲です。

「仕事頑張ろう!」という気持ちと「働きたくねえな」という相反する気持ちの両方を表現しています。

RIP SLYMEのSUさんとのコラボで、二人の掛け合いを聞いていて楽しくなります。

「RIP SLYME SU」の画像検索結果

 

3位:手を出すな!(GAKU-MC / 桜井和寿 (Mr.Children))

GAKU-MCと桜井さんが最初にコラボした曲です。

「手を出すな!」というのは、これも2006年FIFAワールドカップ日本代表の応援ソングだからです。

サッカー好きですね。

この曲はこの後、「でも、手を出すな!」「手を出すな!再び」と何回もリミックスされて発売されており、二人のテーマソングであることがわかります。

この曲については、私はBメロの桜井さんの叫ぶようなフレーズと、Cメロのことば遊びが好きです。

Cメロはこんな感じになっています。

ときどき僕はふっと思う 何のためにやってんのかな

たかだかこれはフットボール 蹴って走って

韻踏みまくってますね。

桜井さんは韻を踏むのがうまくて、ヒップホップ好きの私からすると心をくすぐられます。

 

2位:25℃に保たれた街

またガクさんのソロ曲です。

25℃というのは、ヒトにとって一番快適な気温だそうで、そんなぬるい空気の中、番号通知なしの着信があって、「これは誰から?」と思い、好きな女性のことを思い浮かべ、なんとも言えない気分になるというような歌詞で、かなり歌詞の内容に独創性があると思います。

 

1位:昨日のNo,明日のYes

もとはガクさんのソロ曲ですが、その後Bank Bandによってカバーされて再ブレークしました。

ガクさんのソロ曲も憂いを帯びた感じでいいのですが、私はよりポップになっているBank Bandバージョンが好きです。

桜井さんが随所でメロディをアレンジして歌っているのですが、そのセンスに脱帽します。

 

ガクさんのソロ版を聞いたことがない方は是非この機会にチェックしてみてください!

 

いかがでしたか。

ヒップホップの方はコラボが多いですよね。

色々な組み合わせがあって面白いです!

これ以外にもいい曲はたくさんあるので是非発掘してみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA