B’z – LOVE PHANTOM 歌詞の意味~HINOTORIで話題~



こんにちは、B’z Bro.のきしんです。

今日はきたるPleasure 2018 -HONOTORI-に向けて「LOVE PHANTOM」の歌詞の意味を復習しましょう。




LOVE PHANTOMに再注目

先日、B’zの公式インスタとエキシビションで「LOVE PHANTOM」の次をイメージしたという「HONOTORI」という曲の存在が発表されました!

B'z エキシビション "SCENES" 後期 ミュージアム 評判~デビルマンが鎮座~

2018.05.17

そんなわけで「HINOTORI」そして「LOVE PHANTOM」は重要な位置づけで、ライブで演奏するのではないかと考えています。

B'z HINOTORIのセトリ全日程まとめ LIVE-GYM Pleasure 2018(7月7日 – 9月22日)

2018.02.06

そこで今日は改めて歌詞を振り返ってみましょう。

出典:B’z / LOVE PHANTOM

歌詞の意味

この曲の特徴はクラシック風に始まるところですが、歌い出し前の最後の部分で男性の語りが入ります。

まずはそこから見ていきましょう。

・イントロの男性語り

You must know what I am.
I must tell you what I’ve been loving.
I’m nothing, lifeless, soulless.
Cause I’m “LOVE PHANTOM”.

和訳するとこんな感じです。

おれが誰かわかるだろ
おれが大切にしてるものを教えないとな
おれは存在しないし、生きてない、魂もない
「愛の亡霊」だから。

早速めっちゃこわいですよね(笑)

そう、こういう曲なんです。

愛の亡霊となった男が女性を忘れられずにさまようというヤバイ曲なんです。

それでは続きを見ていきましょう。

 

・サビ

いらない何も 捨ててしまおう
君を探し彷徨(さまよ)う MY SOUL
STOP THE TIME, SHOUT IT OUT
がまんできない 僕を全部あげよう

もう結構弾けちゃってる人ですよね。

結構押し付けがましくて、まるでストーカーです。

 

・1番サビ前

せわしい街のカンジがいやだよ 君はいないから
夢に向かい交差点を渡る「途中の人」はいいね

「君はいないから」「せわしい街のカンジがいや」というのは、昔は2人で歩いていて街の喧騒も関係なかったけど、1人で歩くとそれをはっきり感じるからでしょう。

そして、次の「『途中の人』はいいね」というのは結構辛辣ですよね。

この主人公は夢破れて、キラキラした感じがすべて抜けさってしまったのでしょうね。

 

・1番サビ

ふたりでひとつになれちゃうことを
気持ちいいと思ううちに
少しのズレも許せない
せこい人間になってたよ

この「ズレ」というのが何か気になるのですが、それは感覚の違いとか、相手が自分の思い通りにならない様々な部分だったんだと思います。

相手を思うが余り、我慢できず指摘していたのでしょうね。

 

・2番サビ前

君がいないと生きられない
熱い抱擁なしじゃ 意味がない
ねえ、 2人でひとつでしょ
yin & yan
君が僕を支えてくれる
君が僕を自由にしてくれる
月の光がそうするように
君の背中にすべり落ちよう
(そして私はつぶされる)

ここで出てくる「yin & yan」とは「陰陽」のことで、どちらが欠けてもいけない、2つで一対の物事のことです。

陰が悪いもので陽がいいものというわけではありません。

よく見るこのマークは陰陽を表しているんですよ。

そして気になるのは最後の「そして私はつぶされる」です。

ここだけ稲葉さんではなく女性の声で入っていて、女性側の視点が描かれているのがわかります。

男性側は強く女性の存在を必要としていたにもかかわらず、女性には重荷になっていたということですね。

 

ここからは展開がわかりやすいので歌詞をご覧ください。

・2番サビ前

丁度 風のない海のように 退屈な日々だった
思えば花も色褪せていたよ 君に会うまでは

・2番サビ

濡れる体 溶けてしまうほど
昼も夜も離れずに
過ごした時はホントなの
君は今何おもう

腹の底から君の名前を
叫んでとびだした It’s my soul
カラのカラダがとぼとぼと
はしゃぐ街を歩く

・ギターソロ後3番サビ

欲しい気持ちが成長しすぎて
愛することを忘れて
万能の君の幻を
僕の中に作ってた
いらない何も 捨ててしまおう
君を探し彷徨(さまよ)う MY SOUL
STOP THE TIME, SHOUT IT OUT
がまんできない 僕を全部あげよう

 

そして最後は女性の語りと、別の女性(オペラ歌手)の歌が同時に聞こえます。

・女性の語り

幻をいつも愛してる
何もわからずに

・オペラ歌手の歌

Can you hear the sound
it’s my soul
I will give you
anything, anything you want……

ここは女性の声ですが、男性のことを語っているように思います。

男性が愛していたのは女性ではなく、それを美化した幻で、だからすれ違って愛想をつかされてしまう…

最後も男性の悲痛な叫びのような英語で終わります。

訳しておきますね。

音が聴こえるかい?
それはおれの魂なんだ
あげるよ
なんでも、ほしいものは…

 

ちなみにこの曲は稲葉さんがステージの高台から飛び降りるアクションのために作られた曲ですが、そのアクションの様子はこちらのDVDに収められていますよ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください