【ミステリー・サスペンス小説 / おすすめ21選】人気作品から掘り出し物まで、ミステリー好き必読の21冊を紹介



ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

今回は、2018年版おすすめのミステリー小説21選をお伝えします。ミステリー好きの方は必読ですよ。





【1】かがみの狐城 / 辻村深月

2018年おすすめのミステリー小説1作目はかがみの孤城です。

概要

●著者:辻村 深月

●出版:2017年5月11日〔ポプラ社〕

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――

今年おすすめと言ったら、この本なんじゃないかと思います。2018年本屋大賞を受賞し、一躍有名になりました。

を読んでみる

 

【2】ソロモンの偽証 / 宮部みゆき(2014年)

2018年おすすめのミステリー小説2つ目は、です。

概要

●著者:宮部 みゆき

●出版:2014年8月28日〔新潮社 〕

クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。柏木卓也、14歳。彼はなぜ死んだのか。殺人か。自殺か。謎の死への疑念が広がる中、“同級生の犯行”を告発する手紙が関係者に届く。さらに、過剰報道によって学校、保護者の混乱は極まり、犯人捜しが公然と始まった―。一つの死をきっかけに膨れ上がる人々の悪意。

を読んでみる

 

【3】ユートピア / 湊かなえ

2018年おすすめのミステリー小説つ目は「」です。

概要

●著者:湊 かなえ

●出版:2018年6月21日

足の不自由な小学生・久美香の存在をきっかけに、母親たちがボランティア基金「クララの翼」を設立。しかし些細な価値観のズレから連帯が軋みはじめ、やがて不穏な事件が姿を表わす――。

湊かなえで言えば「白雪姫殺人事件」もおすすめです。

を読んでみる

 

【4】ゴールデンスランバー / 伊坂幸太郎(2010年)

2018年おすすめのミステリー小説4つ目は、伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」です。

概要

●著者:伊坂 幸太郎

●出版:2010年11月26日〔新潮社〕

衆人環視の中、首相が爆殺された。そして犯人は俺だと報道されている。なぜだ? 何が起こっているんだ? 俺はやっていない――。首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅春。暴力も辞さぬ追手集団からの、孤独な必死の逃走。

を読んでみる

 

【5】インシテミル

 

2018年おすすめのミステリー小説つ目は「」です。

概要

●著者:

●出版:〔〕

を読んでみる

 

【6】告白 / 湊かなえ

 

2018年おすすめのミステリー小説つ目は、湊かなえの「告白」です。

概要

●著者:

●出版:〔〕

を読んでみる

 

【7】レべル7

 

2018年おすすめのミステリー小説つ目は「」です。

概要

●著者:

●出版:〔〕

を読んでみる

 

【8】そして誰もいなくなった

 

2018年おすすめのミステリー小説つ目は「」です。

概要

●著者:

●出版:〔〕

を読んでみる

 

【9】イニシエーションラブ

 

2018年おすすめのミステリー小説つ目は「」です。

概要

●著者:

●出版:〔〕

恋愛小説であると同時にミステリー小説でもあります。ラストのどんでん返しには愕然とさせられますね。2度読んでしまうこと間違いなしです。

を読んでみる

 

【10】重力ピエロ / 伊坂幸太郎

 

2018年おすすめのミステリー小説10つ目は、伊坂幸太郎の重力ピエロです。

概要

●著者:

●出版:〔〕

を読んでみる

 

【11】クリーピー / 前川裕

 

2018年おすすめのミステリー小説11つ目は、前川裕のクリーピーです。

概要

●著者:

●出版:〔〕

ガリレオや真夏の方程式もおすすめです。

を読んでみる

 

【12】模倣犯 / 宮部みゆき

 

2018年おすすめのミステリー小説12つ目は、宮部みゆきの模倣犯です。

概要

●著者:宮部みゆき

●出版:〔〕

 

【13】1Q84 / 村上春樹

 

2018年おすすめのミステリー小説13つ目は、村上春樹の1Q84です。

概要

●著者:村上春樹

●出版:〔新潮社〕

を読んでみる

 

【14】迷路館の殺人 /

 

2018年おすすめのミステリー小説14つ目は、綾辻行人の迷路館の殺人です。

概要

●著者:綾辻行人

●出版:〔講談社〕

を読んでみる

 

【15】プラチナデータ / 東野圭吾

 

2018年おすすめのミステリー小説15つ目は、東野圭吾のプラチナデータです。

概要

●著者:

●出版:〔〕

を読んでみる

 

【16】殺戮にいたる病 / 我孫子武丸

 

2018年おすすめのミステリー小説16つ目は殺戮にいたる病です。

概要

●著者:我孫子武丸

●出版:〔講談社〕

を読んでみる

 

【17】屍人荘の殺人

 

2018年おすすめのミステリー小説17つ目は屍人荘の殺人です。

概要

●著者:

●出版:〔〕

 

【18】

2018年おすすめのミステリー小説つ目は「」です。

概要

●著者:

●出版:〔〕

を読んでみる

 

【19】

2018年おすすめのミステリー小説つ目は「」です。

概要

●著者:

●出版:〔〕

を読んでみる

 

【20】

2018年おすすめのミステリー小説つ目は「」です。

概要

●著者:

●出版:〔〕

を読んでみる

 

【21】

2018年おすすめのミステリー小説つ目は「」です。

概要

●著者:

●出版:〔〕

を読んでみる

 

最後に

2018年版おすすめのミステリー小説21選をお伝えしました。

【1】かがみの狐城 / 辻村深月

【2】ソロモンの偽証 / 宮部みゆき

【3】ユートピア / 湊かなえ

【4】ゴールデンスランバー / 伊坂幸太郎

【5】インシデミル

【6】告白 / 湊かなえ

【7】レベル7

【8】そして誰もいなくなった / アガサ・クリスティ

【9イニシエーションラブ

【10】重力ピエロ

【11】クリーピー

【12】模倣犯

【13】1Q84

【14】迷路館の殺人

【15】プラチナデータ

【16】殺戮にいたる病

【17】屍人荘の殺人

【18】

【19】

【20】

【21】

いかがだったでしょうか。

恋愛小説にも興味のある方にはこちらの記事もおすすめです。

ストレングスファインダー 結果は変わるのか~3年の時を経て検証

2018.11.14

B'z ライブアレンジが最高な曲・ライブまとめ

2018.11.10

TOOTの店舗まとめ~【注意】実店舗で買うときの注意点を解説

2018.11.08

TOOTのおもしろ画像まとめ~堂々としすぎてるパンツ男たち

2018.11.06

TOOTの意味は?名前の由来を初公開!由来は創業者の〇〇

2018.11.04



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください