【邦画 / ヒューマンドラマ映画:おすすめ24選】人生で大切なことを教えてくれる24作品を紹介



ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

今回は、おすすめのヒューマンドラマ映画(邦画)24選をお伝えします。





【1】図書館戦争(2013年)

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画1つ目は、2013年公開の「図書館戦争」です。

概要

公開:2013年4月27日

キャスト: 岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、石坂浩二

興行収入:17.2億円

監督:佐藤信介

公序良俗を乱すとして、国家から本に対する検閲が強化された世界。本の自由を守る図書隊と国家との闘争を描く。

本と検閲をめぐる有川浩の同名小説を映画化した作品になります。「将来、もしかしたらこんな未来が待っているかもしれない」と考えさせられる映画になります。

 

【2】明日の記憶(2006年)

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画2つ目は、2006年公開の「明日の記憶」です。

概要

公開:2006年5月13日

キャスト:渡辺謙、樋口可南子、吹石一恵、坂口憲二、香川照之、水川あさみ、及川光博

監督:堤幸彦

ある日突然「若年性アルツハイマー病」と診断された男とその妻の闘病日記。

 

【3】永遠の0(2013年)

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画3つ目は、2013年公開の「永遠の0」です。

概要

公開:2013年12月21日

キャスト:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵

主題歌:サザンオールスターズ「蛍」

興行収入:87.6億円

監督:山崎貴

 

 

【4】エイプリルフールズ(年)

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画4つ目は、2015年公開の「エイプリルフールズ」です。

概要

公開:2015年4月1日

キャスト:戸田恵梨香、松坂桃李、ユースケ・サンタマリア、菜々緒、高嶋政伸、岡田将生、生瀬勝久、小池栄子

興行収入:9.2億円

監督:石川淳一

 

 

【5】ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~(年)

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画5つ目は、年公開の「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」です。

概要

公開:2017年11月3日

キャスト:二宮和也、西島秀俊、綾野剛、伊川東吾、竹野内豊、宮崎あおい

興行収入:11.4億円

監督: 滝田洋二郎

 

 

【6】そして父になる(2013年)

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画6つ目は、2013年公開の「そして父になる」です。

概要

公開:2013年9月28日

キャスト:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、ピエール瀧、國村隼、樹木希林、リリー・フランキー

興行収入:32.0億円j

監督:是枝裕和

 

家族愛が感じられる映画でもあります。

【ハロウィンに見たいアニメ映画|おすすめ8選】オバケの世界・死者の国をテーマにした名作

2018.10.18

【先輩上司のうざい自慢話への対処法】ケース別に大人の対応を考察してみる

2018.10.17

【2浪新卒が1年目で苦労すること】入社早々アラサーの仲間入りは、とくにツラいで。

2018.10.17

【仮想通貨に投資したら、100万円損した話】バブル世代のおじさんおばさんの気持ちを理解しました

2018.10.17

【就活 / 内定直結型インターン・説明会まとめ】知らないと損、内定へ近道する方法を公開

2018.10.16

 

【7】聖の青春(2016年)

 

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画7つ目は、2016年公開の「聖の青春」です。

概要

公開:2016年11月19日

キャスト:松山ケンイチ、東出昌大、リリー・フランキー、竹下景子、染谷将太

主題歌:秦基博「終わりのない空」

興行収入:3.6億円

監督:森義隆

難病に苦しみつつも、羽生善治に唯一互角に渡り合ったアマチュア棋士・村山聖の半生を描く。

 

【8】海賊と呼ばれた男(年)

 

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【9】悪人(年)

 

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【10】ちょっと今から仕事やめてくる(2017年)

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画10コ目は、2017年公開の「ちょっと今から仕事やめてくる」です。

概要

公開:2017年5月27日

キャスト:福士蒼汰、工藤阿須加、黒木華、森口瑤子、池田成志、小池栄子、吉田鋼太郎

主題歌: コブクロ「心」

興行収入:9億円

監督:成島出

 

監督は「八日目の蝉」や「ソロモンの偽証 前編 / 後編」でも監督を務めた成島出監督です。

 

【11】おとうと(年)

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画11コ目は、2010年公開の「おとうと」です。

概要

公開:2010年1月30日

キャスト:吉永小百合、笑福亭鶴瓶

興行収入:21.0億円

監督:山田洋次

 

監督は「男はつらいよ」や「幸福の黄色いハンカチ」でも監督を務めた山田洋次監督です。

 

【12】杉原千畝 スギハラチウネ(2015年)

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画12つ目は、2015年公開の「杉原千畝 スギハラチウネ」です。

概要

公開:2015年12月5日

キャスト:唐沢寿明、小雪、塚本高史、濱田岳、小日向文世

興行収入:12.1億円

監督:チェリン・グラック

 

 

【13】怒り(2016年)

 

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画つ目は、2016年公開の「怒り」です。

概要

公開:2016年9月17日

キャスト:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、池脇千鶴、原日出子、宮崎あおい、妻夫木聡

興行収入:16.1億円

監督:李相日

 

 

【14】駆け込み女と駆け出し男(2015年)

 

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画14つ目は、2015年公開の「駆込み女と駆出し男」です。

概要

公開:2015年5月16日

キャスト: 大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、武田真治、樹木希林、堤真一、山崎努

興行収入:9.4億円

監督:原田眞人

 

 

【15】想いのこし(2014年)

 

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画15コ目は、2014年公開の「想いのこし」です。

概要

公開:2014年11月22日

キャスト: 岡田将生、広末涼子、木南晴夏、松井愛莉

主題歌:HY「あなたを想う風」

監督:

 

平川 雄一朗

 

【16】世界から猫が消えたなら()

 

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画16つ目は、年公開の「世界から猫が消えたなら」です。

概要

公開:

キャスト:佐藤健、宮崎あおい、濱田岳、奥野瑛太、石井杏奈、奥田瑛二、原田美枝子

主題歌:HARUHI「ひずみ」

監督:

主人公(佐藤健)は、脳に大きな腫瘍が見つかり寿命はもう長くないことを医師から宣告される。そんなとき、自宅で自分と同じ顔をした「悪魔」に「この世からあるものを1つ消してもいいのなら寿命を1日増やすことができる契約がある」と言われ、契約を結ぶことになる。しかし、この契約により1日1日と「大切ななにか」がこの世からなくなっていく。

川村元気の小説『世界から猫が消えたなら』をビーチボーイズや僕だけのマドンナで知られる岡田惠和が映画化した作品になります。

人との出会いにはモノが介在する

本作では「電話」や「映画」、「猫」など、命を1日伸ばすために大切な「モノ」がこの世界からなくなります。

その「モノ」は友達だとか恋人と出会うためのきっかけになったものだったり、家族の仲を深める上で大切なものだったりします。

その「モノ」がなくなったからといってその人がいなくなる訳ではありませんが、その「モノ」と通じて繋がったその人との関係はなかったことになってしまいます。

映画がなくなっても自分が死ぬわけじゃない。

でも、映画がなければあの人と出会って生きてきた今までもなくなってしまう、というのが胸に来ました。

大切なモノを失うのは、自分が死ぬよりもつらいこと

本作では、死ぬということは「今の人生が終わる」ということだと思いますが「大切なモノを失う」ということはこの映画においては「今までの人生がなかったことになる」ということとして描かれています。

「将来を失うこと」と「将来を得るが、過去を失うこと」を天秤にかける主人公の葛藤が胸に来ました。

文庫本の方もおすすめです。

【ハロウィンに見たいアニメ映画|おすすめ8選】オバケの世界・死者の国をテーマにした名作

2018.10.18

【先輩上司のうざい自慢話への対処法】ケース別に大人の対応を考察してみる

2018.10.17

【2浪新卒が1年目で苦労すること】入社早々アラサーの仲間入りは、とくにツラいで。

2018.10.17

【仮想通貨に投資したら、100万円損した話】バブル世代のおじさんおばさんの気持ちを理解しました

2018.10.17

【就活 / 内定直結型インターン・説明会まとめ】知らないと損、内定へ近道する方法を公開

2018.10.16

【17】桐島、部活やめるってよ(年)

 

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画つ目は、年公開の「」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【18】誰かの木琴(年)

 

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画つ目は、年公開の「誰かの木琴」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

平凡に生きてきた主婦が、ふとした心の隙間に入って来た美容師の男に、どうしようもなく心を囚われていく。あなたなら、この〈名前のない想い〉を何と呼ぶ?好奇心…衝動…執着…恋…それとも欲望? エスカレートしていく彼女の言動に息をのみながら、私たちはふと気づくだろう。SNSでフォローしている特別な相手に対してやっている自分の行為と似ていることに。休日に誰とどこへ出かけたのか、今どこで何を食べているのか、見たい、知りたい──。
閉塞した現代社会で孤独を癒すためにSNSに逃げ込む私たちと、癒す術を持たず美容師の男にのめりこむ主婦、そんな女の飢餓感を見つめる男の〈想い〉が重なり合っていく。愛と呼ぶにはあまりにも危険で切ない、求め合いねじれゆく男と女をスリリングかつエレガントに描く、大人のためのサスペンスが誕生した。

(映画公式サイトより抜粋)

常盤貴子と池松壮亮のダブル主演映画です。

 

映画の内容はというと…

 

『夫への愛が覚めた熟年妻の不倫したい妄想を吐き出したお話』といったところです。

 

B級映画ということもあって、期待値0で観に行きました。

 

ただの暇つぶし。

 

ところがどっこい、意外にも面白かった。

 

何が面白かったかと言うと、

① 常盤貴子がエロい

② 常盤貴子の病的なストーカーぶりがすごい

③ 常盤貴子がいい

 

ということで、うまくまとめられませんでしたが、とにかく常盤貴子がいい映画でした。

 

映画の臨場感だとか常盤貴子の演技については、百聞は一見にしかずということで映画を観てみるのがいいかと思います。

【19】ツナグ(年)

 

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画つ目は、年公開の「ツナグ」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

 

【20】ALWAYS 三丁目の夕日(年)

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画つ目は、年公開の「ツナグ」です。

概要

公開:

キャスト:

監督:

 

【21】おくりびと(年)

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画21コ目は、2008年公開の「おくりびと」です。

概要

公開:2008年9月13日

キャスト:本木雅弘、広末涼子、山崎努、峰岸徹、余貴美子

興行収入:64.8億円

監督:滝田 洋二郎

 

 

【22】俺は、君のためにこそ死ににいく(2007年)

 

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画22コ目は、2007年公開の「俺は、君のためにこそ死ににいく」です。

概要

公開:2007年5月12日

キャスト:

主題歌:B’z「永遠の翼」

興行収入:10.8億円

監督:新城卓

 

 

【23】私は貝になりたい(2008年)

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画23コ目は、2008年公開の「私は貝になりたい」です。

概要

公開:2008年11月22日

キャスト:中居正広、仲間由紀恵、柴本幸、笑福亭鶴瓶、石坂浩二

主題歌:Mr.Children 「花の匂い」

興行収入:24.5億円

監督:福澤克雄

 

監督は「砂の器」や「下町ロケット」でも監督を務めた福澤克雄監督です。

 

【24】陰日向に咲く(2008年)

 

2018年版おすすめのヒューマンドラマ映画24コ目は、2008年公開の「陰日向に咲く」です。

概要

公開:2008年1月26日

キャスト:岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あや、西田敏行、三浦友和

主題歌: 「出会いのかけら」ケツメイシ

興行収入:19.5億円

監督:平川 雄一朗

 

劇団ひとりの同名小説を映画化した作品になります。

 

最後に

最後に

おすすめの邦画ヒューマンドラマ24選をお伝えしました。

【1】図書館戦争(2013年)

【2】明日の記憶(2006年)

【3】永遠の0(2013年)

【4】エイプリルフールズ(年)

【5】ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~(年)

【6】そして父になる(2013年)

【7】聖の青春(2016年)

【8】海賊と呼ばれた男(年)

【9】悪人(年)

【10】ちょっと今から仕事やめてくる(2017年)

【11】おとうと(年)

【12】杉原千畝 スギハラチウネ(2015年)

【13】怒り(2016年)

【14】駆け込み女と駆け出し男(2015年)

【15】想いのこし(2014年)

【16】世界から猫が消えたなら(年)

【17】桐島、部活辞めるってよ(年)

【18】誰からの木琴(年)

【19】ツナグ(年)

【20】ALWAYS 三丁目の夕日(年)

【21】おくりびと(年)

【22】俺は、君のためにこそ死ににいく(2007年)

【23】私は貝になりたい(2008年)

【24】陰日向に咲く(2008年)

いかがだったでしょうか。

物思いにふけりたい時、何かに悩んでいる時、ヒューマンドラマはおすすめです。

また上記の映画は「U-NEXT」で見ることができます。

なお、今ならビデオ見放題&音楽聴き放題30日間無料トライアルを実施中です。お得ないまがおすすめです。

【洋画 / ヒューマンドラマ映画:おすすめ23選】人生で大切なことを教えてくれる23作品を紹介

2018.06.25



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください