インドネシア語 / 参考書おすすめ一覧《これだけ買えば完璧》

どうも、インドネシア語大好きウィルです。

今回は、インドネシア語の学習効果を最大化する本を2冊紹介します。




指さし会話帳 インドネシア語

インドネシア第3版 インドネシア語 (ここ以外のどこかへ! 旅の指さし会話帳) [ 武部洋子 ]

価格:1,512円
(2017/8/9 22:10時点)

大人気シリーズ「指さし会話帳」のインドネシア語ver になります。

基礎を理解するならこの1冊だけで事足りるのではないか、いう程に大満足の1冊です。

インドネシア語の基本文法、基本単語、よく使う言い回し、身近なものの名前、などなど・・

 

インドネシア語の基礎を習得する上で必要なものが全て詰め込まれた1冊となっております。

 

単語の意味は、絵やイラスト付きで書いてあるので、本を見せながら道を尋ねたり、質問したりすることもできます。

これ1冊あれば、インドネシア人とインドネシア語で簡単なコミュニケーションを取ることができます。

森山式インドネシア語単語頻度順3535

森山式インドネシア語単語頻度順3535 [ 森山幹弘 ]

価格:3,024円
(2017/8/9 22:16時点)

 

この本の特長は、収録されている単語数の多さです。

インドネシア語の学習が進み、少し踏み込んだ時に知りたい単語がすべて網羅されています。

インドネシア語の動詞の活用や名詞化、微妙に意味の異なる単語を網羅的に学習することができます。

また、単語ごとに単語を用いた文が付されているので、実践的に単語を習得することができます。

Goolge翻訳もおすすめ

google-translate

単語帳ではありませんが、インドネシア語の学習を手助けするツールとして、

「Google翻訳の英語⇔インドネシア語、インドネシア語⇔英語」が大変便利です。

 

日本語⇔インドネシアでは訳に間違いが多く、かえって学習の妨げになってしまいますが、インドネシア語と英語は文法構造が近いため、単語の使われ方が似ており、訳が適切になされます。

文章単位で打ち込んでも、間違いなく訳せるので自作した文章の添削ツールとしてもオススメです。

最後に

これらのツールを駆使して、インドネシア語の学習を効率的に進めてみてください。

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨