【朝活 / おすすめの過ごし方:7選】朝はどう過ごす?1日を有意義に過ごすために



ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

朝の過ごし方は、その日一日を変えるといっても過言ではありません。

朝の時間を有意義に過ごすことができてば、その日一日はよい一日になりますし、朝の過ごし方に失敗すると、その日一日がうまくいかなくなるなんてこともあります。

では、どんな朝活をしていけばいいのでしょうか。

今回は、朝活におすすめの過ごし方7選をお伝えします。





【1】料理

朝活におすすめの過ごし方1つ目は料理です。

朝の料理は一日のリズムを作ってくれます。

意外と朝ごはんは抜いてしまいがちですが、料理をすること自体を習慣づけることができれば、おのずと朝も食べるようになりますよね。

【2】筋トレ

朝活におすすめの過ごし方2つ目は筋トレです。

朝の筋トレは最高です。

眠気覚ましにもなりますし、朝いい汗を流しておくとその後一日がよくなるといっても過言ではないでしょう。

また、筋トレをするとアドレナリンやテストステロンが体内で分泌されるため、カラダがより活動的になります。いい一日のスタートを切りたいと思ったときは、朝の筋トレは欠かせません。

ジムに入会しておけば、30分だけ少しカラダを動かしてサッとシャワーを浴びておわりというサイクルも作れますよ。

おすすめの筋トレジムについては、こちらの記事で詳しくまとめています。

【3】本を読む

朝活におすすめの過ごし方3つ目は読書です。

朝の読書は頭がさえていて、より一層はかどります。

読書はまさに朝活にぴったりの行動といえるでしょう。小学校・中学校で「朝の読書の時間」があったのはそのためです。

本から学べることは非常に多いので、本を読む習慣がないのはもったいないですよ。

でも、どんな本を読めばいいかわからない…

という方は、こちらの記事に2018年おすすめのビジネス本をまとめました。ぜひ参考になさってください。

【2018年版 / ビジネス本:おすすめ48選】人気作品から掘り出しモノまで、今読むべき48冊を厳選

2018.03.01

【4】映画を観る

朝活におすすめの過ごし方4つ目は映画です。

朝はゆっくり映画でも見て、一日のはじまりを楽しく過ごすのもいいでしょう。

見たい映画をストックしておけば、毎日朝を迎えるのが楽しくなりますよね。

毎朝30分映画をちょこっと見て、4日で1本を見終わるくらいのペースで楽しむといいのではないでしょうか。

朝見る映画には、ヒューマンドラマがおすすめです。おすすめのヒューマンドラマはこちらの記事でまとめています。

▼ヒューマンドラマ(洋画)

【洋画 / ヒューマンドラマ映画:おすすめ23選】人生で大切なことを教えてくれる23作品を紹介

2018.06.25

▼ヒューマンドラマ(邦画)

【邦画 / ヒューマンドラマ映画:おすすめ24選】人生で大切なことを教えてくれる24作品を紹介

2018.08.03

【5】資格勉強

朝活におすすめの過ごし方5つ目は資格勉強です。

朝は頭がさえているので、資格の勉強には最適です。

夜、仕事おわりの疲れた状態で勉強するより、朝スッキリとした頭で取り組み方がはるかに効率的ですし、ツラくありません。

資格はスキルアップやキャリアアップに非常に役立つので、いち早く取得しておきたいですね。

【6】副業を育てる

朝活におすすめの過ごし方6つ目は副業を育てるです。

朝は、副業を育てるのにもおすすめです。

仕事前に少しだけ自分のビジネスを育てるのはいいですよ。そういった塵ツモが半年後、1年後に大きな差になります。

【ブログの始め方】サイトの開設手順から収益化の方法まで、余すことなく解説

2018.02.28

【7】カフェでゆっくり

朝活におすすめの過ごし方7つ目はカフェでゆっくりです。

朝のカフェ活はおすすめです。

あたたかい紅茶やコーヒーをすすりながら、ゆっくり過ごす時間が人生を豊かにしてくれます。

 

朝活の重要性

頭の中がリフレッシュされた朝は良いアイデアが浮かびやすいとも言われますが、まさしく私はそうであると思います。

これを脳科学的に言えば、創造的なアイデアは前頭前皮質の活動がもっとも活発になる起きた直後に得やすいようです。

一般的には、クリエイティブな仕事は朝に回せとも言われます。

私の経験からしても、朝のシャワー中やバイトへの通勤途中、朝ごはんを食べているときはいいアイデアが浮かびやすく感じます。

追われているものがなく、リラックスしているのがいいのかと思います。

一方、決断力や判断力を必要とする作業は夕方やるべきと言われたりします。

ファイルの整理や文書の整理など手間のかかる作業なども夜に向いていると言われます。私としても、上記の作業は夜に黙々と済ませてしまうことが多いです。

感情の高ぶりや強い衝動がなく落ち着いているため、作業量を必要とする作業も黙々とこなすことができるのかと思います。

なにがいいたいのかと言うと、どちらがよくてどちらが劣るとかではなくて、どちらも最高のコンディションであるということです。

夜更かししている最中の頭の一種覚醒した状態と、朝のリラックスした柔軟な発想ができる状態は同程度に貴重なもので
あると訴えたい。

だから、ぜひ両方を活かしたい。

片方だけではもったいない。

だから、どちらかと言えば私は朝活をおすすめしたい。

それはなぜかと言えば、夜おそくまで作業できる人は数多くいても朝早く起きて朝から精力的に活動していこうと考えている人は少ないかと思うからです。

朝のほんの5分だけでもいいので、いまある仕事や生活について新しいアイデアを浮かばせる時間にあててみて下さい。

きっとよいアウトプットが出るかと思います。

最後に

朝活におすすめの過ごし方7選をお伝えしました。

朝活におすすめの過ごし方

【1】料理

【2】筋トレ

【3】本を読む

【4】映画を観る

【5】資格勉強

【6】副業を育てる

【7】カフェでゆっくり

ウィル

【Twitterも、随時更新中】

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@趣味ブロガー