あなたの会社はいい会社?〜同じ労働条件に見えるのに違ってくる評価

こんにちは、転職したてのきしんです。

転職して1週間が経ちました。

新しい会社の方たちとお話していて不思議な点があります。

それはみんなが口を揃えて、

基本的にはホワイトでいい会社だよ

ということです。

ここで私は2つの疑問を持ちました。

 




なぜいい会社だと思うのか

聞いてみると、ちゃんと帰れて、土日出勤も少なくてよいとのことらしいですが、

前職と残業時間はさほど変わらないのです。

 

前職:55時間(私の実績ベース)

現職:60時間(私と同じ社会人歴の2年目の人ベース)

 

むしろ長くなってる?!

 

しかし、今書いてて気づいたのですが、きちんとからくりがあるのです。

前職は基本が8時間労働(9:30-18:30,休憩1時間)だったのに対して、

現職は基本が7時間労働(9:30-17:30,休憩1時間)なんですよね。

だから、月に換算して1時間×20日の20時間分くらいは「現職の頃の定時内」ということになり、

結局8時間労働ベースで考えると、現職は40時間の残業になります。

 

まあ、そしたら給料も上がるし、労働時間も短くなるし、いいことずくめですよね。

 

「基本的には」って?

もう一つ気になるのは、「基本的にはいい会社」ということです。

そこで、例外的に「いい会社」ではなくなるときってどんなときかを聞いてみました。

すると、「親会社の都合でサービスや企画の根本から左右される」とか

「Webサービスは24時間稼働してるから、問題が起こったときとかは24時間対応が必要」とのことでした。

 

なるほど、確かにそうですよね。

私は「親会社があるからこその事業の可能性、給料」とか

「24時間稼働サービスだからこそストックビジネスが効果的になる」ことにしか目が向いていませんでしたが、働いてみるとネガティブな側面もよくわかるようです。

 

ただ、総じて「いい会社」であることには間違いなさそうです。

あなたの会社はいい会社ですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください