月ごとの日数はどのように決まったのか

こんにちは、先輩の期待を裏切って社畜脱出中のきしんです。

1年を12の月に分けるにあたって、365や366は12で割り切れないので、各月の日数をばらばらにする必要がありました。

そして結果的に1,3,5,7,8,10,12月は31日まで、4,6,9,11月は30日まで、2月は28日までとなりました。

これはなぜでしょうか。

この仕組が決まったのは古代ギリシャでした。

当時の政治家ユリウス・カエサルが決めたルールでは、もともとは奇数月は31日まで、偶数月は30日までとし、2月は当時年末に当たったので28日で微調整、とシンプルだったのですが、

皇帝アウグストゥス(Augustus)が自分の名前と一緒の8月(August)が、

元のルールを決めたユリウス(Iulius)と一緒の名前の7月(July)より短いのは嫌だからという理由だけで8月が30日だったところを無理やり31日にしてしまいました!!

200px-Statue-Augustus.jpg
皇帝アウグストゥス

そして帳尻合わせで9月は30日、10月は31日、11月は30日、12月は31日とひとつずつずらすこととなってしまったのです。

本当、暴挙ですよね…

アウグストゥスがいなければ、「西向く士」などと言って月の長さを覚える必要なんてなかったのです。

今のご時世で月の日数がいきなり変わったりしたら大混乱になると思います。

皇帝の権力ってすごかったんだろうな…



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA