就活生が内定が1つしかなくても納得する方法。

▼投稿をシェアする▼

どうも、昨年は就活生でしたウィルです。

僕は最終的に内定を頂いたのはシステム系のIT企業1社になりましたが、とても満足しています。

しかし、周りには自分の内定先に満足できず入社まで悶々とした日々を送る人もいるみたいです。また、内定が1つしかもらえなかったことに不安を抱いてしまう人さえいます。

(内定があるんだからいいだろと正直思います。)

そこで今回は、就活生が内定が1つしかなくても納得する方法についてお伝えします。

これを読めば、いまの内定先に満足すること間違いなし。

ちなみに、内定式でどんなことがあるのかについて知りたい方は以下の記事に書きました。

内定承諾から内定式、入社式までの流れ(1)~内定通知の方法、内定式でもらえるものまで~

内定承諾から内定式、入社式までの流れ(2)~内定式ですること、入社までに済ませる手続きまで~

納得する方法① 会社は関係ない

じゃあなんで就活をしていたんだよ」と言われるかもしれませんが、僕としては究極「入社する会社は関係ない」ような気がします。

というのも、例えば入社した後の満足度を考えた時に真っ先に出てきそうなことは「仕事へのやりがい」や「社内での人間関係」になるかと思います。

お給料」ももちろん大事な要素の1つですが、まったくやりたいくない仕事をやり続けて高給をもらうのと、やりがいを感じる仕事をそこそこのお給料でやるのだったら、多くの人は後者を取るかと思います。(極論ですが)

そう考えると、会社に入って避けるべき事態というのは「仕事に面白みを感じられなくなること」と「人間関係で思い悩むようになること」になります。

仕事の面白みというのは、実はその仕事そのものではなくて、仕事を任せてくれる人の存在だったり、共に仕事をする人との協力関係によって変わってくるような気がします。

それに、どんなに大きなプロジェクトや面白みのある仕事を任されたとしても、周りの人間が賛同してくれなければ、それはそれで居づらいものです。やっていることは楽しくても、それを共有できる人がいなければ、楽しさは半減してしまいます。

そうであるとすれば、実は仕事に満足できるかの問題は「初めの直属の先輩や同期との関係」に依存するところが大きいかと思います。

もし自分の第一志望に内定を頂けたとしても、入社して最初の上司や同期に恵まれないことも往々にしてあるような気がします。人間関係は生ものなので難しいものです。

最初の上司や同期に恵まれるかなんて、入社してみなければ分からないので悩んでも仕方がありません。

納得する方法② 自分の感じ方次第でどうとでもなる

結局のところ、満足度は自分の感じ方次第でどうとでもなるかと思います。

楽しいと思っていれば自然と楽しくなってきますし、つまらないと思っていれば次第に本当につまらなくなってしまうのものです。

ものの感じ方は人それぞれで、毎日忙しく精神的余裕があるように見えなくてもあくせく働いて満足感を得ている人もいれば、金銭的にも豊かで自由があり不足なく生活できている人でも満足感を感じられない人もいます。

そして、類は友を呼ので、毎日が楽しくて仕方がない人の周りには楽しい人が集まりますし、何をやってもつまらないと感じる人の周りにはそういう人が集まります。

納得できない、絶対に納得できない」と考えるより「うまくいかなかったけど、どうにかなるだろう」と考える方がいいことがありそうではないでしょうか。

いまある現実は変わらないのですから、現実に対する感じ方を変えてみてはどうでしょうか。

少なくとも、私はそう考えます。

納得する方法③ 体験していないことを悩んでも仕方がない

最終的には、ここに行きつきます。

もし、あなたが内定先に何かしらの不安を感じていたとしても、それはまだ現実に起こっていることではありません。「もしかしたら、こうかも?」と思っているだけのことに過ぎないのです。

僕の周りにも先のことをよく考えて行動する人がいますが、たまにいらぬ心配をしていることがあります。「それ、起こるとも限らなくないか?」と思うことに頭を悩ませているのです。

そんな時は一度冷静になって、いま自分はどこにいるのかを考えるといいような気がします。

例えば、内定先に一抹に不安を感じているが現状は最後の学生生活をすごく楽しんでいるのなら、それでいいじゃないですか。

その小さな不安のせいで今この瞬間さえも楽しめなくなってしまうことはすごくもったいないことです。それに、起きていないことは起きていないのですから、ただの空想に過ぎないのですよ。

不確定な未来のことを考えるより、いまをどれだけよくしていくかを絶えず更新していけば、きっと楽しい未来が待っているような気がします。

最後に

こちらの記事(文系大学生が未経験でIT企業に就職するため志望動機。)でも書きましたが、僕は来年からITのシステムの会社で働くことになりますが、特に不安は感じていません。

大学でITのシステム関係について勉強はしてきませんでしたが「勉強していなかったから出来ない」とは微塵も思いません。

結局、いまを楽しんだもの勝ちなんですよね。

関連記事

就活を終えた学生からみた信頼できない社会人の特徴。

文系大学生が未経験でIT企業に就職するため志望動機。

就活の面接での失敗談~自己満就活はよくない~

就活って結局どうなの?【どう動くべきか編】

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。

→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨