文系大学生が未経験でIT企業に就職するため志望動機。

▼投稿をシェアする▼

どうも、今年からIT企業に就職しますウィルです。

今回は、文系大学生が未経験でIT企業に就職するため志望動機について。

志望動機① コーディングは未経験だがプログラミングの勉強はしていた

IT企業に就職したいのであれば避けては通れないのが『コーディングの技術』です。

SE(システムエンジニア)になりたい人も、SIer(システムの設計)になりたい人も、はたまたITコンサルになりたい人もまずは自分でコーディングが出来なければ話になりません。

特にITコンサルになりたいなんて人は、論理的思考力だとか地頭の強さはもちろん大事ですが、そういった会社に就職したとしてまず初めにやるのは十中八九『コーディングの勉強』でしょう。

であるならば、IT企業に入社したい思いや心意気よりもまず初めに『自分がどれだけITに詳しいか』を示す必要があります。

なぜならば、IT企業はもちろん全ての企業が『入社させて会社の利益になる人材を採用したい』からです。

IT企業に入社したいのであれば、コーディングを未経験であるというのは不利な条件です。

会社としても『ITについての知識はまったくないので教えて下さい』という姿勢の学生を入社させたいとは思わないのが道理です。

なので、『不利とはわかっているが、できる範囲内で努力をしている』という姿勢を見せる必要があります。文系なりにIT企業に入社してもやっていけるように頑張っているんだよという証拠を見せるのです。

『理系の情報系の学生に比べたらもちろん知識は乏しいですが、この辺までは理解しています』というレベル感をきちんと示せるように、自分がどれだけITについて理解しているのかをチェックしてみましょう。

志望動機② 学部で勉強していなかったが自主的にアプリを開発してみた

理系の情報系の学生であれば「学部で勉強していて興味が深いので」と答えれば、志望動機としてはひとまず合点がいきますが、文系学生の場合「なぜあえてIT系に進もうと思うの?」という質問はほぼ間違いなく聞かれます。

そんなことを聞かれても、興味があるからだよ。」としか答えようがないのですが、それだけでは採用する合理的な理由づけにはなりません。

興味があるのかとうか」なんていうのは誰でも言うことができることだし、本当に興味が深いのかどうかはやってみなければ分からないことです。

必ずしもアプリ開発である必要はありませんが、アプリなりWebサービス(個人ブログや特化型サイト)を自力で作ってみてなお興味があるのであれば、これから仕事としてやっていくにしても一定水準には興味が深いと言えるでしょう。

就活においては『自分の思い』よりも『自分の行動からくる思い』の方が評価されることが多いです。

「興味がある」ということを言葉で示す努力をするより、「実際やってみて興味があるのだからこれからも興味があると思う」と言った方がはるかに説得力があります。

最近では携帯アプリは少し頑張れば作れなくはないので、簡単な電卓アプリやストップウォッチアプリでもいいので作ってみたら新しい何かが見えてくるかもしれません。

志望動機③ バイト先のこういうところがITの力で改善できればとよく思うんです

IT企業はITの力で世の中にある無駄を省くことができるように日々奮闘しています。

いかにして無駄なことをITの力で省略していけるかが主な仕事です。日常のふとした気付きが大切なアイデアにもなります。

ここをこうしたらもっと楽なのになあ」だとか「ここは手動でやる必要がない。自動化できたらいいのになあ」と思うことはIT業界に携わる上で大事な視点かと思います。

逆に、「面倒なルーティーンでもやれと言われたからやる」という人はIT業界に就職するのは好ましくないかもしれません。機械の力でより速くできることをわざわざ手動でやってしまうのですから。

IT業界ではある意味で「めんどくさがり屋」な性格が求められる場面もあるかもしれません。

少なくとも私はこの志望動機を言ったときには好感触でしたし、その会社から内定が出て就職することになりました。

関連記事

就活の面接での失敗談~自己満就活はよくない~

就活って結局どうなの?【どう動くべきか編】

【浪人就活生へ】浪人した過去から逃げてはいけません。

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。

→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨