ミスチルのセトリ予想(ap bank fes 2018)



こんにちは、チルオタきしんです。

今日は先日投稿したap bank fesでのミスチル歴代セトリに続いて、今年2018年のセトリ予想をしたいと思います。

先日の記事はこちら

ミスチル 歴代ap bank fes演奏曲一覧&演奏回数ランキング~2018年まで網羅

2018年5月22日

まずは私が考えたセトリをご覧ください!




 

【現代の必須アイテム】
まだの人、必ず買ってください (導入してない人は、時代遅れ)

 

① PCスタンド【疲れ目・猫背解消】

まだ、無理な角度で画面見てるの?

>PCスタンドで正しい姿勢 → 疲れ目&猫背解消

PCスタンドを導入してる友人は多いはず。あなたも、イマこの瞬間に揃えよう!

 

 

② ワイヤレスマウス【省スペース】

マウスを有線でつなぐ時代はとっくに終わりました!

>これからは、ワイヤレスマウスで「スペース節約」

※有線だと、持ち運びの際にコードが絡まって邪魔。

youthful days

Tomorrow never knows

星になれたら

Mirror

僕らの音

あんまり覚えてないや

here comes my love

名もなき詩

Happy Song

 

実際のセトリはこちらをどうぞ

ap bank fes 2018 全セトリまとめ・感想・参加時の注意点

2018年7月17日

 

セトリ予想の方法

ミスチル 歴代ap bank fes演奏曲一覧&演奏回数ランキング~2018年まで網羅

2018年5月22日

上記の記事に載っている過去のセトリから以下の傾向があると分析しました。

ベストアルバム収録曲が多い

まず圧倒的な傾向は、ベストアルバムに収録されているようなザ・ミスチルの曲が多いです。

上記の記事にも書きましたが、2回以上演奏されている曲が22曲あって、そのうち19曲(86%)は4枚のベストに収録されています。

単純にシングル曲というわけではなく、「エソラ」や「彩り」というアルバムのリード曲も多いのが特徴ですね。

 

なんだか優しい曲が多い

これは私の勝手な印象かもしれませんが、こちらの曲のように優しい感じの曲が多いように思いました。

  • Drawing
  • Image
  • もっと
  • SUNRISE
  • Simple
  • 彩り
  • ラララ
  • 空風の帰り道
  • ほころび

 

というわけで下記のとおり優しい曲を多めに入れてみました。

  • Mirror
  • 僕らの音
  • あんまり覚えてないや
  • Happy Song

 

そのときの最新曲が入る

これはどのライブであってもそうだと思うのですが、最新の曲が来ます。

ファンは聴いたことがない曲を聴けてハッピーですし、ミスチルとしては新しい曲も新たな定番になってほしいと願っているはずで、演奏されます。

例えばこちらの曲です。

  • 2017年は「himawari」(2017年発売)
  • 2016年は「足音 ~Be Strong」(2015年発売)
  • 2012年は「Marshmallow day」と「hypnosis」(ともに2012年発売)
  • 2011年は「かぞえうた」(2011年発売)

そこで今回は2018年発売のhere comes my love」を入れてみました。

 

たまに懐かしい曲が来る

たまに来ます。

例えばこちらです。

  • 2017年は「君がいた夏」(1992年発売)
  • 2011年は「Dance Dance Dance」(1994年発売)
  • 2010年は「DIVE」からの「シーラカンス」(1996年発売)
  • 2007年は「風~The wind knows how I feel~」(1992年発売)、「My Life」(1993年発売)

あまり頻度は高くないのであっても1曲、もしくは0曲だと思いますが、希望的観測で1曲「星になれたら」(1992年発売)を入れてみました。

 

Reborn Art Festivalの際は定番曲が多かった

特に2016年が典型的だったのですが、本当によくやる曲を並べた漢字でした。

Reborn-Art Festival 2016 × ap bank fes 2016 ミスチル<br /> セトリ
  1. 名もなき詩
  2. Tomorrow never knows
  3. しるし
  4. PADDLE
  5. シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~
  6. innocent world
  7. 足音 ~Be Strong

おそらくですが、これは初めてのReborn Art Fesとの共同開催ということで挨拶代わりに有名曲を引っ張ってきたのだと思います。

そこで今回は「Tomorrow Never Knows」、「youthful days」、「名もなき詩」を入れてみました。

しかし、今回は慣れているap bank fesのみの単独開催、しかも思い出の地・つま恋ということであまり王道すぎるセトリは組まないのではないかと考え、あまり入れすぎないようにしています。

 

曲数は9曲

これまでのセトリの曲数を平均したところ、10回の開催で95曲だったため9.5曲となります。

しかし、初回の2005年のみ14曲と多くて、あとは10曲以上がありません。

2006年以降だと9回の開催で81曲、平均9曲ということで、

今回は9曲としました。

本当は候補はもっとたくさんあったのですが、こちらの曲は曲数の関係で省きました。

個人的にはやりそうなんですけどね…

  • 幻聴
  • 遠くへと
  • I’LL BE
  • 運命
  • one two three
  • 優しい歌

 

いかがでしたでしょうか。

今回のプレイリストをApple Musicで作成してみましたので、こちらから聴いてみてください。

 

Apple Musicは使いやすくて曲も多いのでオススメですよ!

Apple Musicを1年間使ってみた感想~メリットとデメリットを踏まえて

2018年1月31日

 



コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください