ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

YouTube で、チャンネル登録者1000人を突破する方法が知りたい!

という方に向けて、書きました。

YouTubeでチャンネル登録を増やすためには、どうすればいいのでしょうか。

【YouTube】チャンネル登録者100人突破のためにすべき10のコト|テーマ選定から動画編集までという記事では、チャンネルを開設してから、登録者100人を突破するまでにすべきことをまとめました。

ところ狭しとYouTubeがあふれかえるまさに「YouTube群雄割拠」のいま時代では、ただ動画を上げ続けるだけではチャンネル登録者数はおろか、再生数を稼ぐことさえできません。

再生数、チャンネル登録者数は戦略的に増やしていく必要があります。

本記事では、チャンネル登録者100人を突破してから、1000人を突破するためにすべき10のコトをお伝えします。





チャンネル登録者1000人突破には、どれくらいかかる?

YouTubeって、ブログ・サイト運営とちがって、一本の動画の爆発力が大きいので、突き抜けたら早いのですが、逆にこの「一本」を生み出すのが大変です。

なんだかんだ、1年~2年を見ておいたほうがいいかと思います。

天才なら、一か月以内でも可能

もちろん、あなたが動画のおもしろさに相当の自身があるなら、一か月でもチャンネル登録者1000人は到達可能です。

個人的に見た中で一番すごいなと思った動画は地獄寺紅蓮丸 / じごくでらぐれんまるというチャンネルで女の潮で塩ラーメン作ってみたという動画は一本で500万再生を突破しました。

相当攻めた内容ですし「これ、BANにならないの?」とも思います。まさに、諸刃の剣。

チャンネル登録者1000人を突破するには、どれくらいの再生数が必要?

目安としては「1万再生動画 × 10本」あれば、ほぼ確実に1000人は超えてくるかと思います。

「あれ、意外に多くね?」と思った方には悲報ですが、ぶっちゃけた話、チャンネル登録1人を手にいれるのに100再生とか必要になってきます。(それくらい、登録してもらうのは大変)

【補足】1万再生を超えると、その動画は何倍にも伸びる

ユーチューブの動画を見るときに、過去の再生数を気にしている人は多いです。

再生数を見て、再生数が多ければ「この動画は見る価値がありそう」だと感じ、再生数が少なければ「もしかしたら、満足のいく内容ではないかもしれない、、」と考えます。

その「見る前の評価の分かれ目」の目安となるのが、1万再生です。

1万再生さえ超えれば「すでに1万回再生されているのだから、きっと面白いだろう」と思われて、動画のクリックされる確率が上がります。

チャンネル登録100人→1000人のハードルは高い

詳しくは【YouTube】チャンネル登録者100人突破のためにすべき10のコト|テーマ選定から動画編集までという記事にまとめましたが、チャンネル登録100人はどうにか達成可能ではあります。

【1】テーマ選びを徹底する

【2】タイトルに気を配る

【3】サムネイルを工夫する

【4】動画に凝りすぎない

【5】身バレを恐れるな、友達にもガンガン宣伝する

【6】有名Youtuber の動画を見まくって、動画を研究する

【7】有名YouTuber が出版している書籍を読み、徹底的に分析する

【8】分析ツールを駆使して、効果測定をする

【9】自分にしか出せない “エンタメ要素” を取り入れる

【10】動画投稿をゼッタイにやめない

正直、知り合いにめちゃめちゃ宣伝して初速をつけて、毎日更新を継続すれば、短期間で可能といえば可能。

ただ、1000人ともなると、けっこう大変です。

【YouTube】チャンネル登録者1000人を突破するためにすべき10のコト

チャンネル登録者1000人を目指す【1】自分のチャンネルの色を決める

YouTubeでチャンネル登録者1000人を突破するためにすべきコト1つ目は自分のチャンネルの色を決めることです。

動画を見るかどうかは「サムネ、タイトルを見て、面白そうかどうか」で決まりますが、チャンネル登録をするかどうかは「チャンネルの内容を今後継続して見たいか否か」によって決まります。

つまり、最初に見た動画がおもしろくてもチャンネルにあるほかの動画に興味をもってもらえなければ、チャンネル登録には至りません。

イケメンユーチューバー、もの申す系ユーチューバー、ぼっち系ユーチューバー、VTuber などなど。

チャンネルの運営方針がしっかりとしていた方が、チャンネル登録はされやすいです。

ウィル

ちなみに、僕は「会社員ユーチューバー」といったところでしょうか

なるべく、社会人としての生の声を届けようとしています。

「大学生ユーチューバー」はけっこう多いですが、社会人になってユーチューブに動画を投稿している人は少ないので、そこに価値があるのかと思います。



【2】まだ誰もやったことがない領域を攻める

YouTubeでチャンネル登録者100人を突破するためにすべきコト2つ目はまだ誰もやったことがない領域を攻めることです。

シンプルな話、第一人者は強いです。

「ある程度需要がない分野 × 誰もまだ動画にしてない内容」を攻めてみるのが、再生数アップの近道。



【3】動画内検索からの流入を狙う

YouTubeでチャンネル登録者100人を突破するためにすべきコト3つ目は動画内検索からの流入を狙うことです。

少しテクニカルなことになりますが、YouTubeの検索からの流入はいがいに見込めます。

たとえば、僕のチャンネルの証券の営業でボロ儲けしたいとか言ってる就活生、マジで過酷な世界だからな?という動画は再生数5万回を突破していますが、初速を支えたのは「証券」という検索窓から出した。

再生数があまりなかったころから「証券」とユーチューブ上で検索すると、1ページ目に出てきていたので、そこからの流入が多数でした。

関連動画からのクリックはあまり多くなかったです。

【補足】動画の時間は、長くてもいい

「短くて、すぐに見れる動画を作るべき」という意見は一理ありますが、結局のところは短くても長くてもOKです。

僕のチャンネルでもっとも多く(5.4万回)再生されてる証券の営業でボロ儲けしたいとか言ってる就活生、マジで過酷な世界だからな?という動画は、17分22秒のかなり長めの動画になっていますが、ほかの短めの動画よりもむしろ再生されています。

ウィル

マジで、ユーチューブ分からん、、

ただ、もちろん「短い動画 = 時間をとられなくて見やすい」は間違いないので、ムリに間伸びさせる必要はありません。

と同時に話したいことが多くて、結果的に長くなってしまったからといってムリにカットする必要はないということです。

最後に



チャンネル登録者1000人を突破するためにすべき10のコトをお伝えしました。

いかがだったでしょうか。

ウィル

【Twitterも、更新中】

フォローを待ってます!→ウィルときしん@趣味ブロガー

ウィル

【YouTube、やってます!】

チャンネル登録待ってます!→ ウィル【2浪新卒】



コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください