豆腐と納豆は逆だった?

こんにちは、先輩の期待を裏切って社畜脱出中のきしんです。

豆腐、納豆、どちらも日本人のソウルフードですよね。

よく食べます。

しかし、皆さんその名前の由来を知っていますか。

実は豆腐の由来は納豆で、逆に納豆は豆腐なんです。

ややこしいっすね。

豆腐は大「豆」を崩して箱に「納」めて固めたものです。

逆に納豆は大「豆」を葉っぱの中に入れて発酵させたものですね。見方によっては「腐」っています。

ここまで書けばお分かりのように、意味と言葉が入れ替わってしまっているのです。

気持ち悪い感じです。

トウフと言われたらやっぱりあの白くて四角いやつで、

ナットウは芳しくてネバネバのやつに決まってますもんね。

言語学的に言えば、フィニシアン(名前)とフィニシエ(名前が意味するもの)の不一致問題が起きてしまっているのです。

1603_img17

なぜ入れ替わっているかというと、2つが同時期に日本に伝わってきたときに、意味を間違えてしまったかららしいです。

間違えてしまった人の罪は大きいですね…



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA