【新入社員研修 / 初日の内容・感想】新人研修って何するの?残業ってあるの?



ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

いよいよ4月を迎えましたね。

ついこの前まで学生最後の余韻を感じていたかと思いきや、早くも社会人になってしまいましたね。

いつまでも学生でいたいとは思いつつも、この日を実は待ち望んでいた人もいるのではないでしょうか。

今回は、新人社員研修初日の感想と注意点をお伝えします。





新人社員研修でやること

新人社員研修は2週間~数カ月をかけて様々なことを勉強しますが、その代表例が以下です。

新人社員研修でやること

●会社の事業内容について詳しく
●ビジネスマナー(身だしなみ・マナー全般・名刺交換の方法など)
●コンプライアンス・情報セキュリティについて
●社会保険制度について
●確定拠出年金について

新人社員研修の時間

入社式では10時11時と遅めに始まって18時前に終わるなんてケースも多いですが、新人社員研修では9時~18時の研修が一般的です。

研修とはいえ会社がお金を払って我々新卒社員を教育してくれる期間になるため、みっちり8時間勉強することになります。

新人社員研修の服装

新人社員研修の服装は男子も女子もリクルートスーツが基本になります。

ただ入社式に比べると、男子の服装でネイビーやストライプの入ったジャケットを着てくる人が出てきます。

女子は入社式と特に変わらず、黒のリクルートスーツが大半です。

ちなみにカバンは男女問わずほとんどが黒の就活カバンですが、就活カバン以外の手持ちのカバンで来る人もチラホラいます。

研修初日の配布物がとても多いということもあり、2日目からは暗めの色のリュックで来る人も増える気がします。

新人社員研修初日の感想

それでは新人社員研修初日の感想を列挙したいと思います。

通勤ラッシュとのお付き合いが始まる

新入社員研修の初日から通勤ラッシュとは多かれ少なかれ付き合っていかなければならなくなります。

なぜ研修の初日から?

入社式からじゃないの?

と思うかもしれませんが、

幸いなことに入社式というのは開始時間が10時と一般的な始業時間より1時間遅く、入社式会場に向かう新入社員による混雑はあれど通勤ラッシュ程ではありませんでした。

これも会社からの粋な計らいなのでしょうか。

そんな訳で、入社式の翌日・研修初日の今日からが通勤ラッシュとのお付き合い初めになります。

朝の時間には余裕をもって

研修初日は、朝の時間には余裕をもって家を出ることを強くおすすめします。

研修初日は研修会場が分からず迷う可能性もあります。

加えて、研修会場の最寄り駅に着いた際に身だしなみや髪形を確認することもあるかもしれないので、特に時間には余裕をもっておいた方がいいでしょう。

眠気との闘い

新人社員研修初日は睡魔との闘いになります。

就活時代にさんざん聞いた会社の事業説明から、とりあえず指導はしましたよという証拠を残すためのコンプライアンス・情報セキュリティ研修、難しい保険や年金の話と、眠気を誘うイベントのオンパレードです。

研修中に寝ている人もチラホラいましたが、眠気との闘いに負けないようにがんばりましょう。

寝ているところを見られて公開処刑なんてことになったら、今後肩身の狭い思いをするかもしれません。

研修の教室が暑い

小さな教室に200人近い新入社員が収容されます。

なので、研修が始まってから教室内がものすごく暑かったです。

4月というとヒートテックをまだ着てようか卒業しようか悩み始める時期になるかと思いますが、着ていった人も研修前にはトイレで脱いでおくことをおすすめします。

いざ研修が始まってから、着替えにトイレに抜けるのは度胸がいりますよ。

出席確認が延々と続く

新人社員研修初日の出席確認は異常ですね。

1人1人点呼をとっていきます。

200人近くいる新入社員を1人1人ですよ?

もう少し時間と手間のかからないやり方があるような気がしました。

積極的に声をかけるのは何より大事

新入社員研修では、席が隣になった人やワークで同じグループになった人には積極的に声をかけた方がいいかと思います。

新入社員の3パターン

①黙々と配布物を眺めている人

②懇親会やインターンで仲良くなった人のところに行って話す人

③偶然席が隣になった人と話す人

この3タイプの中で最強なのが、3の偶然席が隣になった人と話す人です。

極端に言えば、席が変わるたびに知り合いの同期が増えていくのでとてもうれしいことでしょう。

初対面で話しかけるのは中々勇気がいることですが、そこは恐れず自分から積極的に声をかけてみる努力は必要です。

研修が進んでいくと、次第にグループが出来てくるのは中学・高校・大学と歩んできた歴史をたどれば明白なので、初めの内に交友関係は広げておくことをおすすめします。

まあ、言われてできることではありませんが。

役員からのメッセージが秀逸

入社式でも役員の方々からのメッセージはありましたが、研修初日でも役員からのメッセージがあります。

どの役員からのメッセージかは会社の企業体系や規模にもよるかと思いますが、規模の大きい企業であるほど入社式とは別の役員がメッセージをくれます。

メッセージを聞いて考えさせられることも多かったので共有します。

言うは易し、行うは難し

これは仕事をしていく上で永遠の課題のような気がします。

ブログを続けていると毎日痛いほど痛感することなのですが、真理ですね。

いつの時代も口だけ達者で何もしない人はいますが、そういう人は社会人になって苦労することでしょう。

新卒に能力差はないので、直近の実績は「意志」で決まる

これには疑問がありました。

僕としては成果=作業量×習慣化が勝利の方程式なので、意志の力を勘定に入れる考え方には反対です。

ただ、新卒で入社してきた半ば大学生の人々に「ひたすら手を動かせ」と言ったところで「ブラックなこと言ってるなぁ」としか受け取られない可能性もあるので、役員としてはこう言うしかないのかもしれませんね。

時にルールそのものがおかしいこともある

これは秀逸でした。

組織のル―ルに間違いがあることをきっぱりと言える役員はなかなかいないと思います。

ただ、これに関しては言うは易し行うは難しで、間違ったルールもかなり広い範囲で許容していかないといけないんですけどね。

研修初日行かないってアリ?

入社式の翌日に始まる新人社員研修ですが、初日から行かないというのはアリなのでしょうか?

答えは、欠席できないことはないが非常にまずいことになるかと思います。

というのも、研修とはいえ出勤扱いなので行かなければ欠勤扱いになり5月25日(おそらく月の欠勤は翌月精算?)に振り込まれる給料がどんどん減っていきます。

やっていることは大学の授業とさほど変わりませんが、その扱いはまぎれもなく労働なので半端なことでは休まない方がいいでしょう。

それに欠席するのは自分の都合なので、休んだからといって研修のフォローはないでしょう。

朝起きるのは大変かもしれませんが「研修だからいいか」と侮ってはいけません。

研修初日に遅刻はどうなる?

新人社員研修の遅刻もかなりまずいことになります。

研修行かないとの同じように研修の遅刻はまぎれもない遅刻扱いで、遅刻した分は5月25日に支払われる給料から減給されるものと思います。

また、新人社員研修の初日は新人社員の出席確認を1人ずつ点呼を取っていくので、そんなところで「〇〇、欠席」ともなれば大事件です。

入社式の遅刻も採用人数の少ない会社では目をつけられるかと思いますが、、研修初日の遅刻は採用人数が100人を超える会社であってもかなり目立ちます。

「初日だから他にも遅刻者いるだろう」と甘い気持ちでいてはいけません。

社会人の遅刻は学生の遅刻とは比べものにならないほど重い罪なのです。

電車の遅延で遅刻することになったとしても、必ず遅延証明書を持っていきましょう。

遅延証明書なき遅刻はただの遅刻と判断され、遅刻した分が減給されてしまいます。

研修で残業はある?

研修期間中の終業時刻って気になりますよね。

研修といいつつ、いきなりハードな労働を強いられるのではないか。

研修はしょっぱなから辛い労働になるのではないか。

しかし、そんな心配は無用です。

研修期間はきっちり18時に終業します。

もしかしたら1~2分の誤差はあったかもしれませんが、感覚としては本当にピッタリ18時に帰ることができました。

研修初日の飲み会は?

研修期間中にどれくらい飲み会があるのかって気になりますよね。

飲み会があるかないかでその日のモチベーションも変わってきます。

飲み会が好きな人だったらあると聞いたらうれしいでしょうし、飲み会が苦手な人だったらないことを願いますよね。

結論から言うと、研修初日の大規模な飲み会はありません。

あるとしたら、個別に飲みに行く程度です。

なので、飲み会が好きな人は個人的に仲良くなったメンツで一杯飲みに行くのもいいでしょう。

飲み会が苦手な人は安心して帰路につくことができますよ。

最後に

期待と不安が入り混じる新入社会研修ですが頑張っていきたいと思います。

なお、入社1年目の心得を知りたい人には、入社1年目の教科書がおすすめです。

この本には入社1年目だけでなく社会人として成功するための秘訣が満載です。

毎朝の通勤によいのではないでしょうか。

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨