【真理】テレアポはきついし、しんどい仕事です【その理由 + コツ】


ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

テレアポって、きついの?しんどいの?

という疑問にお答えします。

タイトルにもある通り、先に結論だけ言っておくと、テレアポはきついし、しんどいです。

新卒で営業としてはたらくことになれば、対人営業よりも、まずはテレアポから入ることが多いでしょう。

営業の基本のキともいうべき、テレアポ。

しかし、思っているよりもずっとテレアポいうのはツライ仕事です。

やったことがない人にとっては、テレアポを含めた営業活動に「一種のあこがれ」のようなモノがあるかもしれませんが、実際にはそんな甘い世界でもありません。

この記事では、なぜテレアポがきついのか、しんどいのかについてお伝えします。





【真理】テレアポがきついし、しんどい理由

テレアポがツライ理由は、以下の3つです。

【1】めちゃくちゃ数をこなさなくてはいけない

【2】営業ノルマがある

【3】いい商品でなくても売らなくてはいけない



テレアポがきついし、しんどい理由【1】めちゃくちゃ数をこなさなくてはいけない

営業の本質は「数の勝負」です。

ある商品を提案しようとしたとして、すぐに気に入る人もいれば、少し考えて検討する人もいるし、話を粘れば徐々に興味を示し出す人もいれば、押しに弱い人もいます。

反対に、聞いた瞬間に突っぱねる人もいれば、どんなに力説しても考えを変えてくれない人もいます。

人それぞれ、考え方もちがえば、必要としているモノもちがうので、営業をしていくのであれば、この辺りは割り切っていかなくてはいけないことです。

どんなにうまい営業でも、ある程度の数をこなさなくては案件は取れないし、それはそれは大量の電話をかけなくてはいけません。

とくにテレアポでは、新規の営業、とりわけ「飛び込み営業」をひたすらに繰り返すので、別に興味もない、そもそも売り込もうと思っている商品やサービス自体を知らない人に向けて、営業活動をしなくてはいけないわけです。

毎日、同じトーンで同じ内容の電話を、同じような人々にかけ続ける。

この「物量勝負」に耐えられない人は多いかもしれません。

中には、提案に積極的な人もいれば、きわめて消極的、はげしい苦言を呈す人もいますが、そのデジャブを日々感じながら、仕事をするのはツライ人には耐えられないことです。



テレアポがきついし、しんどい理由【2】営業ノルマがある

テレアポを問わず、すべての営業活動にはノルマがあります。

●今月は〇件獲得!

●今日一日で、△件獲得!

● 今半期で、□件獲得!

短期的なノルマ、中期的なノルマ、長期的なノルマの3つにしばられた生活を余儀なくされるので、つねに数字と向き合いながら仕事をしなくてはいけないのがツライところですね。

数字に追われるようになると、目の前のお客様が「客になるか、ならないか」でしか見れなくなります。

そうなると、いわゆる「先を急ぐような営業活動」しかできなくなり、結果も芳しくなくなります。

一方で、まったく数字を意識していなければ、案件が取れるかはいわば「運勝負」になってしまうので営業マンには向きません。

安定的に、一定の数を取れるようにならなくてはいけないので。そういったバランス調整が難しいですね。



テレアポがきついし、しんどい理由【3】いい商品でなくても売らなくてはいけない

営業は商品の作り手ではなく、商品の売り手なので、売れたかどうかがすべてにおける価値基準になります。

また、売る商品を決めるのも自分ではなくて「これを売って!」と言われれば、それを売るのが営業の仕事です。

売る商品が自分にとって納得感がある商品で「ぜひ、この商品を広めていきたい!」となればいいのですが、必ずしもそうはならないので、テレアポのツライところではあります。

むしろ自分個人の主観としてはまったくおすすめできない商品であっても、仕事として売っていかなくてはならないことも多々あります。

そういうところで、仕事と割り切って売り込んでいけるか。そういう一種の「自己洗脳力」みたいなモノが、営業として飯を食っていけるかの分かれ目になったりもします。

営業適正があるかどうかを判定してみよう!

実際、営業に向いているかどうかは、性格に依存する部分が大きいです。

それこそ、営業トークや自然な話の持っていき方、印象操作の方法は、営業を続けていく内に身についていくものですが、性格ばかりは中々変えられるモノでもありません。

テクニックが身についても、真に営業活動を楽しめなくては後々ツライことになるので、事前に「自分は営業畑に合っている人間なのか」を知っておくことをおすすめします。

リクナビNEXTが提供しているグッドポイント診断が便利なので、ぜひ活用してみて下さい。

最後に



なぜテレアポがきついのか、しんどいのかをお伝えしました。

いかがだったでしょうか。

【1】めちゃくちゃ数をこなさなくてはいけない

【2】営業ノルマがある

【3】いい商品でなくても売らなくてはいけない



ウィル

【Twitterも、随時更新中】

フォロー待ってます!→ウィルときしん@趣味ブロガー

ウィル

【YouTubeも、更新してるよ!】

チャンネル登録待ってます!→ ウィル【2浪新卒】