加入している11の有料定額サービスの料金を比較してみた~堀江貴文のブログでは言えない話など


きしん
こんにちは、ウィルときしんのきしんです

最近節約を肝に銘じています。

今日は自分が加入しているすべての有料定額サービスを並べて節約を考えてみたいと思います。




おカネ無駄にしてない?

最初に一つ小噺をしたいのですが、最近こんなツイートがありました。

なるほど…確かに。

ガソリンはレギュラーが1リットルあたり140.5円(2018年5月17日現在)ですが、

スタバのキャラメルフラペチーノはトールサイズ(350ml)で470円、なんと1リットルに直すと1,343円です。

比較してみると、スタバはガソリンの9.6倍高いことが分かります。

そんなのアリでしょうか?

人間は、おカネに色を付けるもので、同じ1円を状況によってほいっと出したりしてしまうんです。

例えば賞味期限が近いからと30円くらいケチって割引されたお肉を買ったりするのに、飲み会だと何の気なしに4000円とか高額なおカネを払ったりしますよね。

同じように新聞には月数千円も支払うのに、ネットのニュースはタダじゃないとイヤで、

DVDを買うのなら数千円払うのに、YouTubeはタダじゃないとイヤと、非常に金銭感覚が状況次第でブレブレなものなんです。

そんな方に今日の記事を読んで頂きたいと思います。

 

最近退会した2つの有料サービス

今日の記事を書こうと思った直接の理由は最近退会した2つのサービスにあります。

それがヤるサロンと、ホリエモンのメルマガです。

 

ヤるサロンからの退会とその理由

最近あんちゃ&るってぃのヤるサロンから退会しました。

入会した経緯はこちらにまとめてあります。

"ヤるサロン"(あんちゃ&るってぃ)に入った理由

2018.04.19

こんな飲み会に行って楽しんだりもしていました。

るってぃ&あんちゃの"ヤるサロン"オフ会に参加した感想

2018.05.08

 

しかし、辞めました。

理由は、今は月額2980円に見合う価値がないと思ったからです。

ちなみに、入ったのは正解でした!

飲み会に参加して、ブログで生計を立てている同年代の方々に会って大いに刺激されたからです。

ただ、様々なお話を伺い、ヤるサロンにもっと手を出す前に自分でできることがあるととても感じました。

こちらのサロンの方々は仲間を求めて参加している方が多かったのですが、その点私にはウィルというパートナーがいるので、相談相手は常にいるのが辞めた理由でもあります。

また煮詰まってきたら参加しようと思います。

というわけで辞めました。

今でもあんちゃさんとるってぃさんは好きです。

そしてサロンのメンバーも大好きです。

 

ホリエモンのメルマガ購読停止とその理由

ヤるサロンを辞めたのをキッカケに、ホリエモンのメルマガ「堀江貴文のブログでは言えない話」も辞めました。

これは月額864円で、週1回とても長いメールが送られてくるのですが、私は最後まで読んだことは1,2回しかありません。

(今数えてみたら2018年5月14日配信のVol.434は41,451文字もありました。バケモノ…)

普段は最初に書いてあるホリエモンが激選したニュースのところしか読まなくなっていたので、これに864円は高いなと思ったのです。

ちなみに、ニュースはホリエモンの意見も載っていて、とても参考になりますよ。

こんな感じです。

2.時事ネタオピニオン
私が得た時事ネタのなかから気になるものをセレクト、極々私的な見解でコメントするコーナーです。

※締め切りの都合上、5月10日(木)までのニュースからセレクトしています。

【10】パイオニアがカーナビ苦戦で業績修正、赤字は拡大へ
https://bit.ly/2jVDrwS
スマホのジャイロや加速度センサーが安価になったうえに性能もかなりアップしているので、車載カーナビ専用機の優位性はもう完全になくなっている。なので、これ以上この事業に投資をしても挽回することは不可能だ。さっさと撤退した方がキズが浅くて済むはず。

【9】開業2年「北海道新幹線」特需消えて正念場へ
https://bit.ly/2rERdrg
ただでさえ大赤字を垂れ流しているJR北海道だが、新幹線でさらに大変なことになっている。札幌駅に延伸したところで大して需要は増えるはずもなく、例えばレストラン列車にするとか大胆な改革をしていかないと廃止に追い込まれるのではないか。

(中略)

 

【3】LINE自作スタンプ、販売総額530億円 上位10人は平均6億円 開始から4年間で
https://bit.ly/2KZbmRx
意外と売れている印象。あのスタンプだけで、これだけの売り上げとは下手な上場企業よりも稼いでいる。そしてスタンプはまだまだ可能性のある分野。アイディアと実行力次第で、これからもチャンスはあるはずだ。良いアイディアがある人は挑戦してみるといいだろう。

【2】イニエスタがヴィッセル神戸に移籍? スペインメディアが報道
https://bit.ly/2IhBl51
DAZNがメディアスポンサーになってから、明らかにJリーグの潮目が変わってきている。これからアジアの時代が来るのは間違いなく、そのなかでも日本が有力なマーケットであることは間違いない。これからもビッグな選手がやってくることになるだろう。

【1】メルカリ、6月19日マザーズ上場へ 時価総額2000億円規模
https://s.nikkei.com/2Iiahm8
意外と時価総額が高くないという印象。これからアメリカ市場でガンガン攻めていくことを考えると、調達額がそんなに大きくないだけに多少不安な感じがする。コンプライアンス対策でいろいろと大変だったのだろうなあ……。よく上場まで持って行ったと思う。

【海外】
◆マイクロソフトが次世代版Kinect発表、深度センサーとAI融合
https://bit.ly/2rFIG79
Kinectは実は大変な可能性を秘めた技術である。ゲーム用として開発されたが、例えばテレビのリモコンの代わりをすることもできる。ホームスピーカーと組み合わせれば、ありとあらゆる部屋の中の操作をジェスチャーで行うことができるのだ。そのことを念頭に置きつつ、今後の展開を見ていくと面白いだろう。

(後略)

要するに、新聞の評論欄みたいなもので、これが一番の楽しみでした。

しかし、最近ニュース記事の選定やホリエモンのコメントに偏りを感じるようになり、少し不満でした。

(それでも面白いです)

ただ、全部読めていないのに、好きなところも評価が揺れてきて、しかも最近は3週間くらい読まずに溜めてしまうこともあり、これはもったいないと思い、解約に至りました。

というか、今考えたらそもそもブログすら読んでいない癖に有料のメルマガだけ購読して、完全にカッコつけですよね。

 

今でもホリエモンは好きです。

ちなみにメルマガはこちらから購読できます。

20日間無料で見られるのでまずは試してみるのもありです!

 

私が加入している有料定額サービスを比較

そんなわけで、他にもムダな定額サービスはないか、というかそもそも何に加入していたか精査するために、自分の入っているサービスをすべて比較してみることとしました。

その表がこちらです。

現在加入しているものの費目 月額 年額
1Kの家賃 60,000 720,000
モバイルWi-Fi 3,825 45,900
UQモバイル3G+通話別プラン 1,680 20,160
Apple Music ファミリープラン 1,480 17,760
NHK受信料 1,260 15,120
東京都水道局、口径13mm+別途従量課金 860 10,320
東京ガス+別途従量課金 745 8,940
Amazon Prime 325 3,900
B’z Party(B’zファンクラブ) 250 3,000
FATHER & MOTHER(Mr.Childrenファンクラブ) 250 3,000
東京電力+別途従量課金 231 2,772

合計は月額70,906円、年額850,872円です。

6万が家賃なので、ほぼ家賃ですね。

考えてみたら結構ケチってる方だと思います。

必要以上のものは、アップルミュージックと、アマゾンプライム、B’z、ミスチルだけです。

こう比べてみるとケータイ代とアップルミュージックがほぼ同じ値段というのは驚きですね。

昔はケータイに月7,000円とか払っていたのですごい安いものだなと思います。

 

また、こうやって並べるとアマゾンプライムの安さは異常ですよね。

予言しますが、アマゾンプライムは必ず将来値上げするはずです。

結構身を削っているはずで、噂ではアマゾンはECでは赤字を出し続けていて、AWSなどのクラウドサービスで儲けているそうですよ。

このままではアマゾンの経営バランスが取れないので、いつか是正されるはずです。

 

ちなみに過去はこんなものに入っていました。

昔加入していたものの費目 月額 年額
エニタイムフィットネス 7,500 50,400
日経電子版 4,200 90,000
ヤるサロンパトロン代(オンラインサロン) 2,980 35,760
NewsPicksプレミアム 1,500 18,000
Hulu 933 11,196
堀江貴文のブログでは言えない話(週1のメルマガ) 864 10,368

エニタイムフィットネスは24時間開いているジムで、そろそろガリガリを脱却しなければならないと感じて週2~3回通い始めたのですが、1,2か月で行く頻度が激減し結局辞めてしまいました。

日経は社会人になりたての頃に購読していましたが、月4,200円は高すぎるだろと思い、当時よく利用していたニュースピックスに切り替えました。

月1,500円となり、十分安くなったのですが、毎日ニュースピックスを開くわけではなく、もったいなくなってきて解約し、代わりにホリエモンのメルマガを購読しました。

序盤は毎週の配信を楽しみにしていたのですが、いつしか読む頻度が2週間に1回、3週間に1回と減っていき、最終的に不要と判断しました。

今の御時世、ほとんどのニュースは自分のネットサーフィン力でまかなえますよね。

ニュースにお金を払うというのがどんどんナンセンスになっている気がします。

それでも、考えてみたらNHKの受信料はテレビにニュース代をはらっているようなものですし、ニュース代というのはなくなることがないのかもしれません。

 

オススメはアップルミュージック

比較してみると、娯楽目的で私が変わらず契約し続けているものの中で最も高いのはアップルミュージックです。

アップルミュージックは数あるストリーミング配信サービスの中でも随一の楽曲数で、プレイリストも充実していて、もともとiPod・iPhoneユーザーの方はCDから取り込んだ曲と併せて聴けるとても便利なサービスです。

最近はついにミスチルも入りました!!

 

気になる方はこちらをお読みください。

Apple Musicを1年間使ってみた感想~メリットとデメリットを踏まえて

2018.01.31
きしん
よければTwitternoteも見て下さい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください