フエルサブルータ 感想・意味・口コミ~実際の内容とおすすめの席は?~



こんにちは、新しいもの好きのきしんです。

今なにかと話題のフエルサブルータに行ってきました。

”続きを読む”




フエルサブルータとは?

サーカス、音楽ライブなどどのジャンルにも属さないエンターテイメントと自称しています。

フエルサブルータの意味

アルゼンチン発祥のチームらしく、フエルサブルータ(fuerzabruta)は英語で「力任せ」という意味のようです。

また、暗号解読法でありとあらゆる方法を試すことをそう呼ぶこともあります。

公演時間

70分です。

実際の内容

会場の品川ステラボールはかなり小さなライブ会場なのですが、まず布で小さく区切られた部屋の中に通されます。

これはどこの部屋に入っても後で開放されて移動できるので、特に差はありません。

その後その幕が上に上がって始まり、

内容は太鼓や笛、クラブミュージックなどの混ざった音楽ライブと、

 

ランニングマシンの上を歩いたり走ったりしながら迫ってくる柔らかい壁を蹴飛ばす芸、

ターザンロープに捕まって空中をぶらぶらするサーカス芸、

足を固定しながら踊り、足元のレールが動いて逆さまになりながら踊ったりするダンス、

頭上の水槽に入って、水遊びを見るショー、

滝のように上から落ちてくる水の下で踊る時間(水は避けれる)など、

今までに既にあるものを見たことがないかたちで組み合わせているような感じでした。

ノリはクラブ、内容はサーカス、濡れ具合はスプラッシュマウンテンといった感じです。

次に何が始まるのか誰も予想がつかず、その場の流れで楽しむという感じなので、ゆるいノリが好きじゃない人は向いてないのかもしれません。

なお、今回の日本での公演は「WA」(つまり和)とついているとおり、音楽や衣装など至るところが和テイストでした。

海外だとどう違うのか見てみたい気がしますね。

オススメの座席チケット

チケットは公式サイトから買えますが、オススメは1階のスタンディングです。

濡れたり、水槽を下から見れたりするのも全部1階ですし、

ちょくちょく場所を移動させられるので、特に膝が痛くなったりもしません。

一番近いものはサーカスでしょうね。

新しいサーカス、くらいの期待度で観に行くと楽しめるのではないかと思います。

”折りたたむ”



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください