Amazon Fire TV Stick購入時の注意点・メリット・デメリット



こんにちは、楽天よりAmazon派のきしんです。

この間、Amazon Fire TV Stickを買ってみました。

もともとAmazonでPrime会員だったため、翌日お届けや動画視聴はできていたのですが、

自宅でAmazon Prime Videoを見るときに、スマホでは寂しかったので、買ってみました。

 




買うまでに不安だったこと

Fire TV StickかFire TVか

Amazonで検索してみると、Stick(4,890円)ではなく箱型のもの(11,980円)も売っているのですが、どちらを買えばいいのか迷いました。

しかし、箱型のは有線でのネット接続、ちょっと多いメモリ(動きの速さ)などしか変わらなかったため、Fire TV Stickで十分でした。

 

セッティングはできるか

Amazonで買えば、最初から自分のアカウントでセッティングされているので、面倒なセッティングや業者を呼ぶなどは不要です。

TVとの接続は、余っているHDMI入力のところに挿せばOKです。

ちなみに、Wi-Fi環境がないと使えないのでご注意下さい。

 

YouTubeは普通に見られるのか

見られます。大画面でYouTubeを見るのは新鮮です。他にもAbema TVも見られます。

 

NetflixやHuluは見られるのか

別途そちらと契約していれば見られます。契約していなければ見られません

Amazon Primeの年会費やAmazon Fire TV Stickの購入費に含まれているわけではありません。

 

買ってよかったこと

PrimeVideoを見られるようになった

想定どおり、大画面でPrime Videoを見られるようになったのは嬉しいです。

特に、家に人を呼んだときに見やすくていいです。

これでTSUTAYA要らずになりました。

おすすめの番組をこちらの記事でまとめています!

アマゾンプライムビデオなら無料で見られる映画・番組~おすすめだけをまとめました~

2018.06.06

 

微妙な点

リモコンの音声入力の精度が低いため、YouTubeの検索は不向き

代わりにスマホのYouTubeとTVを接続できるので、スマホで動画を選んで、TVで見るのが可能になります。

他に思いついたら更新していきますが、Stickはそこまで高いわけでもないので、

とりあえず買ってみてもいいと思います!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください