ユーチューブ初心者がチャンネル登録者数100人を目指すためにやるべきこと



ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

1カ月ほど前からYoutubeに動画を投稿するようになりました。

ブログと同様、自分の意見や気になっているものを発信する場を持ちたいと思ったからです。

チャンネルはコチラ→【ウィル苦学大学生





動画を投稿する方法

さて、本題です。

まず、Youtubeのチャンネルを開設するためには、Gmailのアカウントが必要になります。

 

普段Gmailを利用しない人はここの登録が面倒かもしれませんが、基本情報を入力するだけなのでチャッチャと済ませてしまってください。

すでにGmailを利用している人は、あとはYoutubeのトップページに飛んでログインするだけです。

 

ログインすると、アカウント設定の1番上に『マイチャンネル』という項目が出てくるので、ここで必要な情報を入力すれば晴れてYoutubeに動画を投稿することができるようになります。

 

見落としがちな注意点

 

Youtubeのクリエイターツール用に登録するGmailアカウントを普段よく使用するものにすると、バイト先やゼミなどGmail経由で身バレする可能性が出てきます。

 

というのも、Youtubeのチャンネル名はGmailで登録している名前に紐づいているので、普段よく使用するGmailアドレスをチャンネル名に変更することになります。

ほとんどの人はGmailの表記は本名で設定されているので、あなたから送られてきたメールの送り主の表記が本名以外の名前だと違和感を覚えます。

 

そこからその名前が話題に上がり、身バレしないにしても不審がられることがあります。

現に、僕も大学のゼミの課題を提出する際に、教授に『苦学大学生ウィル』の名で送信してしまい、その名が拡散しました。

 

身近な人にチャンネル開設がバレても問題ない人には関係のない話ですが、チャンネルが成長するまでは知られたくない人もいるかと思うので、その点ご留意ください。

今回は、動画投稿を3カ月続けてみて感じたどうすれば再生数を稼げるようになるのかについてまとめてみたいと思います。

※なお、僕は個人的な見解について意見を申し上げる動画を作成しているので、その際に意識していることについてお伝えします。

テーマ選びを徹底する

動画のテーマはとても大切です。

以下のどれかを狙ってみるといいかもしれません。

最新のトレンド

最新のトレンドを抑えることで他のチャンネルとの差別化を図ることができます。

投稿されたことがない内容

投稿されたことがない内容にすることで、その内容について第一人者になることができます。

第一人者はとにかく強いです。

その内容を知りたくてきた人は皆はじめに第一人者の動画を見ることになります。

マス向けを狙うよりかなりニッチな分野を狙ってみるといいこともあります。

興味のある人の母数が多い内容

シンプルに見てもらえそうな人が多くなれば、それだけチャンスが広がります。

他にものすごく良質なコンテンツを提供している人がいたとしても、その人の元にいかなかった人に見てもらえる可能性が高まります。

世の中が注目している内容

いま現在注目されている内容にすることは有効です。

自分にとっては興味深いものでも、世の中的にまったく注目されていないテーマだった場合、誰にも見られません。

逆に、自分にとっては興味のない内容でも世の中が求めていれば再生数は伸びていきます。

自分が得意とする分野の動画を撮ることは大事なことですが、あらかじめその内容で見てくれる人がいるのかどうかも考えてみることが大切です。

タイトルに気を配る

その動画単独の再生数が伸びるかどうかは、動画の中身よりむしろタイトルとサムネイルに依存するところが強いかと思います。

なぜなら動画の中身は動画を再生してみなければわからないからです。

一方、タイトルはYoutube内の検索でもヒットしますし、ほかの関連動画からも飛んできてくれる可能性が高いです。

サムネイルを工夫する

サムネイルも動画のタイトルと同じく、動画を見てもらうためにとても重要な要素になります。

サムネイルが興味をそそる内容であればあるほどクリックしてくれる可能性は高まります。

動画に凝りすぎない

そうはいっても、動画を見たいかを選ぶのは自分ではなくYoutubeを訪れた人たちです。

動画は投稿してみなければ、ヒットするか不発に終わるかは分かりません。

さらに、チャンネルを開設してすぐは好んで自分の動画を見てくれる人もいない状態なので、まずはいろいろな動画を投稿してみることが再生数アップに直結するかと思います。

イメージとしては、5時間かけて自信満々の動画を1本投稿するよりも1時間で作れる動画を5時間で5本投稿するほうがいいといった感じです。

まずは「質より量」かなと思います。動画を投稿していく中で自然と要領はつかめてきますし、再生される動画がどういったものなのかのイメージも掴みやすくなってきます。

やめない

これが1番大事なことだと、僕は思います。なにしろ辞めてしまっては再生数を稼ぐも稼がないもなくなってしまいますから。

少しずつでも着実に動画を投稿してみることが1番大事だと思います。

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨

ウィルのYoutubeチャンネル

よろしかったらチャンネル登録をお願いします!→【ウィル苦学大学生

人気動画トップ5

ブラジルのゾンビ女が逮捕!?合成麻薬フラッカって一体なに!?

仮想通貨全体が大暴落した理由。』

2018年は仮想通貨の爆上がりの年になります

ビットコインの暴落なんてまったく気にする必要なし。』

リップル vs ネムのバトルが両通貨の高騰を助ける!?』

 

僕は現在22本の動画を投稿して、総再生数が900再生ほどです。

1動画平均すると、40~50再生ほどされている計算になります。

 

開設したてのチャンネルでも、再生される動画されない動画があるみたいで、1番ヒットした動画がコチラの『合成麻薬フラッカ』の動画になります。

ブラジルでゾンビ女が逮捕!?合成麻薬フラッカって一体なに!?

 

 

少し前にFacebookのタイムラインを賑わせたブラジルの『リアルバイオハザード女』についてお伝えした動画で、この動画は単独で300再生されています。

 

Youtubeのチャンネルは、総再生数が1万再生を超えるとAdsenseの広告を貼ることができるようになるので、このペースで行くと1年後には広告を貼ることができそうです。

(新規の動画だけでなく過去の動画も並行して再生されるのでもう少し早いかもしれない。)