ジョハリの窓とは?~自己分析を助ける4つの窓~

▼投稿をシェアする▼

どうも、社畜養成中の苦学大学生ウィルです。

今回は、いまだ認知していない自己の性格や習性について理解するために使える「ジョハリの窓」という考え方について。

アメリカの心理学者のジョセフさんとハリーさんが考案した理論なので “ジョハリ” といいます。

「自分とはなにか?」について理解するために、下記の4つの視点から自己を見つめることを推奨する理論で、就活の自己分析や会社のグループワークなどでも実践されています。

4つの窓をまとめます。

ーーーーーーーーーー

①開放の窓→内(自分)からも外(他人)からも認識されている自己

②盲点の窓→内(自分)では認識していないが、外(他人)からは認識されている自己

③秘密の窓→内(自分)からは認識されているが、外(他人)からは認識されていない自己

④未知の窓→内(自分)からも外(他人)からも認識されていない自己

ーーーーーーーーーー

自己には上記の4つの窓から見た自己があることを理解することで、客観的に自己分析をすることができます。

ポイントは、盲点の窓と秘密の窓にある自己を開放の窓に移していくということ。

「自他ともに認める」領域を広げていくことで、対人関係において認識の相違がなくなります。自分で理解している思考や行動・性格は、できるだけ他人から思われている思考や行動・性格と近づけていくことが推奨されます。

方法としては、簡単なブレインストーミングゲームをしてお互いの印象や認識をブラッシュアップしていくワークが効果的です。

「自分の中では自己とはこうだと思っている」「私の中ではあなたはこういう人間だと思っている」とお互いの印象や認識を共有することで、自分から見た自己と他人から思われている自己を理解することができます。

それでは、今回はこの辺で。

以上、苦学大学生ウィルのつぶやきでした。