きしん
こんにちは、ウィルときしんきしんです

B’z の「光芒」の歌詞の意味が知りたい!

という方に向けて書きました。

B’z の「光芒」といえば、16枚目のアルバム「ACTION」の中でも鬼気迫る力強さを感じる曲です。

アルバム曲の1曲ですが、ファンからの人気も根強く、とことん暗い歌い出しからはじまって、最後の最後で希望が見えるのが特徴的な曲です。

今回は、私の大好きな「光芒」の歌詞の意味について解説したいと思います。

※ また、LIVE-GYM ACTIONの本編ラストを飾ったときのライブMCもまとめましたので、参加された方も参加されなかった方も読んでみて下さい。




「光芒」とは

イメージとしては、こういう感じですね。

「光芒 (こうぼう)」という言葉自体、聞き慣れないかと思いますが、意味は「一筋の光」です。

私も、この曲を知るまでは知りませんでした。(誰かが使っているのを聞いたこともありません。)

B’z「光芒」歌詞の意味解説

それでは「光芒」の歌詞の解説に入りたいと思います。

B’z「光芒」1番【Aメロ~サビ】

1番はとにかく「暗い!

どんどん絶望へと追い込まれていくさまが描かれていて憂鬱になります。

「生きるのは苦痛?」とまで言ってしまってますから、相当追い込まれていることがわかります。

 




B’z「光芒」2番【Aメロ~サビ】

2番も、相変わらず暗いんです。

この曲はこういう曲なのか?

大切な人と別れて一人ぼっちになったり、誰かに笑われたり。

そういう嫌な感情が羅列されます。

ちなみに、2番サビの「Blue」は単純に「青」ではなくて、英語で「憂鬱」という意味があります。

 

そして2番のサビの後、もう一度サビの繰り返しがあります。




B’z「光芒」サビ (くり返し)

ここから、だんだん雰囲気が変わっていきます。

真実を受け入れてアクションを起こせば、少しずつ兆しが見えてくるという展開にやっとなります。

 

ここから、初めてのメロディ展開になり、いわゆる「大サビ」になります。

ブルーハーツの「情熱の薔薇」でいう「情熱の真っ赤な薔薇よ」というところですね。




B’z「光芒」大サビ

ここが、本当に感動を誘います。

稲葉さんも「この大サビを聴くと本当に勇気づけられる」と語っています。

歌い手としてはこの大サビが本当に高くて歌いづらいと思いますが、聴く側としては「心の高揚」を感じますね。

圧巻!!

 

また、感動するのはいきなりマイナーからメジャーへ転調するのもありますね。

 

ここで2回「」という言葉が使われていますが、この言葉はもともとアルバムタイトルになる予定でした。

しかし、「光を求めてアクションする」という意味で「ACTION」の方がしっくり来るという理由で、その後アルバムタイトルが「ACTION」に変わったんですね。

 

アルバムのコンセプトを表す、象徴的な一曲です。

この曲は「B’zファンが聴いたことがないけどライブで聴きたい曲ランキング」4位にランクインしました。

当時、LIVE-GYM ACTIONでしか披露されていませんからね。

関連記事:B’z まだ自身は聴いたことがないけれど、いつかLIVE-GYMで聴きたいと夢見ている曲ランキング

 

また、「LIVE-GYMで聴きたいナンバー」ではなんと数ある名曲を抑えて2位にランクインしました。

関連記事:B’zファン投票人気曲アンケート結果 ランキングTOP50

 

それほど、ファンからの人気が高い曲なんです。

実際に、2018年開催の「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 “HINOTORI”」でも演奏していました。

関連記事:B’z HINOTORIのセトリ全日程まとめ LIVE-GYM Pleasure 2018(7月7日 – 9月22日)

最高です!!

LIVE-GYM ACTIONでの「光芒」前のMC全文

 

「LIVE-GYM ACTION」は、こういったセトリでした。

LIVE-GYM ACTIONセトリ
  1. 純情ACTION
  2. 黒い青春
  3. パーフェクトライフ
  4. ONE ON ONE
  5. 一心不乱
  6. OH! GIRL
  7. New Message
  8. TONIGHT (Is The Night)
  9. Wonderful Opportunity
  10. 満月よ照らせ
  11. 永遠の翼
  12. HOMETOWN BOYS’ MARCH
  13. 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
  14. GIMME YOUR LOVE 〜不屈のLOVE DRIVER〜
  15. Liar! Liar!
  16. さまよえる蒼い弾丸
  17. FRICTION -LAP 2-
  18. SUPER LOVE SONG
  19. 光芒
    アンコール
  20. BURN -フメツノフェイス-
  21. ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜

この中で「光芒」「本編最後」という重要なポジションに配置されました。

ここには、C’monツアーでの「C’mon」など非常に重要な曲が来ます。

 

そして、最後の曲の前は長いMCが入るのが恒例なのですが、「光芒」の前には異例の長さとなる5分20秒に及ぶMCが入りました。

まずは、その全文をご覧ください。

どうもありがとう!

ちゃんと歌と演奏は届いてますか?!

よかった…

 

えー、このツアーのタイトルになっている、この「アクション」という言葉ですけども、

このアルバムを出したのが去年の12月で、気がづくとなんかもうエラい昔の話に、いくつも季節を超えてずっと前ですけどもね。

その頃なんですけども。

あれを出したときにボクらはね、自分たちの体験もあって、非常に追い込まれたり、壁にぶつかったりしたときずっと考えるんですけど、

最後は何かしらのアクションを起こさないと前に進めないなと実感したものですから、そういうことをボクらもずっと言ってました。

でまあもちろんアクションを起こせればいいですけど、

アクションを起こしたとしてですね、そのアクションがでも、100%自分の思い通りに繋がっていくかというと、これはまた別の問題でなかなか難しいですよね。

誰かはうまくいった!と思う人もいれば誰かはあんまり変化がないと思う人もいれば、かえってより状況が悪くなったと、そういう風に思う人も少なくないと思いますけど、

じゃあ何のためのアクションなんだ?と思いますよね。

どうでしょうか、例えばすご大変な状況、どうにもならないような状況に自分がぶつかったときに、

それでも何とかしようと必死になってる自分、その姿を誰か他の人が見たときに、例えば誰か必死な姿がカッコ悪いとバカにする人もいるでしょう

でももしかしたらその姿を見てちょっと感動して、希望の光みたいなものを感じてくれる人が1人くらいはいるかもしれないじゃん?

 

そういう可能性はあるわけでしょ?

 

でまあ、結局誰も見てなかったっていうこともあるかもしれませんけど、

そしたら例えばね、明日の自分とか、来週の自分とか、来年の自分とか、10年後の自分がこう…見ていると思えばいいじゃないですか。

 

そうするとなんかアクションの起こし甲斐があるんじゃないの?なんかね。

 

ボクらもバンドとしてこれからやっていく中でね、もちろんいろんな壁にぶつかることもあると思いますけど、そのとき本当にもう必死な姿をさらしてアクションを起こしながら、

それでもちょっとずつ前に進んでいけるような、そんなバンドでありたいと思っています。

よろしくお願いします!

 

もう皆さんの中にはアクションを起こすのがすごい得意という人もいれば、なかなかこう躊躇して動けないでいる人ももちろんいると思いますけど、

今日はこのガイシホールに限って言えば、この2時間くらいの間に皆さんも、自分をさらけ出してね、心から楽しむ姿を見せるという素晴らしいアクションを全て見せてくれていますよ!

 

このLIVE-GYMに来なければ他には人に見せることのない姿だったかもしれないと思いますし、そう考えると本当に貴重なアクションを見せてくれたんじゃないかと思っています。

それを、見たボクらはすごい感動してるし、バンドやっててよかったなと思うし、

やっぱ名古屋いいなと!

 

なんで、みんな自分一人ひとりのアクションの中に、他の人を感動させる力が潜んでいるっていうことを絶対に忘れないでください。

 

今日みんなが見せてくれた素敵なアクションでボクら勇気と希望を一杯一杯いただきました。

本当に感謝してます。

どうもありがとう!

ここから曲が始まります。




これはまさに「ACTION」というアルバム、そして「光芒」という曲でB’zが伝えたかったことなんだと思います。

 

何かアクションを起こせば、必ず明日のためになる、そういうシンプルなメッセージなんですが、「ACTION」というアルバムの中でも音楽的に様々なタイプの曲にチャレンジしたB’zだからこそ、伝わるものがありますよね。

例えば、こんな曲が収録されています。

  • 黒い青春:ジャズ調
  • ONE ON ONE:普段使わないコード
  • 僕には君がいる:ギターサウンドが極端に少ない
  • なんという幸せ:1950年代のアメリカンポップスをイメージ
  • わるいゆめ:イントロのギターでサム・ピッキングを使用しているのが今までにない。また、ジャズ調でもある
  • HOMETOWN BOYS’ MARCH:シャッフル系
  • 光芒:大サビがある

「17曲収録」という大きなアルバムですが、LAに楽曲制作に行ったにもかかわらず1曲も完成せず帰国してしまったらしいです。

松本さんも「こんなに曲作りがうまくいかなかったのははじめて。とてもショックだった」と語っています。

 

そんなB’z 16枚目のアルバム「ACTION」、良曲づくしです!!

 

ライブ映像が見たい方は、ライブDVDも出ています!

 

きしん
よければ、Twitternoteも見て下さい!



コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください