ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。


ジブリの実写映画化作品が知りたい!

という方に向けて、書きました。

数は多くないですが、ジブリのアニメ映画から実写化された作品はいくつかあります。

今回は、ジブリの実写映画化作品をまとめます。(まとめるほど多くない)





ジブリ映画の実写化作品

出典:ジビエなジブリがいっぱいの春とクマのカントリーロードごはんとアキない居酒屋キュイジーヌ

いまのところ「魔女の宅急便」と「風の谷のナウシカ」の2作のみです。

ジブリ実写化作品【1】魔女の宅急便(2014年)

ジブリ映画の実写化作品1作目は、2014年公開の「魔女の宅急便」です。

公開:2014年3月1日

キャスト:小芝風花、尾野真千子、広田亮平、筒井道隆、宮沢りえ

主題歌:倉木麻衣「Wake me up」

興行収入:5.3億円

 

【2】風の谷のナウシカ

ブラジルのクリエイターによって制作中の短編ファンムービーです。

映像作家のクリス・テックス(Chris Tex)さんを中心に、有志のクリエイターによって約4年間をかけて制作されました。

「宮崎駿、ジブリへの敬意を表すためだけに製作した」ということで、制作費用は実費負担で、完成後の動画もインタネット上で無料公開されるとのこと。

YouTube で、予告編が公開されているので、ぜひぜひ!

 ディズニーの実写化はあるのに、ジブリの実写化がない理由

最近の映画の王道パターンとしては「マンガや小説の実写映画化」が鉄板ですが、意外にもジブリ映画は実写化されません。

ディズニー映画の多くは、シンプルなラブストーリーであるのに対して、ジブリ映画はシンプルなストーリーに見えて、実は裏設定があったり、別の意味合いが含まれていたりします。

物語の解釈については都市伝説がいくつもたつくらいに複雑です。

そのため、これだけ難しいストーリーの映像化は困難をきわめるでしょう。

また、古くからの「ジブリファン」もたくさんいるので、下手に実写化をすると「期待感だけ高まって、タダの駄作だった」という失敗もしかねないので、制作する側もかなり慎重になってしまうのでしょう。

【キャスト予想】ジブリ映画、実写化するなら、誰?

ー執筆中ー

最後に



ジブリの実写映画化作品をお伝えしました。

いかがだったでしょうか。

【1】魔女の宅急便(2014年)

【2】風の谷のナウシカ(2019年)

ウィル

【Twitterも、随時更新中】

フォロー待ってます!→ウィルときしん@趣味ブロガー

ウィル

【YouTubeも、更新してるよ!】

チャンネル登録待ってます!→ ウィル【2浪新卒】



コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください