【要約】金持ち父さん貧乏父さんの内容まとめ【あらすじ & ポイント】


ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

「金持ち父さん貧乏父さん」のあらすじが知りたい!

という方に向けて、書きました。

「金持ち父さん貧乏父さん」と言えば、アメリカの大実業家ロバート・キヨサキが1997年に出版した大ベストセラーで、現代における「お金との上手な向き合い方」が余すことなく収録されています。

 

この本に書いてあることを100%再現することができれば、お金持ちになれることは確定するといっても過言ではありません。

それくらい、お金を増やすことの神髄がまとまっている一冊になります。

ただ、本著は300ページ近いボリュームの一冊になっているので、忙しい人にとっては中々読み切るのは難しいでしょう。

そこ今回は、「金持ち父さん貧乏父さん」の内容をサラッと5分で読めるくらいのボリュームでまとめます。





金持ち父さん貧乏父さんのあらすじ

 

「金持ち父さん貧乏父さん」では、主人公「僕」の2人の父さんを対照的に比較しながら描いていくことで、お金との向き合い方について勉強することができる。

一人はお金持ちの父さん、もう一人は貧乏な父さん。

2人の父さんは、どちらもそれなりに収入が高かったが、金持ちの父さんがお金に苦労することがなかったのに対して、貧乏父さんの方はと言えば一生お金に苦労した。

その2人にどうしてこれまでの差が出たかといえば「お金との向き合い方」がまったく違ったから。

やがて、僕は金持ち父さんの生き方を参考にするようになり、「お金との向き合い方」を学んでいくことになる。

ここでは、その内容を短くまとめていく。

「金持ち父さん貧乏父さん」の6つの命題

「金持ち父さん貧乏父さん」では、6つのメインテーマがある。

【1】金持ちはお金のためには働かない

【2】お金の流れの読み方を学ぶ

【3】自分のビジネスを持つ

【4】会社を作って節税する

【5】金持ちは金を作り出す

【6】お金のためではなく学ぶために働く

これらを踏まえて「金持ち父さん貧乏父さん」の核ともなる3つの考え方について学んでいく。

金持ち父さん貧乏父さんのポイント【1】ラッドレースからの脱却

「金持ち父さん貧乏父さん」では、労働者階級のラッドレースからの脱却を目標にしています。

ラッドレースとは「いつまで経っても楽にならない競争」のことです。

ハムスターの回し車を想像するとわかりやすいかもしれません。

あれは、ハムちゃんがどれだけ走っても、いる場所はわかりません。つまり、どこまで行っても自分は動いていないんです。

「金持ち父さん貧乏父さん」では、そういう状態をよしとしません。

がんばった分だけ、自分にリターンのあることをすべきだとしています。

そういう観点から見れば、会社員というはたらき方は、いわば「ラッドレース」のようなもので、自分の功績はすべて会社の利益に帰属するのであって、自分そのものに直接なにかをもたらすものではありません。

仕事中に作ったものは、会社のもの。仕事をして得た信頼は、会社の信頼。全部、会社に奪われているといっても過言ではありません。

金持ち父さん貧乏父さんのポイント【2】お金に仕事をさせる

「金持ち父さん貧乏父さん」では「資産」「負債」を明確に区別しています。

● 資産 = 自分の懐にお金を入れてくれる

● 負債 = 自分のポケットからお金をとっていく

「消費」「投資」のような違いです。

● 消費 = 使ってそれっきり

● 投資 = 未来の自分を助ける

消費はただお金を使うことですが、投資は将来の自分を助けます。自分への投資と言ったりしますよね?

負債ではなく、資産を増やし、消費というよりは投資を増やしていくことで「お金が仕事をする」状態を作ることができます。

金持ち父さん貧乏父さんのポイント【3】自分のビジネスをもつ

「金持ち父さん貧乏父さん」では、労働者階級のラッドレースからの脱却するために「自分のビジネスを持つこと」の重要性を説きます。

自分のビジネスとは、自分が自ら作り出したお金もうけの仕組みのことで、お金もうけの主体は無論、自分になります。

例えば、会社員としてはたらく会社の仕事は、勤め先の社長の作ったビジネスの下ではたらいているのに過ぎないので、ビジネスそのものの主体は勤め先の社長になります。

あくまでお給料はお給料であって、自分のビジネスではないので、利益がそのまま自分の懐に入ってくるわけではありません。

これこそが「サラリーマンがラッドレースたる理由」でもあり、「金持ち父さん貧乏父さん」で脱却すべきであると定義する状態。

会社のビジネスに付き合うのではなく、自分のビジネスを持つ。

そのためには「活用する人間」ではなく「作り出す人間」にならなければならないとしています。

具体的に言うならば、何かを仕入れてそれを誰かに売る仕組みを作ったり、自分の創作物やサービスを作ってを誰かに売ったりするべきだということです。

まとめ

もう一度「金持ち父さん貧乏父さん」の内容をまとめると、以下になります。

労働者階級からの脱却 = 投資家 or 事業家

どんなにがんばっても一向に楽にならない「労働者階級のラッドレース」から解放されるためには、投資家になるか事業家になるほかありません。

【要チェック】行動しなくては、意味がない

最後に、「金持ち父さん貧乏父さん」の注意点を上げるとするならば、行動しなければ何も変わらないということ。

あくまで「金持ち父さん貧乏父さん」に書いてあることは理論であって、それを実際に行動に移さなくては意味がありません。(「知っているとできるは違う」というやつです。)

だから、この記事を読んだ人にも、何かしらのアクションを起こしてほしいと思います。

具体的にできることを、少しまとめたので自分の性にあったものを試してみてはいかがでしょうか。

● 事業家になる → 自分のビジネスを始める


●投資家になる→ お金にはたらかせる

 

最後に



をお伝えしました。

いかがだったでしょうか。



ウィル

【Twitterも、随時更新中】

フォロー待ってます!→ウィルときしん@趣味ブロガー

ウィル

【YouTubeも、更新してるよ!】

チャンネル登録待ってます!→ ウィル【受験・就活・副業】