【おすすめ】ダフトパンクの人気曲&名曲ランキングTOP10【ファン厳選】


きしん
こんにちは、ウィルときしんのきしんです

今回は

ダフトパンク(Daft Punk)人気曲が知りたい!

という方に向けて書きます。

エレクトロニクスを世界的に広めたアーティストですよね。

そんなダフトパンクの絶対おすすめなヒット曲ランキング形式でご紹介していきます。

手っ取り早く知りたいという方はApple Musicで最新ランキングをチェック!




【10位】Technologic|ダフトパンク 人気曲

 

曲の基本情報
  • 邦題:Technologic~先端論理
  • 発売年:2005年
  • 初出:3rdアルバム「Human After All」(邦題:原点回帰)
  • 収録アルバム:同上
  • タイアップ:
人気ポイント

ディスコ、ガレージミュージックを基調とした前作「Discovery」と大きく変わり、「Human After All」ではギターとエレクトロニクスの融合作品として進化した

 

【9位】Give Life Back to Music|ダフトパンク 人気曲

 

曲の基本情報
  • 発売年:2014年
  • 初出:4thアルバム「Random Access Memories」
  • 収録アルバム:同上
  • タイアップ:
人気ポイント

ギターにNile Rodgers(ナイル・ロジャース)が参加

 

【8位】Around The World|ダフトパンク 人気曲

 

曲の基本情報
  • 発売年:1997年
  • 初出:1stアルバム「Homework」
  • 収録アルバム:同上
  • タイアップ:
人気ポイント

「Around the world」という歌詞しか出てこない衝撃的な曲です。

MVでは5パターンの登場人物が5つの楽器の音色を表現しています。

  1. ロボット:歌声
  2. 長身アスリート:身体性と軽快な素早さは、アップダウンの激しいベースギターを象徴
  3. 水着を着たディスコガール:女性らしさは、高音キーボードを表現
  4. ガイコツ:ギターのラインに合わせてダンス
  5. ミイラ:ドラム

 

【7位】Lose Yourself to Dance feat. Pharrell Williams |ダフトパンク 人気曲

 

曲の基本情報
  • 発売年:2013年
  • 初出:4thアルバム「Random Access Memories」
  • 収録アルバム:同上
  • タイアップ:
人気ポイント

ボーカルとしてPharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)が参加

ファンクを基調とした小気味よいナイル・ロジャースのギターリフが特徴的です

 

【6位】Digital Love|ダフトパンク 人気曲

 

曲の基本情報
  • 発売年:2001年
  • 初出:2ndアルバム「Discovery」
  • 収録アルバム:同上
  • タイアップ:
人気ポイント

ギターの展開がカッコいい曲です

MVは松本零士が担当しました

 

【5位】Harder, Better, Faster, Stronger|ダフトパンク 人気曲

 

曲の基本情報
  • 邦題:仕事は終わらない
  • 発売年:2001年
  • 初出:2ndアルバム「Discovery」
  • 収録アルバム:同上
  • タイアップ:
人気ポイント

1単語ずつ音階を1オクターブ単位で上下するエレクトロニクスらしい曲です。

徐々に盛り上げて最高潮に持っていく手法が素晴らしいです

 

【4位】One More Time|ダフトパンク 人気曲

 

曲の基本情報
  • 発売年:2000年
  • 初出:シングル「One More Time」
  • 収録アルバム:2ndアルバム「Discovery」
  • タイアップ:
人気ポイント

テクノポップの名曲です

MVは松本零士担当

 

【3位】Get Lucky feat. Pharrell Williams|ダフトパンク 人気曲

 

曲の基本情報
  • 発売年:2013年
  • 初出:シングル「Get Lucky」
  • 収録アルバム:4thアルバム「Random Access Memories」
  • タイアップ:
人気ポイント

Pharrell Williamsがボーカルとして、Nile Rodgersがギターで参加した作品。

グラミー賞ではこの曲で「ベスト・ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス」を受賞した。

その授賞式ではPharrell、Rodgersに加え、Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)がボーカルとして参加した。

 

【2位】I Feel It Coming feat. The Weekend|ダフトパンク 人気曲

 

曲の基本情報
  • 発売年:2016年
  • 初出:The Weekendシングル「I Feel It Coming」
  • 収録アルバム:The Weekendアルバム「Starboy」
  • タイアップ:
人気ポイント

マイケル・ジャクソンのような美しいボーカルが特徴

 

【1位】Starboy feat. The Weekend|ダフトパンク 人気曲

 

曲の基本情報
  • 発売年:2016年
  • 初出:The Weekendシングル「Starboy」
  • 収録アルバム:The Weekendアルバム「Starboy」
  • タイアップ:
人気ポイント

芸能人の生活の贅沢さに警鐘を鳴らした曲です

 

【おまけ】Within|ダフトパンク 人気曲

 

曲の基本情報
  • 発売年:2013年
  • 初出:4thアルバム「Random Access Memories」
  • 収録アルバム:同上
  • タイアップ:
人気ポイント

ダフトパンクとしては静かな曲調だが染み入るテクノボイスの歌唱がよい!

私きしんイチオシの一曲

 

 

ダフトパンクをまとめて聴くなら「Random Access Memories」がオススメ!

 

今回ご紹介したランキングからは以下の曲が収録されています!

「Random Access Memories」に収録の人気曲
  1. Give Life Back to Music
  2. Lose Yourself to Dance
  3. Get Lucky
  4. Within

 

ダフトパンク 人気曲ランキング作成方法

今回の人気ランキングは、Apple Musicの2019年6月26日付けの人気曲ランキングに基づいています。

Apple Musicなら、定期的に再生数などに基づいて更新されるランキングをチェックできますよ。

 

ダフトパンクをおトクに聴くならApple Musicがオススメ

https://music.apple.com/jp

気になるアーティストがいても、どの曲から聞けばいいのか迷ってしまいませんか?

TSUTAYAで借りてみたり、YouTubeで聴いてみたり、といろいろ方法はあります。

しかし、TSUTAYAは借りに行ったり返したりが面倒です。

また、YouTubeもない曲があったり、ネット環境でないと聞けなかったりして不便ですよね。

 

そこでApple Musicがおすすめです。

 

Apple Musicなら、月額980円5000万曲以上が聴き放題です。

しかも、初回は3ヶ月間無料!!

気になったときにすぐに聴けますし、1度ダウンロードすればオフライン環境でも再生できます。

 

http://amass.jp/80908/

2019年現在、ダフトパンクの楽曲もApple Musicで配信されています。

 

ちなみに、Apple Musicの使い心地が気になる方はこちらがおすすめです。

Apple Musicを1年間使ってみた感想~メリットとデメリットを踏まえて

Apple Musicを1年間使ってみた感想~メリットとデメリットを踏まえて

2018.01.31

 

Apple Music以外のストリーミングアプリも比較したいという方はこちらがおすすめです。

【2019年最新】音楽ストリーミングアプリ全13個比較【人気ランキング】

【2019年最新】音楽ストリーミングアプリ全13個比較【人気ランキング】

2018.07.11

 

ダフトパンクとは【素顔・ヘルメット・松本零士とのコラボ】

http://amass.jp/80908/

Daft Punk(ダフトパンク)はフランス出身のエレクトロデュオです。

1999年9月9日9時9分にコンピューターがバグを起こし、機材が爆発する事故に遭い重症を負ったため、サイボーグになったということになっています。

ダフトパンク 名前の由来

「daft punk」は「マヌケなパンクロック」という意味です。

これはもともとダフトパンクのメンバーが「Darlin’」(ダーリン)というパンクロックのユニットとして活動していた頃の出来事に由来します。

2人が制作したダーリンの楽曲「Cindy So Loud」に対して、イギリスの音楽誌「メロディーメーカー」が酷評し、「a daft punky thrash」(マヌケなパンクロックが鞭打たれているようだ)とコメントしたことが由来になっています。

こちらが実際の紙面です。

https://moto-neta.com/foreign-music-band/daft-punk/

2人がこれを気に入り改名、その後ジャンルをパンクロックからエレクトロへ変更したため、パンクという名前がついているエレクトロデュオとなっています。

 

ダフトパンク メンバー

  • トーマ・バンガルテル(Thomas Bangalter)

https://www.factmag.com/2018/10/29/thomas-bangalter-riga-take-5/

目の部分にだけ窓がある銀色のマスクを被っています。

 

  • ギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト(Guy-Manuel de Homem-Christo)

https://consequenceofsound.net/2015/05/daft-punks-guy-manuel-de-homem-christo-revives-le-knight-club-listen-to-new-song-the-fight/

顔の部分全面に窓が付いている金色のマスクを被っています。

 

ダフトパンク 秘密の素顔は?

ダフトパンクの素顔は公開されていません。

しかし、Darlin’時代の写真とされるものがネット上に出回っており、これが素顔だと言われています。

http://amass.jp/62263/

左がギ、右がトーマと記載もありますね。

 

ダフトパンクと松本零士のコラボ

ダフトパンクの2人は「銀河鉄道999」や「宇宙戦艦ヤマト」などで有名な漫画家・松本零士の大ファンです。

 

 

https://matome.naver.jp/odai/2146441002044914001/2146444212770641803

それがきっかけとなり、大ヒットした「One More Time」のMVは松本零士によって手がけられました。

また、アニメ映画「インターステラ5555:THE 5TORY OF THE 5ECRET 5TAR 5YSTEM」でも同時にコラボが実現。

 

「インターステラ5555」は前述の「One More Time」を始めとするダフトパンクの2ndアルバム「Discovery」の楽曲14曲で構成されており、アニメーションは松本零士です。

「インターステラ5555」はセリフのないストーリー進行で、楽曲に合わせて話が展開していきます。

あらすじとしては、太陽系の外の惑星に住む青い肌をした4人がロックバンドとして活動しているところからスタート。

しかし、4人はダークウッド伯爵に拉致され地球に連れてこられてしまいます。

さらに、THE CRESCENDOLLS(ザ・クレッシェンドールズ)としてデビューさせられてしまいます。

皮肉にもバンドは地球で成功を収めますが、ダークウッドは地球と宇宙を支配する力を得ようと企んでいる、という一風変わったストーリーです。

 

 

きしん
よければTwitternoteも見て下さい!



コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください