【名言集】嫌われる勇気の名言まとめ【アドラー心理学】


ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

嫌われる勇気の名言が知りたい!

という方に向けて、書きました。

嫌われる勇気といえば、オーストリアの心理学者アルフレッド・アドラーのアドラー心理学の内容をまとめた本で、2013年に出版されて以来、国内250万部・全世界で500万部の大ヒットを記録したベストセラーです。

アドラーは、フロイト、ユングと並んで「心理学の三大巨頭」とも称される世界的権威。

「嫌われる勇気」の名言を見ていくことで、アドラー心理学とは何なのかについてより深く知りことができます。

そこで今回は、嫌われる勇気の名言まとめをお伝えします。





アドラー心理学「嫌われる勇気」の要約

嫌われる勇気の名言をまとめる前に、アドラー心理学の根幹ともいえる3つの考え方についてまとめます。

この3つの考え方を理解することで、アドラー心理学とな何たるかについてより理解しやすくなります。

アドラー心理学「嫌われる勇気」の要約【1】原因論の否定

原因論とは、その名の通り「ある結果には、必ずその原因がある」という考え方です。

例えば、仕事でミスをして上司から叱られたとき「上司に叱られたから、仕事のモチベーションが落ちた」と考えるのが原因論。

一方、アドラーが推奨するのは、目的論。

「ある結果には、それを実現したい目的がある」という考え方。

先の例でいえば「仕事のモチベーションが落ちているのは、上司から叱られたからでもなんでもなく、仕事がしたくないから」と考えるのが、目的論になります。

アドラー心理学「嫌われる勇気」の要約【2】課題の分離

アドラー心理学では「他人がするべきことは他人に任せて、自分がするべきことに集中すべき」だと考えます。

これが「課題の分離」という考え方です。

他人の課題は他人の課題、自分の課題は自分の課題。読んで字のごとく、各人の課題を分離します。

例えば、宿題をしない子どもがいたとして「勉強しなさい!」というのが親の課題だとしても、ほんとうに勉強するかどうかは子どもの課題だということ。

子どもが勉強するように親がリードするのは勝手だが、勉強をするかどうかを決めるのはまぎれもなく、子ども本人だということです。

アドラー心理学「嫌われる勇気」の要約【3】賞賛の否定

アドラー心理学では、他人をホメることを否定します。

わかりやすく言えば、「すごいね」ではなく「ありがとう」と伝えること。

他人をホメるのはではなく、他人に感謝するべきだとしています。

なぜなら他人をほめると、ほめられた方は「もっとホメてもらいたい!」と思ってしまうから。

承認欲求を悪とするアドラー心理学の立場からすれば、他人の承認欲求を呼び起こす行為は、悪。

ホメるのはではなくて、感謝することによって、お互いにとって気持ちがいい関係かつ建設的な関係を築くことができるとしています。

アドラー心理学「嫌われる勇気」の名言

それでは、嫌われる勇気の名言をまとめます。

アドラー心理学「嫌われる勇気」の名言【1】トラウマは存在しない

アドラー心理学では「原因論の否定」という大きなテーマがあり、過去からの行動の逆算を否定します。

つまり「過去こういうことがあったから、いまの自分がこうであるのは仕方ない」と考えることをよしとしないということ。これら一切は、言ってしまえば「言い訳」だと言い放ちます。

トラウマに話を置きかえるなら「〇〇がトラウマになっていて、××できない」というのは、ただの言い訳。

アドラー心理学が推奨するのは、原因論ではなくて目的論。

目的論では「〇〇になりたいから、△△している」と考える。

こう考えることによって、視点は常に「今」に注目することになるので、過去のトラウマは勘定には入りませんね。



アドラー心理学「嫌われる勇気」の名言【2】あなたの不幸は、あなた自身が「選んだ」もの

アドラー心理学では目的論を全肯定するので、いまある現実は自分が望んで手にいれた現実であると考えます。

いま自分が置かれている境遇は、自分が選択してきた人生の産物だというわけです。

一方で「それじゃ、生まれのいい人はズルいじゃないか!」「生まれた家庭のレベルで、人生の幸福度は違うだろ!」という意見に対しては「そこは考えても仕方がない」と突っぱねます。

事実、目的論はいつどこを切り取っても始点となるのは「いまこの瞬間」なので、過去のことを話題に上げても仕方がないのです。

生まれがよくなかったなら、いまどうしたいと考えるか。いまある不満は、どう乗り越えていくか。

いま自分が不幸だとして、その状態を放っておいているとしたら、それは「人生に対する己の怠慢」であると断然するわけです。



アドラー心理学「嫌われる勇気」の名言【3】人は常に「変わらない」という決心をしている



アドラー心理学「嫌われる勇気」の名言【4】非を認めることは「負け」じゃない

アドラー心理学では「人生は、他者のと競争ではない」と考えます。

競うのではなく、仲間をつくる。

 

最後に



嫌われる勇気の名言まとめをお伝えしました。

いかがだったでしょうか。

【1】トラウマは存在しない

【2】あなたの不幸は、あなた自身が「選んだ」もの

【3】人は常に「変わらない」という決心をしている

【4】非を認めることは「負け」じゃない

「アドラー心理学の内容を、より詳しく深掘りしたい」という方は、実際にこの本を手にとって一読してみることをおすすめします。

 



ウィル

【Twitterも、随時更新中】

フォロー待ってます!→ウィルときしん@趣味ブロガー

ウィル

【YouTubeも、更新してるよ!】

チャンネル登録待ってます!→ ウィル【受験・就活・副業】