Official髭男dism オススメ曲ランキング~今旬のアーティスト~

こんにちは、ロック好きのきしんです。

今日はOfficial髭男dism(ひげだん)のオススメ曲をご紹介したいと思います。

”続きを読む”




Official髭男dismとは

「オフィシャル ヒゲ ダンディズム」と読むのですが、この人たち、みんなヒゲは生えていません。

今でも意味不明なのですが、音楽はとてもいいのでオススメです!

バンドの特徴としては、ポップに近い聞きやすいメロディのロックと、ボーカルの伸びやかな高音です。

熱唱系というところではB’zが好きな方にはかなり気に入って頂けるのではないでしょうか?

このボーカルめっちゃ歌上手いですよ!

このバンド、絶対もっと売れると思います。

以前ライブに行ったときに確信しました。

【感想】Official髭男dism one-man tour 2017 -winter- 12月8日 @赤坂BLITZ

2017.12.10

 

それではオススメ曲ランキングをお送りしたいと思います。

ひげだんオススメ曲ランキング

1位 犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!

まず一番のオススメ曲はこちら『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』

要するに下らないこと言い合って、、「ずっと一緒にいよう」というツンデレな曲です。

ノリがよくて最初に聴くには一番です。

 

2位 異端なスター

そして次はこちら『異端なスター』

イケメンでもないし、面白くもないけど、不器用に愚直に有名になりたい!という野望を抱いた曲です。

背中を押してくれます。

ボクの元気ソングです。

 

3位 Tell Me Baby

ひげだんのブラックミュージック好きが思う存分出ている曲で、この曲が一番カッコイイと思います。

思わずヘドバンしてしまいます。

 

 

4位 ノーダウト

コンフィデンスマンJPの主題歌として大抜擢されたこの楽曲。

実はひげだんのメジャーデビューシングルで、メジャーデビューアルバム「エスカパレード」発売日に、突如発売されました。

騙し合いがテーマのドラマ主題歌なので、ファンをも騙して発売というジョークなんでしょうね。

ノリのよさは「Tell Me Baby」に通じるものがあり、アメリカンポップをうまくJ-ROCKと組み合わせたような完成度です。

 

 

5位 ブラザーズ

ライブに行った時は、これがすごく楽しかったですね!

両手をあげて、左上に出して、引っ込めて、次は右上、引っ込めてというのをサビでみんなで繰り返すのですが、それがなんだか恥ずかしくも楽しくて一体感がありました。

 

 

6位 115万キロのフィルム

2018年4月発売の最新アルバムより、ご紹介します。

ストーリー性があって、メロディもキャッチーです!

 

 

7位 55

これもブラックミュージックの流れを感じるオシャレな曲です。

マイケルジャクソンとか好きな方はきっと合うと思いますよ!

 

 

8位 Trailer

“Trailer”は”レポート”の最後に収録されている曲で、夕暮れのような雰囲気のしんみりした曲です。

ひげだんはこういうのも作れます!

 

 

9位 Rolling

「OH YEAH!!」と始まって、ライブでメチャクチャ盛り上がります。

この明るい雰囲気は若いからこそって感じですよね。

ミスチルとかB’zにはこんなみずみずしさはもうないですよ。

 

 

10位 発明家

「はーつめーいかー けーんきゅーせーいかー」という韻が心地よくも面白い曲です。

この韻を生み出した彼こそ発明家ですよ。

 

 

 

11位 What’s Going On?

教会の鐘の音から始まる曲です。

これは”犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!”もそうですが、このサウンドを使うのにひげだんは長けてますよね。

しんみりしたところから盛り上がるいい曲です!

 

 

 

いかがでしょうか。

私もまだ聴き始めですが、いい曲がたくさんありますよ!

ご紹介しているひげだんの曲はすべてアップルミュージックで聴くことができます!

3ヶ月の無料お試し期間もあるのでオススメですよ!

 

関連記事

Official髭男 バンド名の由来・結成のきっかけは?《実は金融マンだった!?》

2018.05.06

Official髭男dism メンバーの年齢や出身大学は?《ひげだん4人を徹底解説!》

2018.05.09

 

”折りたたむ”



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください