自由の値段~正社員とフリーターの生涯賃金の差~

▼投稿をシェアする▼

どうも、4月から新入社会人のウィルです。

就活をしていると「もういっそのこと就職しなくてもいいんじゃないか」という考えにいたる時もたまにあります。

これだけ苦労して就職した会社で働いて楽しく生きられる保障はあるのかと考えたりします。

しかし、僕たちのそんな思いとは裏腹に現実は厳しいということを知ったので共有します。

今回は、自由とお金にまつわる話。

正社員とフリーターは6000万も給料に差がある

時間は有限」「Time is money.」とはよく言いますが、時間をお金に換算したらどうなるのでしょうか。

リクルート・リサーチ(1999年)によると、

高卒で正社員入社した人が40歳までに稼ぐ総賃金は「1憶3963万円」であるのに対し、

18歳~34歳までフリーターで過ごし35歳から正社員就職した人が40歳までに得る総賃金は「7812万円」となっております。

一生で約6000万円もの差が生まれてしまうのです。

恐ろしや……

自由を得る対価は大きいということです。

大学生のバイトにしても、朝1時間早く起きてバイトをしていた人はそのまま寝ていた人より1000円多くお金を持つことになります。

これが1年間続けば、36万5000円。

時間の持つ価値って、とても大きく思います。

なので、私は朝から夕方までは必至に働いて、余った時間でブログやアプリ開発に勤しんでおります。

自分が1時間を使って作り出すものに1000円以上の価値があるとは思えません。



関連記事

就活って結局どうなの?【どう動くべきか編】

意外と知らないクレーンゲーム業界の表側

意外と知らないタクシー業界の表側

意外と知らない人材業界の表側

大学3年生の内から就活で好スタートを切る

【就活で好スタートを切る】合説で交通費としてクオカードがもらえる仕組み

【就活で好スタートを切る】就活を始める3年生は、まずみん就に登録して掛かってくる電話にすべて出よう

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。

→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨