ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

おすすめの洋画ホラー・スリラー映画が知りたい!

という方に向けて、書きました。

「こわい映画が見たい」「ドキドキを味わいたい」という方におすすめ。

今回は、おすすめの洋画ホラー・スリラー映画27選をお伝えします。

ホラー映画好きの人はぜひ参考になさってください。


【要チェック】

洋画ホラー・スリラー映画見るなら「Amazon Primeビデオ」で!

Amazon Prime会員になれば、話題の洋画ホラー・スリラー映画が見放題。

 




目次を開く/閉じる

【邦画】ホラー・スリラー映画 おすすめ17選【2019年最新】

さっそくですが、おすすめの洋画ホラー映画はこちら!

おすすめの洋画ホラー映画

【1】パラノーマル・アクティビティ

【2】IT / イット ”それ” が見えたら、終わり。

【3】アナベル

【4】saw

【5】エクソシスト

【6】シャイニング

【7】シックスセンス

【8】チャイルドプレイ

【9】ライトオフ

【10】エスター

【11】ジョーズ

【12】アナコンダ

【13】ファイナル・デッドブリッジ

【14】バイオハザード

【15】死霊のはらわた

【16】羊たちの沈黙

【17】13日の金曜日

【18】REC

【19】ミスト

【20】サイコ

【21】イットフォローズ

【22】シークレットウィンドウ

【23】ミスタータスク

【24】ディセント

【25】ペット

【26】インシディアス

【27】ドント・ブリーズ

一人ずつ見ていきましょう

【要チェック】

ヒューマンドラマ映画見るなら「Amazon Primeビデオ」で!

Amazon Prime会員になれば、話題のヒューマンドラマ映画が見放題。

 

おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【1】パラノーマル・アクティビティ

おすすめ洋画ホラー・スリラー映画1コ目はパラノーマル・アクティビティです。

平凡な一軒家で幸せに暮らす若いカップル。しかし毎晩寝付いた後に家の様子がいつもと変わっていることに気づく。少女の頃から不可思議なことが起こり続けているケイティは、その原因が自分にあるのではないかと感じていた。彼女の恋人であるミカは自分達の家に起こっている“何か”を突き止めるため、生活の一部始終をビデオカメラで撮影することにする。真夜中、2人が眠りについた後、何か起きているのか―。ビデオには衝撃の映像が映っていた・・・。

洋画ホラーの決定版。

映像のカット割りも新鮮で、ホームビデオ風に撮影されたところも他のホラー映画とは一味ちがったところですね。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【2】IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

おすすめ洋画ホラー・スリラー映画2コ目はIT/イット “それ”が見えたら、終わり。です。

“それ”は、ある日突然現れる。一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。

元々は1990年に公開された同タイトルの映画が、2017年にリメイクされました。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【3】アナベル

おすすめ洋画ホラー・スリラー映画3コ目はアナベル 死霊館の人形です。

全世界が最も戦慄した『死霊館』の前には実在する呪われた人形〈アナベル〉の物語があった。

死ヌマデ、遊ンデ。『死霊館』に登場した恐怖の人形の誕生秘話が、今ここで明かされる。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【4】saw

おすすめ洋画ホラー・スリラー映画4コ目はSAW ソウです。

老巧化したバスルームに横たわり、足首には鋼鉄の鎖、対角線上にはもう一人の男、そして間には自殺死体…という理解不能な状況におかれた二人の男と、連続殺人犯を追う刑事を描いた、恐怖の限界に挑むソリッド・シチュエーション・スリラー第1弾。

いわゆるシチュエーションホラーというジャンルの映画になります。

シチュエーションホラー映画とは

あるシチュエーションに立たされた登場人物がいかにして、その危機的状況を打開していくかを描いた映画。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【5】エクソシスト

2019年おすすめの洋画ホラー映画5コ目はエクソシストです。

12歳の少女リーガンに取り憑いた悪魔を抹殺すべく、エクソシスト(悪魔祓い師)の想像を絶する闘いが始まる。’73年公開時に世界中を大パニックに陥れたオカルト映画の最高峰が、27年の眠りから目覚め、復活。

悪霊と悪罵払いの話。

ほかのホラー映画と決定的にちがうところは、話の中心になるのが幽霊ではなくて悪魔であるというところ。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【6】シャイニング

2019年おすすめの洋画ホラー映画6コ目はシャイニングです。

ジャック・トランスは、妻と息子と共に優雅なオーバールック・ホテルを冬季管理人として訪れたことから物語は始まる。トランスはこのホテルを訪れたことはないはずなのだが ― 果たして?その答えは、狂気と殺戮が渦巻くこの場所にある。

いわゆる、サイコスリラーと呼ばれるジャンルの作品。

サイコスリラー

「人間の狂気」に焦点をあてたホラー映画。快楽殺人鬼やサイコパスが登場する。

殺すか、殺されるか。幽霊や心霊現象を扱ったホラー映画とはまたちがったドキドキがあります。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【7】シックスセンス

2019年版おすすめの洋画ホラー映画7コ目はシックスセンスです。

小児精神科医マルコム・クロウは、長年、子供たちの“心の病”の解決に人生を捧げ、第一人者として活躍してきた。しかし、10年前に治療したビンセントという少年の事件が、マルコムの心を傷つけ、そのために、彼と最愛の妻アンナとの間には深い溝ができ、人生に絶望していた。

そんなマルコムが、今回、手掛けることになった8才のコール少年は、彼に過去の苦い経験を思い起こさせたる・・・自殺したビンセントの症状に酷似しているのだ。コールはひどく怯え、母親リンにさえ何も話せず、1人で苦しんでいた。かたくなに心を閉ざすコールを説得して、やっと打ち明けられた驚くべき“事実”。コールを救うため全力を尽くすマルコムの前に、化学では説明のつかない「何か・・・」の存在が、しだいにその全貌を明らかにしていくのだった・・・。

ダイハードで有名なブルース・ウィルスの数少ないホラー映画出演作品。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【8】チャイルドプレイ

おすすめ洋画ホラー・スリラー映画8コ目はチャイルドプレイです。

刑事に追われ、逃げ込んだ玩具店で最期を悟った殺人鬼は、傍らにあった人形を引き寄せ、不気味な呪文を唱え出した。やがて彼は壮絶な死を遂げる。数日後、6歳になったアンディは誕生日に母親から言葉を話す人形を贈られる。しかし、チャッキーと名乗るその人形には、あの殺人鬼の邪悪な魂が宿っていた!

元祖・人形系スリラーです。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【9】ライトオフ

2019年版おすすめの洋画ホラー映画9コ目はライトオフです。

レベッカはある日、離れて暮らす幼い弟から思いもよらない話を聞かされる。「電気を消すと、何かが来る。」“それ”は一体何なのか?なぜ彼女たちを襲うのか?やがてレベッカたち家族に隠された恐ろしい秘密が明らかになる時、史上最恐の一夜が幕を開ける―!



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【10】エスター

2019年版おすすめの洋画ホラー映画10コ目はエスターです。

赤ん坊を死産して悲嘆に暮れるケイト(ベラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)。
その悲劇はふたりの結婚そのものを揺るがすだけでなく、悪夢にうなされ、つらい過去に悩まされるケイトのもろい神経にも打撃を与えている。
表面だけでもなんとか普通の生活に戻そうと必死の夫婦は、養子を迎えることを決意。
そして訪れた地元の孤児院で、彼らはなぜかエスター(イザベル・ファーマン)という名の1人の少女に惹きつけられる。
だが、引き取ったあとでエスターの本性に気づき始めたケイトは、家族の身の安全を守るため、ジョンたちにエスターの愛らしい外見の裏に何が隠されているのかを知らせようとする。
しかし、彼女の必死の警告は聞き入れられないまま時間が過ぎていき……。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【11】ジョーズ

2019年版おすすめの洋画ホラー映画11コ目はジョーズです。

動物系ホラーの決定版。

この映画を観てから、海に行って足がつかないくらいの深さまでいくと「もしかしたら、サメに襲われるんじゃないか、、」と若干の恐怖心をいだくようになりました。

(まぁ、めったなことではサメはそんな浅瀬には来ませんが、、)



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【12】アナコンダ

2019年版おすすめの洋画ホラー映画12コ目はアナコンダです。

不老の秘薬を求め、利権に群がる人間たちが密林に足を踏み入れた。それが阿鼻叫喚の蛇地獄の始まりとも知らずに…。触れてはならない聖域を犯してしまった彼らに待ち受けていたのは、おびただしい数の邪悪な生き物。欲が渦巻きお互いが疑心暗鬼になる中、容赦なく人間を飲み込んでいくアナコンダ。果たして生き残れるのは誰なのか?−すぐそばにアナコンダは潜んでいる。

サメの次は、ヘビ。

ジョーズを並んで、一二を争う動物系ホラー映画。ジョーズ派、アナコンダ派に分かれますね。

どこから出てくるのか全く予想がつかないので、終始ドキドキが止まりません。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【13】ファイナル・デッドブリッジ

2019年版おすすめの洋画ホラー映画13コ目はファイナル・デッドブリッジです。

会社でチャーターしたバスで遭遇した、巨大吊り橋の崩落事故。直前、事故のヴィジョンを見ていたサムの予見を信じた8人だけが生き残った。だが彼らは、犠牲者の葬儀に現れた謎の男から「死神は決して騙されない」と宣告を受け、運命のリベンジがスタートする。迫りくる死の運命から逃れる、生き残るためのルールとは!?

大人気、ファイナルデスティネーションシリーズ。

ファイナルデスティネーションシリーズ作品一覧

予知夢によって、悲惨な死を免れるも、死の運命からは逃れられない登場人物を描く。

【1】ファイナル・デスティネーション

【2】デッドコースター

【3】ファイナル・デッドコースター

【4】ファイナル・デッドサーキット 3D

【5】ファイナル・デッドブリッジ

毎回、工夫をこらした死に方の連発を楽しめます。(ちょっと無理矢理なところはありますけどね、、)



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【14】バイオハザード

2019年版おすすめの洋画ホラー映画14コ目はバイオハザード:ザ・ファイナル です。

人工知能レッドクイーンとの戦いに敗れ、瓦礫の中で独り目を覚ましたアリス。そんな彼女の前に廃墟のコンピューターを通じてレッドクイーンが現れ、48時間以内に人類は滅びること、そしてそれを食い止める方法を告げる。敵からの思いがけない言葉に半信半疑のまま、アリスはラクーンシティへと向かう。 滅亡へのタイムリミットが刻一刻と迫る中、命を捨てて最後の戦いに身を投じるアリス。やがて明らかになる、彼女にまつわる重大な秘密とは?想像を絶するファイナル・ファイトの果てに見えるのは、希望か、それとも絶望か……!?

バイオハザードなしには、ゾンビ映画は語れません。史上最強のゾンビ映画。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【15】死霊のはらわた

2019年版おすすめの洋画ホラー映画15コ目は死霊のはらわたです。

森の別荘で楽しい休暇を過ごそうとやって来たアッシュら5人の若者たち。 地下室で偶然見つけた「死者の書」という古文書とテープレコーダーを見つけた。そこに録音されていた音声は、森に封じ込められていた悪霊を蘇らせてしまう呪文でだった!!復活した邪悪な死霊が次々と復活し、不死の怪物と化した悪霊が若者たちに次々と取り憑き、その姿をおぞましいゾンビに変えてしまうのだ。アッシュは果敢にも立ち向かうのだが…



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【16】羊たちの沈黙

2019年版おすすめの洋画ホラー映画16コ目は羊たちの沈黙です。

女性を誘拐し、皮を剥いで殺害する連続殺人事件の捜査を任命されたFBI訓練生のクラリス。彼女に与えられた任務は9人の患者を惨殺して食べた獄中の天才精神科医レクター博士に協力を求め、心理的な面から犯人に迫ることだった。レクター博士は捜査に協力する代償に、彼女自身の過去を語らせる。息詰まる心理戦の果てに導き出された答えとは──?

「シャイニング」と同じく、サイコスリラーと呼ばれるジャンルの作品。

サイコスリラー

「人間の狂気」に焦点をあてたホラー映画。快楽殺人鬼やサイコパスが登場する。

ヒロインに、若き日のジョディ・フォスターが起用されているのもおすすめポイント。美人すぎて、目からうろこです。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【17】13日の金曜日

2019年版おすすめの洋画ホラー映画17コ目は13日の金曜日です。

 

おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【18】REC

2019年版おすすめの洋画ホラー映画18コ目はRECです。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【19】ミスト

2019年版おすすめの洋画ホラー映画19コ目はミストです。

のどかな田舎町を突如襲った正体不明の“霧”。
それが街を包んでいく中、身動きが取れずスーパーマーケットに取り残された人々。
その中にはデヴィッドと息子ビリーもいた。霧の中には“何か”がいる。次第に明らかになっていく戦慄の事実の数々。
生き残るためには、店内の人々が団結する他に術はない。
しかしデヴィッドと彼の賛同者たちは、霧の中に潜むこの世のものとは思えない恐ろしい生物の群れと戦うと同時に、
狂言的なミセス・カーモディ率いる店内の人々とも対峙しなければならなかった。
そんな中、かすかな希望を抱いて最終決断をするデヴィッドたちに待っていた驚愕の結末とは?

ラストのあっけなさも印象的な映画ですね。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【20】サイコ

2019年版おすすめの洋画ホラー映画20コ目はサイコです。

会社の金を横領したマリオンは、旧道沿いの寂れたモーテルを一夜の宿に選ぶが…。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【21】イットフォローズ

2019年版おすすめの洋画ホラー映画21コ目はイットフォローズです。

19歳のジェイは男と一夜をともにするが、その後、男が豹変。縛り付けられたジェイは「“それ”に殺される前に誰かにうつせ」と命令される。
“それ”は人にうつすことができる。
“それ”はうつされた者にしか見えない。
“それ”はゆっくりと歩いて近づいてくる。
“それ”はうつした相手が死んだら自分に戻ってくる。
そして、“それ”に捕まったら必ず死が待っている。
果たしてジェイは、いつ、どこで現れるかわからない“それ”の恐怖から逃げきることが出来るのか―。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【22】シークレットウィンドウ

2019年版おすすめの洋画ホラー映画22コ目はシークレットウィンドウです。

ミステリー作家のモートのもとにシューターという男が現れ、モートに「俺の小説を盗作したのだから、俺の名前で出版しろ」と要求してきた。たちの悪いストーカーと判断したモートは相手にしなかったが、シューターが持ってきた原稿を見た彼は愕然とする。それは彼の『秘密の窓』という小説と酷似していたのだ。

主演は、ジョニー・デップ。パイレーツとはまたちがったジョニー・デップが見られますよ。



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【23】ミスタータスク

2019年版おすすめの洋画ホラー映画23コ目はミスタータスクです。

セイウチに執心する狂気の老人により、セイウチ人間に改造されてしまう男の運命を描く。

サイコパスな老人によって、セイウチ人間にされてしまった男の話。

「こわい」というより「おそろしい」と感じた映画でした。

両腕をはがれて、セイウチのカラダにされてしまうところは、まさに狂気。

ただ、あんまり詳しくは言いませんが、ラストシーンでは老人があまりにサイコパスすぎて笑ってしまうところもあります。(この設定自体、少しギャグですが、、)



おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【24】ディセント

2019年版おすすめの洋画ホラー映画24コ目はディセントです。

 6人の女たちが訪れた、地下数マイルに続く異世界。洞窟探検での偶然の事故が、すべての恐怖の始まりだった…。謎の壁画、無数の白骨、記された矢印。出口なしの地下3000メートルで体験する絶対恐怖!ノンストップの絶・体・絶・命!果たして彼女達が遭遇した想像を絶する出来事とは!?

おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【25】ペット

2019年版おすすめの洋画ホラー映画25コ目はペット 檻の中の乙女です。

動物保護センターで働く青年セス。
バスで偶然同級生だったホリーを発見し、声をかけるが彼女はセスを全く覚えておらず邪険にされてしまう。
悔しい思いをしたセスはSNSで彼女のことを調べ上げ、バイト先を突きとめ執拗に彼女に取り入ろうとするが、逆に馬鹿にされる始末。
思いつめたセスはホリーの家に侵入し待ちぶせ、帰宅した彼女を拉致し、自分の働く動物保護センター地下の檻の中に監禁。
状況把握もできないまま監禁されたホリーは下着1枚の姿で、ペットさながら飼育されることに。
飼い主気分を堪能していたセスだったが・・・。

 

おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【26】インシディアス

2019年版おすすめの洋画ホラー映画26コ目はインシディアスです。

ルネ(ローズ・バーン)と夫のジョシュ(パトリック・ウィルソン)は3人の子供たちと共に新居に引っ越してくる。ところが、引越し後間もなく、おかしな現象が起き始める。屋根裏から不審な音、勝手に配置が変わる物、赤ちゃん用のモニターから聞こえてくる謎の声。
そんな時、小学生の息子ダルトン(タイ・シンプスキン)が梯子から落ちて昏睡状態に陥ってしまう。家族はすぐにこの家から引っ越すが、既に見えない“何か”は家でなくジョシュたち家族を狙っていた・・・。
原因不明の昏睡状態のダルトンに医者もお手上げ状態に。霊媒師や牧師まで呼び出しルネとジョシュはあらゆる手を尽くしてみるが、状況は悪化の途をたどるばかりだった。
“何か”は着実に彼ら一家に近づきつつあった。”何か“の狙いとはいったい・・・?

おすすめ洋画ホラー・スリラー映画【27】ドント・ブリーズ

2019年版おすすめの洋画ホラー映画27コ目はドント・ブリーズです。

ティーンネイジャーのロッキー(ジェーン・レヴィ)は生活能力が全くない両親のもとから幼い妹を連れて逃げるための逃走資金を必要としていた。
そんな時、恋人のマニー(ダニエル・ゾヴァット)から、地下室に大金を隠しているとの噂される盲目の老人宅へ友人のアレックス(ディラン・ミネット)と3人で強盗に入る計画を持ちかけられる。
真夜中にそこへ忍び込み、孤独な盲目の老人(スティーヴン・ラング)から大金を手に入れるのはいとも簡単なはずだったが・・・。
そこにいたのは目は見えないが、どんな“音”も聞き逃さない超人的な聴覚を持つ老人・・・。
そして想像を絶する<異常者>だった。
寝室、キッチン、屋根裏、クローゼット、バスルーム・・・どこに逃げようが、ヤツは“音”を聞きつけものすごいスピードでやってくる。
家中の明かりを消され、逆にハンディキャップを与えられ、逃げ道を失った彼らだったが、なんとか老人に見つからず地下室までたどりつく。
そこで目にしたものはあまりにも衝撃的な光景。
ロッキーの悲鳴が鳴り響く・・・。
彼らはここから無傷で出られるのか・・・。

目の見えないサイコパスな盲目の老人と、暗闇で視界を失った強盗犯の生き残りの闘争を描く。

【提案】洋画ホラー・スリラー映画は、Amazon Prime で見まくろう

洋画ホラー・スリラー映画見るなら、断然「Amazon Primeビデオ」です。

Amazon Prime会員になれば、話題の洋画ホラー・スリラー映画が見放題。

Prime会員になるだけで動画は見放題なのが、魅力的すぎます。

最後に

おすすめの洋画ホラー・スリラー映画27選をお伝えしました。

【1】パラノーマル・アクティビティ

【2】IT / イット ”それ” が見えたら、終わり。

【3】アナベル

【4】saw

【5】エクソシスト

【6】シャイニング

【7】シックスセンス

【8】チャイルドプレイ

【9】ライトオフ

【10】エスター

【11】ジョーズ

【12】アナコンダ

【13】ファイナル・デッドブリッジ

【14】バイオハザード

【15】死霊のはらわた

【16】羊たちの沈黙

【17】13日の金曜日

【18】REC

【19】ミスト

【20】サイコ

【21】イットフォローズ

【22】シークレットウィンドウ

【23】ミスタータスク

【24】ディセント

【25】ペット

【26】インシディアス

【27】ドント・ブリーズ

いかがだったでしょうか。

【要チェック】

洋画ホラー・スリラー映画見るなら「Amazon Primeビデオ」で!

Amazon Prime会員になれば、話題の洋画ホラー・スリラー映画が見放題。

 

「邦画ホラーも好き」の方は「【2019年|日本の怖いホラー映画】おすすめ・人気の名作・傑作17コを紹介」という記事もおすすめです。

【邦画】ホラー・スリラー映画 おすすめ17選【2019年最新】

2018.08.31
[/aside]

【厳選】ソリッドシチュエーションスリラー映画15選|ハラハラドキドキが止まらない

2018.05.02

ウィル

【Twitterも、更新中】

フォローを待ってます!→ウィルときしん@趣味ブロガー

ウィル

【YouTube、やってます!】

チャンネル登録待ってます!→ ウィル【2浪新卒】



1 個のコメント

  • コメントを残す

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください