転職するタイミングまとめ~13個のシチュエーション別に解説


きしん
こんにちは、ウィルときしんのきしんです




転職するタイミング①|一般的な転職の場合

転職を決意するタイミング

予めまとめるとこちらのとおりです!

転職を決意するタイミングまとめ
  1. 会社や社長・経営陣の方針についていけないと感じたとき
  2. 会社の将来性に不安を感じたとき
  3. 自分が体調不良になってしまったとき
  4. 上司との人間関係がうまくいかないとき
  5. 他にやりたいことができたとき
  6. 給料・待遇に不満を持ったとき
  7. 勤務時間や休日に不満を持ったとき
  8. 評価に不満を持ったとき
  9. 結婚・出産があったとき
  10. 家族の介護が必要になったとき
  11. ヘッドハンティングを受けたとき
  12. 周囲の人が転職をしたとき
  • 会社や社長・経営陣の方針についていけないと感じたとき

会社の方針と自分が合わないと思った時に3つの解決策があります。

それは、会社を変えるか、自分の居場所を変えるか、もしくは我慢するかというもの。

我慢ができない状況でしたら、会社を変えるのは難しいことなので、自分1人が転職したほうが簡単に問題は解決します。

特に小さなベンチャーなどでは方針が経営者のそのときどきの考えでよく変わり、ついていけなくなってしまうことが多いです。

 

  • 会社の将来性に不安を感じたとき

会社との合う合わないを別として、会社の将来の雲行きが怪しければ転職の動機となりえます。

近年、飲食業界や印刷業界などは慢性的な不況に見舞われています。

そのような業界に勤めている方の他に、会社として問題を抱えていて業績や雰囲気が悪化していたり、合併、吸収などの話があったりすれば、会社を辞める理由になります。

 

  • 自分が体調不良になってしまったとき

体調不良は退職・転職を決意する理由として多いものです。

自分の身体は資本です。

もし体調を崩してもとに戻らないと転職時にも採用してくれる会社が減って苦労することになります。

そういう意味では体調を崩したら早めに転職するのがいいでしょう。

 

  • 上司との人間関係がうまくいかないとき

上司と仕事のやりかたが合わなくて摩擦が多いほど仕事でストレスになることはありません。

大きな会社や融通の利く会社ならば異動も可能ですが、それが難しければ転職することは多いです。

上司を改めさせようと思っても、上司のほうが社歴が長く、独特のやりかたを既成事実化されてしまっていたりすることが多いので、転職なしの解決は難しいです。

 

  • 他にやりたいことができたとき

転職する理由としてかなり多いのが「やりたいことができた」です。

もしかするとやりたいことが「できた」のではなく、「はっきりしてきた」のかもしれません。

いずれにせよ、仕事は自己成長するための1ツールなので、やりたいことがあって転職するのは自然なことです。

私もブログや副業にもっと時間を充てたくて転職しました。

 

  • 給料・待遇に不満を持ったとき

給料・待遇が見合っていなければ、他社で更に稼ぎたいのは自然なことです。

日本では、「武士は食わねど高楊枝」ということばがあるとおり、お金をあまりもらえなくても、質素さを美徳する価値観がありますが、これは世界的に見て稀有な例です。

自分の脳力に見合った待遇を得ようと思っても欲張りではありません。

 

  • 勤務時間や休日に不満を持ったとき

勤務時間が長すぎたり、休日が土日でないと、プライベートの予定が立てづらく、生活の質が下がってしまいます。

友達と遊ぶことも、恋人と会うことも制限されて、ストレスが知らずのうちに蓄積されていることもあります。

誰しも、ちゃんと休みたいですよね。

 

  • 評価に不満を持ったとき

自分が活躍しているのに他の人と同じ評価だったり、上司に気に入られている人が不当に評価を得ていたりすると、働くことがバカらしくなりますよね。

特に営業マンははっきり成績が分かれるので、それに見合った給料が得られないと不満の元になります。

 

  • 結婚・出産があったとき

近頃は結婚しても共働きが多いのであまり影響がありませんが、男性にせよ、女性にせよ、子供が生まれると家族を支えていくために給料の安定した会社を選択しなければなりません。

女性の場合は、子供の育児に専念できる休暇制度や福利厚生がある会社のほうが望ましくなります。

 

  • 家族の介護が必要になったとき

両親やきょうだいなど家族の介護が必要になると、早めに帰りやすかったり、病院への送り迎えで抜けやすかったりすることが非常に大事になります。

病気などの場合、急に抜けても大丈夫な仕事でないと困ってしまうので、もともと務めている会社で融通が利かなければ、転職をすることにもなります。

 

  • ヘッドハンティングを受けたとき

自分で会社をやめようと思わなくても、知人や先輩などに別会社に誘われることは往々にしてあります。

とりあえず面接を受けてみて、受かってしまったら、一度きりの人生なので新しいことにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

 

  • 周囲の人が転職をしたとき

意外と多いのが、同僚や友人など周囲の人の転職です。

これを期に、上司との不和や待遇の悪さなどが思い出されて転職することは多いです。

私も友人の転職をきっかけに、社会人2年目で転職ってアリなんだと思い、転職しました。

 

以上、転職を決意するタイミングでした。

まとめるとこちらです。

転職を決意するタイミングまとめ
  1. 会社や社長・経営陣の方針についていけないと感じたとき
  2. 会社の将来性に不安を感じたとき
  3. 自分が体調不良になってしまったとき
  4. 上司との人間関係がうまくいかないとき
  5. 他にやりたいことができたとき
  6. 給料・待遇に不満を持ったとき
  7. 勤務時間や休日に不満を持ったとき
  8. 評価に不満を持ったとき
  9. 結婚・出産があったとき
  10. 家族の介護が必要になったとき
  11. ヘッドハンティングを受けたとき
  12. 周囲の人が転職をしたとき

 

転職活動を始めるタイミング

転職活動を始めるタイミングは、退職するタイミングからの逆算で決めます。

キリがいいので4月の年度初めや1月の年初めに転職される方が多いのですが、今回は4月に転職で考えてみます。

また、前提として前職と転職先のしごとの合間を1ヶ月くらい空けて、充電期間に充てるとしましょう。

すると、3月はフリーター状態にすることになるので、2月末には前の会社を退職する運びとなります。

退職の1~2ヶ月前には上司に伝えなくては、引き継ぎなどの調整ができませんので、1月の初めには退職を上司に伝えたいところです。

転職先が決まってから退職を決めるほうが転職がうまくいくことが多く、一般的なため、転職先への内定はこの1月初めには決まっている計算になります。

すると、転職活動開始から内定までにどれくらいかかるのかという点が課題になりますが、具体的な会社にエントリーしてから1ヶ月あれば、何度かの面接をして転職は決まります。

時期的には、前年12月にはエントリーをしていることになります。

あとは、エントリーまでの期間として、エージェントに相談したり、どんな会社がいいか選ぶフェーズが2週間くらいあれば十分でしょう。

最終的に、4月に転職とすると、5ヶ月前の11月中旬には転職活動を開始すべきだとわかりました。

しかし、上記はかなりスケジュールに余裕を持った場合ですので、実際には転職活動開始から2~3ヶ月で転職することになることもあります。

確実に転職をしたければ5ヶ月前と思っておけば十分でしょう。

 

転職するのは何月か

上記の「転職活動を始めるタイミング」についての項目で書きましたが、基本的には仕事のキリがいいときに転職は頻発します。

具体的には事業方針や組織体制が一新される4月、他には税金の手続きなどが一区切りする1月が多いです。

1ヶ月の中で言えば、月初めの1日に転職される方が最も多いです。

 

転職・退職を上司・会社に相談するタイミング

転職を上司に相談するタイミングは、まだ転職が決まっているわけではないかと思いますので、自分の好きなタイミングということになります。

タイミングはこちらを参考にしてみてください。

転職を決意するタイミングまとめ
  1. 会社や社長・経営陣の方針についていけないと感じたとき
  2. 会社の将来性に不安を感じたとき
  3. 自分が体調不良になってしまったとき
  4. 上司との人間関係がうまくいかないとき
  5. 他にやりたいことができたとき
  6. 給料・待遇に不満を持ったとき
  7. 勤務時間や休日に不満を持ったとき
  8. 評価に不満を持ったとき
  9. 結婚・出産があったとき
  10. 家族の介護が必要になったとき
  11. ヘッドハンティングを受けたとき
  12. 周囲の人が転職をしたとき

 

転職・退職を上司・会社に報告するタイミング

多くの会社の規定では、退職の1~2ヶ月前には上司に伝えなくてはいけないことになっています。

こちらを参考にしていただき、会社の規定を調べたり、みつけることができず、他の人に聞くのも気まずければ、実際に自社から転職した人に聞いてみるのがいいでしょう。

 

転職の内定辞退をするタイミング

転職で内定を頂いたらおおよそ2~3日以内には返事をするのが一般的です。

ただし、第1希望の会社の選考結果待ちの場合、ほとんどの企業は事情を説明すれば待っていただけます。

しかし、待ってくれたとしても、最長1週間程度ですので、なるべく早く内定辞退は伝えるべきでしょう。

 

転職で引っ越し・住所変更をするタイミング

転職と引っ越しのどちらを先にすべきなのでしょうか。

結論としては、転職してから引っ越しというのが一番スムーズに行くようです。

理由としては以下の点が挙げられます。

転職→引っ越しの順番がいい理由
  1. 転職する会社がどこなのかわからないため
  2. 転職活動を安定した環境で行うため
  3. 引っ越しにかかるお金と時間で転職の機会をフイにしないため

 

転職するタイミング|新卒・新入社員の場合

よく新卒が辞めるのは「3年3割」と言いますよね。

新卒入社者は3年間で3割が辞めるという意味です。

こちらは厚生労働省が発表した「大学新卒の3年以内離職率」です。

実際に統計を見てみると、確かに3年間で3割程度は退職(≒転職)するようです。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000177659.pdf

 

こちらですと入社3年以内の退職タイミングしかわからないため、新卒に限らず、「勤続年数」を見てみましょう。

こちらは内閣府が発表したデータです。

少し古いですがこの中で最新の24年(2012年)を見てみましょう。

http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h25/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-02-13.html

すると、勤続年数0年(1年目)と1~2年(2~3年目)を合わせると先程のグラフをほぼ合致して女性28.9%、男性19%(約3割)となります。

それ以降は1つのレンジが長い期間に区切られているにも関わらず、割合はさほど増えないので、年数を経るごとに退職者(≒転職者)は減っていくようですね。

ただし、1つ目のグラフで見たとおり、1番転職が起きるのは1年目です。(1つ目のグラフだと11.3%程度)

転職のタイミングは1年目が一番多いのです。

自分に合わなかったらすぐ辞めるというのはよくある話なので、あまり悩まないようにしたほうがいいでしょう。

しかし、あくまで90%の人は残留するので、転職すべきかは他にやりたいことがあるかなどを、じっくり見極めてからにしましょう。

 

転職するタイミング|3年目の場合

3年目というと、新卒者の場合で書いたとおり、「3年3割」と言われて転職の1つのタイミングとなります。

http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h25/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-02-13.html

イチローがヒットを打つのも3割なので、よくあるタイミングではあります。

あとは、一般的な転職のタイミングと見比べて、自分の転職がしかるべきタイミングか見極めましょう。

転職を決意する一般的なタイミングまとめ
  1. 会社や社長・経営陣の方針についていけないと感じたとき
  2. 会社の将来性に不安を感じたとき
  3. 自分が体調不良になってしまったとき
  4. 上司との人間関係がうまくいかないとき
  5. 他にやりたいことができたとき
  6. 給料・待遇に不満を持ったとき
  7. 勤務時間や休日に不満を持ったとき
  8. 評価に不満を持ったとき
  9. 結婚・出産があったとき
  10. 家族の介護が必要になったとき
  11. ヘッドハンティングを受けたとき
  12. 周囲の人が転職をしたとき

 

転職するタイミング|同棲する場合

  • 転職と同棲のどちらが先か

まず話の整理として、転職と同性のどちらがタイミングとして先になるかということについて書きたいと思います。

これは、一般的には「転職が決まり、それが今までの職場とは遠くなるから、これを期に同棲する」ということが多いようです。

すると、まず時系列的には「転職→同棲」となるかと思います。

私も彼女と私がそれぞれ転職をしてから半年後に同棲をしました。

結婚していなくても同棲するカップルは多いですし、親にきちんと断っておけば問題にもならないかと思いますよ。

 

転職するタイミング|結婚・入籍する男性の場合

結婚する男性が転職すべきタイミングを考えるには、なぜ結婚で転職を考えたかによります。

  • 転勤のリスクを避けるために転職する場合

こちらの場合は、転勤が既に決まっているかによります。

転勤が決まっているのでしたら、転勤より先に退職・転職して安定したら結婚という流れがいいです。

理由としては、転勤すると結婚相手との関係が冷めたり変わってしまうリスクがあるためです。

しかし、転職と結婚を同時にするのは準備が大変です。

結婚時に会社が安定していなければ、婚約相手のご両親も心配されるはずです。

次に、転勤が決まっていなくて結婚を考える場合は、結婚→転職という順番がいいでしょう。

理由としては、転勤が確定ではないので、急いで仕事を変える必要はないからです。

本当に転職するのは、転勤を避けられなくなってからでいいでしょう。

  • 残業時間や休日出勤をへらすために転職する場合

長時間労働を減らすための転職の場合、結婚して長時間労働で問題がすぐに発生する可能性は少ないです。

そのため、まずは結婚して、結婚生活がうまく保てないほどに長時間労働だった場合は転職をおすすめします。

転職をなるべく避けている理由は、結婚したからといって相手女性に頼って自分が気安く無職になっていいわけではないからです。

あくまで経済的に独立もできるという状態を保っておくことで、余裕のある関係をお互いに築けるはずです。

  • 収入を増やすために転職する場合

収入を増やすために転職するならば、急いで転職する必要はないでしょう。

子作りや結婚相手の寿退社などでお金が必要になる場合は、この場合に限りません。

  • 、婚約相手の女性の親に結婚を認めてもらうために転職する場合

婚約相手のご両親が世間体などを気にする方の場合は、結婚の前に職業をそれに見合うよう整えておく必要があるでしょう。

順番としては転職→結婚となります。

 

転職するタイミング|結婚・入籍する女性の場合

執筆中

転職するタイミング|子作り・出産をする場合

執筆中

転職後の子作りのタイミング

執筆中

転職後に産休をとるタイミング

執筆中

転職するタイミング|ワーママの場合

執筆中

転職するタイミング|母子家庭の場合

執筆中

転職するタイミング|休職中・休職後の場合

執筆中

転職するタイミング|住宅ローンがある場合

執筆中

転職するタイミング|学生・フリーターのバイトの場合

執筆中

転職するタイミング|主婦のパートの場合

執筆中

 

きしん
よければTwitternoteも見て下さい!



コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください