ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。


第二外国語には、何語を勉強するのがいいの?

という疑問をお持ちの方に向けて、書きました。

第二外国語には、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、韓国語、などなど。いろんな言語があって、悩ましいポイントですよね。

今回は、かっこいい外国語、かわいい外国語、就活・ビジネスに役立つ等、いろいろな基準で第二外国語おすすめランキングをまとめます。





目次を開く/閉じる

第二外国語を学ぶ意味・必要性

大学に行くと、なんで英語以外にもう一つ外国語を勉強しなくてはならないの?

第二外国語の勉強て、正直なところ、めんどくさいですよね。

中学・高校と最低6年間英語を勉強してきて、それでもまだまだ話せないというのに、それとは別にもう一つ外国語が追加されるなんて、迷惑以外の何物でもありません。

「英語もできないのに、さらにもう一個かよ?」というご意見は、まさにごもっとも。

できれば、勉強したくないですよね。

ただ、第二外国語を学ぶ意味は十分にあります。

第二外国語を勉強する最大の意味は、大きく4つです。

第二外国語を学ぶ意味・必要性

【1】英語の理解が深まる

【2】第二外国語を通じて、海外の文化も学べる

【3】スキルとして生かせる

【4】視野が広がる

ぞれぞれ見てみましょう。(しばし、おとも下さい)

第二外国語を学ぶ意味・必要性①|英語の理解が深まる

第二外国語を勉強することで、英語の理解がさらに深まります。

とくに、ヨーロッパ言語の中には英語的な表現の仕方をする言語や、英語と強いつながりがある言語もあります。

また、ヨーロッパ言語でなくても、各品詞のはたらきやその言語の文法を勉強する過程で、英語に当てはめてみたり、英語とのちがいを考えながら勉強することで、英語の理解がさらに深まります。

第二外国語を学ぶ意味・必要性②|第二外国語を通じて、海外の文化も学べる

第二外国語を勉強することで、外国語それ自体だけでなく、その言語が使われている国や地域の文化も学ぶことができます。

英語を勉強したときも、そうではなかったでしょうか。

英語の授業中には、文化的な背景や言語とはまたちがったところを学ぶ機会は少なくなかったかと思います。

これは、第二外国語を勉強するときにも当てはまります。

第二外国語を学ぶ意味・必要性③|スキルとして生かせる

英語以外に第二外国語を勉強することは、その能力自体がスキルとして生かせます。

流ちょうか流ちょうでないかは抜きにして、外国語を積極的に話していこうという気概のある日本人は少数ですから。

多かれ少なかれ、外国語のリスニング・スピーキング・リーディング・ライティング能力があることは、大きなアドバンテージになります。

第二外国語を学ぶ意味・必要性④|視野が広がる

外国語を勉強することで、日本語にはない言い回しや表現の仕方を学ぶことになります。

「言語が文化をつくる」とも言いますが、わたしたちは知らず知らずのうちに「日本語にしばられた生き方」をしています。

とくに、日本は「島国」なので、考え方が閉鎖的になり「暗黙の了解」だとか「常識」を勝手に設定して、押し付けがちです。

外国語を学ぶことで、偏見や思い込みを疑うことができるようになります。

英語にも同様の「英語の価値観」があるので、英語以外の第二外国語を学ぶと、なお良いんです。

第二外国語の選び方

第二外国語は、どういう基準で選ぶのがいいの?

選び方は、人によってさまざまかと思いますが、第二外国語を選ぶときに参考になる基準をいくつか載せます。

主な基準は、5つあります。

【1】どれだけかっこいい外国語か
→かっこいいと思った外国語を選ぶ

【2】どれだけ、かわいい外国語か
→かわいいと思った外国語を選ぶ

【3】就職・ビジネスに役立つか
→学ぶ必要性の高い外国語を選ぶ

【4】難易度が高いか、低い外国語を選ぶ
→習得する難易度で選ぶ

【5】人気の外国語かどうか
→みんなに人気の外国語を選ぶ

そして、ここからは上記の5つの基準で、おすすめの第二外国語を見ていきたいと思います。

ウィル

いろいろ見てみて、自分に合った基準で第二外国語を決めるのがいいと思います

【おすすめ】かっこいい第二外国語ランキング【男子に人気】

「どうせ勉強するなら、かっこいい外国語がいい」と思う男子諸君。

かっこいい第二外国語をまとめました。

かっこいい第二外国語ランキング

【第1位】ドイツ語

【第2位】ロシア語

【第3位】イタリア語

上記の3つが、かっこいい第二外国語。男子からの人気が高いです。

【第1位】ドイツ語|かっこいい第二外国語

かっこいい第二外国語ランキング第1位は「ドイツ語」です。

ドイツ語は男子からの人気がはんぱない第二外国語です。

それもそのはず。

濁音や息をつよく吐く発音が、めちゃくちゃかっこいいんです。

スペイン語やフランス語などラテン系の言語はどちらかといえば「かわいい外国語」になりますが、ゲルマン系のドイツ語は「かっこいい外国語」です。

【第2位】ロシア語|かっこいい第二外国語

かっこいい第二外国語ランキング第2位は「ロシア語」です。

ロシア語は、ゲルマン系のドイツ語とはまたちがって、スラブ系の言語です。

ロシア語も濁音の発音が多用されて、かっこいい外国語です。

【第3位】イタリア語|かっこいい第二外国語

かっこいい第二外国語ランキング第3位は「イタリア語」です。

イタリア語は、軽快な言語です。

イタリアが世界一のナンパ大国であることや、イタリア人がめちゃくちゃチャラいことを考えれば、なんとなく「軽快」というのもイメージできるかと思います。

かっこいいというよりは、おしゃれな言語です。

【おすすめ】かわいい第二外国語ランキング【女子に人気】

「どうせ勉強するなら、かわいい外国語がいい」と思う女子諸君!

かわいい第二外国語をまとめました。

かわいい第二外国語ランキング

【第1位】フランス語

【第2位】韓国語

【第3位】スペイン語

上記の3つが、かわいい第二外国語。女子からの人気が高いです。

【第1位】フランス語|かわいい第二外国語

かわいい第二外国語ランキング第1位は「フランス語」です。

フランス語のオシャレさは、はんぱないです。

もう何をいっても、オシャレに聴こえてしまいます。

発音の仕方や話し方が上品で、かわいい外国語です。

【第2位】韓国語|かわいい第二外国語

かわいい第二外国語ランキング第2位は「韓国語」です。

KPOPが好きな人には、とくにおすすめです。

いまをときめく、BTSやTWICEのメンバーの話し方を見ても、どことなくKPOPのアイドルの話し方って、かわいいですよね。

【第3位】スペイン語|かわいい第二外国語

かわいい第二外国語ランキング第3位は「スペイン語」です。

スペイン語は、陽気でかわいい外国語です。

イタリア語ほどではありませんが、軽快な響きがあります。

【おすすめ】就職・ビジネスに役立つ第二外国語ランキング

「どうせ勉強するなら、社会人になった後に役に立つ外国語がいい」と思った男子・女子諸君!

就職・ビジネスに役立つ第二外国語をまとめました。

就職・ビジネスに役立つ第二外国語ランキング

【第1位】中国語

【第2位】スペイン語

【第3位】インドネシア語

上記の3つが、就職に役立ったり、ビジネスで使う機会が多い第二外国語。実用性があります。

【第1位】中国語|就職・ビジネスに役立つ第二外国語

就職・ビジネスに役立つ第二外国語ランキング第1位は「中国語」です。

ビジネス向けの外国語といったら、なんといっても中国語が圧倒的に1位です。

10億人以上の人口をかかえるこれから伸びていく国ですから。

話者の数も英語の次に多く、英語と中国語ができるようになったとしたら、世界中でもかなり多くの人とコミュニケーションを取ることができます。

【第2位】スペイン語|就職・ビジネスに役立つ第二外国語

就職・ビジネスに役立つ第二外国語ランキング第2位は「スペイン語」です。

スペイン語を勉強しておけば、スペインの人々とだけでなく、南米のほとんどの人とコミュニケーションを取ることができます。

もともと南米の多くの国はスペインの植民地だったため、いまでも公用語はスペイン語です。

スペインだけの人口は5000万人にとどまりますが、スペイン語話者の人口となると4億8000万人にまで跳ねます。

【第3位】インドネシア語|就職・ビジネスに役立つ第二外国語

就職・ビジネスに役立つ第二外国語ランキング第3位は「インドネシア語」です。

意外に知られていないことですが、東南アジアの中でインドネシアはとくに重要な国です。

人口は2億7000万と日本の約2倍で、日系企業は続々インドネシアに進出していっています。

また、インドネシアは東南アジアでも有数の親日国で、AKBのジャカルタ版「JKT48」というグループが人気なくらいです。

【おすすめ】難易度の低い第二外国語ランキング【カンタン】

「どうせ勉強するなら、勉強するのが簡単な外国語を勉強したい」と思ったそこのあなた!

難易度の低い第二外国語をまとめました。

難易度の低い第二外国語ランキング

【第1位】インドネシア語

【第2位】韓国語

【第3位】フィリピン語(タガログ語)

上記の3つが、難易度が低くカンタンな第二外国語。勉強はじめてに挫折しづらく、レベルアップが期待できます。

【第1位】インドネシア語|難易度の低い第二外国語

難易度の低い第二外国語ランキング第1位は「インドネシア語」です。

インドネシア語は、世界でもトップを争うほど簡単な言語です。

とくに、英語が得意な方にはびっくりするほど、しっくりきます。

というのも、文の作りや語順、品詞の使い方が英語とほぼ同じなので、英語と別の単語を覚えるだけでいいんです。

また第二外国語として大学で勉強する場合、言語自体の難易度が低いので、それだけ単位取得が楽になります。

インドネシア語が第二外国語として勉強できる大学は、多くはないかと思いますが、もし勉強できる大学に在籍しているなら、おすすめです。

【第2位】韓国語|難易度の低い第二外国語

難易度の低い第二外国語ランキング第2位は「韓国語」です。

韓国語は、日本人に非常に勉強のしやすい言語です。

というのも、もともと韓国語は漢字を期限にしており、発音も日本語と近いところがあります。

ハングル文字も「組み合わせの文字」になっているので、思っているより複雑ではありません。

基本となる記号を覚えれば、すぐにハングル文字をつづれるようになります。

【第3位】フィリピン語(タガログ語)|難易度の低い第二外国語

難易度の低い第二外国語ランキング第3位は「フィリピン語(タガログ語)」です。

インドネシア語ほどではありませんが、フィリピン語(タガログ語)もアジア言語の中でかなり学習しやすい言語です。

フィリピン語は、スペイン語の影響を受けたアジア言語といったところです。

動詞の格変化がスペイン語ほど複雑でなく、親しみやすい外国語です。

【やめとけ】難易度の高い第二外国語ランキング【ムズカシイ】

「どうせ勉強するなら、ちょっとやそっとでは理解できないチャレンジングな外国語を勉強したい」と思ったそこのあなた!

難易度の高い外国語をまとめました。

難易度の高い第二外国語ランキング

【第1位】アラビア語

【第2位】ロシア語

【第3位】タイ語

上記の3つが、難易度が高くムズカシイ第二外国語。文字から解読不能でうし、もはや、日本人には理解不能です。

ほんとにむずかしいので、あまりおすすめはできませんが、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

【第1位】アラビア語|難易度の高い第二外国語

難易度の高い第二外国語ランキング第1位は「アラビア語」です。

アラビア語は、世界中の外国語の中でも一、二を争うハイパーむずかしい言語です。

まず、文章を左ではなく右から読む時点で意味不明ですね。

つづいて、アラビア文字はミミズみたいなこれまた意味不明な文字をしています。

ただ、その難易度の高さから、日本人でアラビア語が話せる、アラビア文字が読めるという人はほとんどいないでしょう。

言語習得者の希少性で考えるなら、アラビア語にトライしてみるのもいいかもしれません。

【第2位】ロシア語|難易度の高い第二外国語

難易度の高い第二外国語ランキング第2位は「ロシア語」です。

まずロシア語も、文字がアルファベットではありません。

キリル文字といいます。( ゚Д゚)という顔文字で使われている「Д」が印象的ですね。

アラビア文字に比べるとやさしいですが、見慣れない文字も散見されるので、慣れるまでは少し時間がかかるかと思います。

【第3位】タイ語|難易度の高い第二外国語

難易度の低い第二外国語ランキング第3位は「タイ語」です。

タイ語もミミズみたいな文字をしています。

さらに、タイ語には中国語のように声調(音の高低)がある声調言語です。

声調言語は、音の高低によって同じ発音をすることばでも別々の意味になるやっかいな言語です。

中国語の声調は4つあるのですが、タイ語の声調は1つ増えて5つになります。

「文字が意味不明 + 発音で大混乱」と相当ハードな外国語になっています。

【おすすめ】人気の第二外国語ランキング

「どうせ勉強するなら、人気の外国語を勉強したい」と思ったそこのあなた!

人気の第二外国語をまとめました。

人気の第二外国語ランキング

【第1位】スペイン語

【第2位】フランス語

【第3位】ドイツ語

【第4位】中国語

【第5位】韓国語

上記の5つが、人気の高い第二外国語。勉強する人も多く、無難なラインですね。

まあ、なんだかんだここに落ち着くような気がします。

語学の授業は、友達と一緒にたのしく受けられた方が楽しいですし。

【第1位】スペイン語|人気の第二外国語

人気の第二外国語おすすめランキング第1位は「スペイン語」です。

スペイン語は男子からも女子からも根強い人気を獲得している第二外国語です。

スペインといえば、サッカースペイン代表のイニエスタをサッカー選手や、テニスでは土の王者のラファエル・ナダルなど、スポーツ選手が有名です。

また、観光でもガウディの名作・サグラダファミリアが有名です。

「一度でいいから、スペインに旅行してみたい」という人が多いからか、大学で選ばれる第二外国語としてはかなりの人気を誇ります。

【男女比】男:女 = 5:5 

ちなみに、男女比としてはほぼ半々です。

【第2位】フランス語|人気の第二外国語

人気の第二外国語おすすめランキング第2位は「フランス語」です。

フランスといえば、エッフェル塔や凱旋門、モンサンミッシェルにルーブル美術館など、観光名所めじろ押しの国ですね。

そういった華やかなイメージから、フランス語を勉強する女子が多いです。

【男女比】男:女= 3:7

男女比としては、女子が多めです。

【第3位】ドイツ語|人気の第二外国語

人気の第二外国語おすすめランキング第3位は「ドイツ語」です。

ドイツといえば、ベートーヴェンやバッハなど、音楽家を多数輩出している国になります。

また、哲学の領域においても、マルクスやハイデガーなど有名な哲学者がたくさん生まれた国になります。

言語としてのドイツ語は濁音や息を吐く発音が絶妙にかっこいいので、男子大学生から根強い人気を誇ります。

【男女比】男:女=7:3 

男女比としては、男子が多めです。女子はフランス語、男子はドイツ語を選択しやすいといった印象でしょうか。

【第4位】中国語|人気の第二外国語

人気の第二外国語おすすめランキング第4位は「中国語」です。

中国語は、男女問わず多くの大学生から好まれている第二外国語です。

実際、大学1~2年まで第二外国語として学んで、3年次に中国に留学に行く人も多く、本格的な習得を目指す人が多い印象。

中国語検定やHSKなど、資格試験が充実しているのも勉強のモチベーションを高めるきっかけになりますね。

【男女比】男:女=5:5

男女としては、スペイン語と同じく、おおむね半々です。

【第5位】韓国語|人気の第二外国語

人気の第二外国語おすすめランキング第5位は「韓国語」です。

韓国語は、KPOP好きの男女から根強い人気を誇ります。

大学の第二外国語としての韓国語の最大の特徴としては「みんな、すでにある程度話せること」です。

KPOPや韓流ドラマがもともと好きで、そこからさらに勉強してみたいという気持ちで勉強する人が多い印象です。

【男女比】男:女= 2 : 8

男女比としては、女子が多めです。

【総合】おすすめの第二外国語ランキング

(C)2018 Disney Enterprises, Inc.

(C)2018 Disney Enterprises, Inc.

最後に、全部を合算した総合ランキングをお伝えします。

かっこよさ、かわいさ、就職・ビジネスに役立つ、人気の度合いを総合すると、以下の結果になりました。

おすすめの第二外国語ランキング

【第1位】中国語

【第2位】スペイン語

【第3位】韓国語

【第4位】インドネシア語

【第5位】フランス語

【第1位】中国語|おすすめの第二外国語ランキング

おすすめの第二外国語ランキング第1位は「中国語」です。

総合的にみると、第二外国語には中国語を勉強するのがもっともいいかなと思います。

英語に次ぐ第二の言語人口を抱えること、日本と距離的にもちかい中国で使われる言語であること、中国の国としての重要性はますます高まってきていること、などなど。

ビジネス面で中国語の能力があるとよいというのは明白。

さらに、中国語を勉強している人自体おおいので、一緒に勉強する友達がいないということも起きにくいでしょう。

【第2位】スペイン語|おすすめの第二外国語ランキング

おすすめの第二外国語ランキング第2位は「スペイン語」です。

総合評価でスペイン語は第二位。

言語としての重要性を見ると、スペインだけでなく、南米の国々で話されているというのが大きいですね。

また、大学では男女問わず大人気の外国語となっているので、あえて選ばないという意味がありません。

みんなで楽しく勉強できると思いますよ。

【第3位】韓国語|おすすめの第二外国語ランキング

おすすめの第二外国語ランキング第3位は「韓国語」です。

韓国語は、日本語と相性がいいのと、勉強することでKPOPや韓流ドラマを見るときにより楽しくなるのが大きいです。

ただ漫然と勉強するより「TWICEの歌詞の意味がわかるようになる!」だとか「チャン・グンソクの決めセリフの意味がわかる!」といった方がやる気が湧いてきますよね。

韓国語は、勉強するモチベーションとして、文化面で大きくリードします。

【第4位】インドネシア語|おすすめの第二外国語ランキング

おすすめの第二外国語ランキング第4位は「インドネシア語」です。

おそらくほとんど勉強している人はいない印象ですが、ビジネスの場面においても隠れた重要言語ですし、難易度もおどろくほどやさしいのでいいですよ。

また、誰も勉強していないからこそ「インドネシア語話せますよ」といったときの引きの強さはすごいです。

【第5位】フランス語|おすすめの第二外国語ランキング

おすすめの第二外国語ランキング第5位は「フランス語」です。

ドイツ、フランスともに人気の言語であり、ほぼ互角にわたりあいますが、若干フランスがリードといったところでしょうか。

というのも、フランスは国連の常任理事国にも選ばれている世界的に重要な地位にある国です。

さらに、フランス語はラテン語が起源になっているので、フランス語を勉強することで、同じくラテン語起源のスペイン語やイタリア語の理解にもつながります。

たまに「スペイン語も、フランス語も、イタリア語も話せます」といったとんでもびっくりな人って、いますよね。

これは、この3つの言語に共通する部分が多いからです。

最後に

かっこいい外国語、かわいい外国語、就活・ビジネスに役立つなどなど、いろいろな基準で第二外国語おすすめランキングをお伝えしました。

いかがだったでしょうか。

もう一度おさらいすると、こんな感じ。

第二外国語を学ぶ意味・必要性

【1】英語の理解が深まる

【2】第二外国語を通じて、海外の文化も学べる

かっこいい第二外国語ランキング

【第1位】ドイツ語

【第2位】ロシア語

【第3位】イタリア語

かわいい第二外国語ランキング

【第1位】フランス語

【第2位】韓国語

【第3位】スペイン語

就職・ビジネスに役立つ第二外国語ランキング

【第1位】中国語

【第2位】スペイン語

【第3位】インドネシア語

難易度の低い第二外国語ランキング

【第1位】インドネシア語

【第2位】韓国語

【第3位】フィリピン語

難易度の高い第二外国語ランキング

【第1位】アラビア語

【第2位】ロシア語

【第3位】タイ語

人気の第二外国語ランキング

【第1位】スペイン語

【第2位】フランス語

【第3位】ドイツ語

【第4位】中国語

【第5位】韓国語

おすすめの第二外国語ランキング

【第1位】中国語

【第2位】スペイン語

【第3位】韓国語

【第4位】インドネシア語

【第5位】フランス語

第二外国語は、大学1~2年と2年間勉強していくことになるかと思います。

少しでも第二外国語を選ぶときの参考にしていただけたら幸いです。

ウィル

【Twitterも、更新中】

フォローを待ってます!→ウィルときしん@趣味ブロガー

ウィル

【YouTube、やってます!】

チャンネル登録待ってます!→ ウィル【2浪新卒】



コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください