転職が失敗した事例まとめ16選~後悔しないために必ず知っておきたい!


きしん
こんにちは、ウィルときしんのきしんです

様々な理由で転職したくなるのと同じように、様々な理由で転職の結果、後悔してしまうことがあります。

このような失敗を避けるため、先人の経験から学びましょう!

転職が失敗するパターンを様々なケースをもとに集約してみました!

あらかじめ簡単にまとめるとこちらのとおりです!

転職が失敗した事例まとめ
  1. なんとなく転職してしまい、やりたいことではなかった
  2. 想像より残業が長い
  3. やりたい仕事を選んだのに思っていたのと違った
  4. 思ったように活躍できなかった
  5. 社長がワンマン経営で振り回される
  6. 転職先を決める前に退職してしまった
  7. 就職前に労働条件をきちんと確認しなかった
  8. 就職前に聞いていた労働条件と違う
  9. 前職を辞めることが転職の目的になってしまった
  10. 辞める理由を人のせいにしてしまった
  11. 社風に馴染めなかった
  12. 待遇に惹かれて、転職の目的を達成できなかった
  13. 転職後に今までなかった不満が生まれてしまった
  14. 転職したら前職のほうがよく思えてしまった
  15. 転職直後に仕事内容が変わった
  16. 転職したのに前職を手伝わされている




転職が失敗した事例①|なんとなく転職してしまい、やりたいことではなかった

転職が失敗したケース

自分が本当にやりたいことをしっかり考えずに、目についた会社に応募して、内定が取れたので入ってしまった。

入った後に、「本当にこれでよかったんだっけ?」と感じている

転職を成功させるためのポイント
  • 転職前に自己分析をしっかり行おう

転職時は自分のキャリア、何を楽しいと思い、何なら我慢できる適性なのかをしっかり見極めましょう。

安易な気持ちで転職したり、急いで転職してしまうと、転職に失敗するどころか、次の転職もしづらくなってしまいます。

  • 転職時はより多くの求人情報に目を通そう

経済学の考え方に「非完全情報」というのがあります。

これは、取引をするときに相手が持っている情報と自分が持っている情報が違うことを指し、この状況下では人間は合理的な判断を下せなくなってしまいます。

そして、現実的な判断をする場合に、反対の「完全情報」であることは決してありません。

なるべく「完全情報」に近づけるには、より多くの情報を取り込むしかないのです。

その手間を惜しむと後で後悔することになります。

 

転職が失敗した事例②|想像より残業が長い

転職が失敗したケース

入社してみて、繁忙期が思っていたより長いことがわかった。

確かに繁忙期は残業があると聞いてたけど…

転職を成功させるためのポイント
  • 労働時間のチェックは入念に

労働時間は働く上で最も重要な要素のひとつです。

標準労働時間から平均残業時間、繁忙期・閑散期の存在やその比率などが特にチェックすべき項目となります。

特に「繁忙期・閑散期」については、ひどい会社だと「ほとんど繁忙期でたまに閑散期だけど、それをたまに忙しいかのように伝えている」というケースがあるので繁忙期の長さもチェックしてくださいね。

 

転職が失した事例③|やりたい仕事を選んだのに思っていたのと違った

転職が失敗したケース
  • やりたい仕事を始めたのに、給料が低く、雰囲気も悪かった
  • 仕事の大半が希望していた内容ではなかった
  • 転職後に経営状態が悪化してやりたい仕事ができなくなった
転職を成功させるためのポイント
  • 会社の稼ぐ仕組みを理解しよう

「やりたい仕事がない」より「やりたい仕事がある」のほうが何倍も偉いです。

しかし、そのさらに上の目線として「やりたいしごとをさせてもらえるには、会社としてはこういう風に役に立つから」と経営視点で理解できるようにしておきましょう。

これを意識することで、人気職種などの場合、その裏にあるツラいことが予め想像できます。

  • 転職をする上で譲れないポイントを定めよう

転職では1つ希望を叶えるたびに、1つ他の条件が悪くなるというようなトレードオフの関係を想定しておくべきです。

つまり、すべては叶えられないので、「最低限これは守る」というポイントを自分なりに決めておくことが大事です。

例えば、労働時間を優先するなら、給料は少し低くても諦めるなど、自分の中での優先順位付けが大事になります。

 

転職が失敗した事例④|思ったように活躍できなかった

転職が失敗したケース
  • 正社員にこだわりすぎて、背伸びをして転職してしまい仕事についていけない
  • 未経験のしごとで経験を積もうと思ったが、自分のスキル不足で仕事ができず人間関係が悪くなった
  • 活躍して年収アップするはずが、結局活躍には程遠く年収は変わらなかった
転職を成功させるためのポイント
  • 自分を大きく見せるのはやめよう

就活や転職のテクニックとして、自分が本当はやっていないことをやったと言ったりすることがありますが、これは入社後に現実とのギャップを産みます。

  • 具体的な質問をしてミスマッチを防ごう

自分を大きく見せるつもりがなくても、結果的にできないことを背負ってしまう場合もあります。

これを防ぐには、前職を例に出して、「これくらいの仕事内容ですか?」と具体的に深掘りしていくことが有効です。

 

転職が失敗した事例⑤|社長がワンマン経営で振り回される

転職が失敗したケース
  • 転職してみたらワンマン経営で、社内の雰囲気がすごく悪いことがわかった
  • 社員同士が協力的でなく、社長も社内には目を向けないワンマンだった
転職を成功させるためのポイント
  • 社長に合わせてもらおう

一番いいのは社長に面接や面談で合わせてもらい、実際に肌でその人を感じることです。

社員はいい人でも、社長に逆らえず言いなりということも多いので、それを回避できます。

また、社長が面接に出てくるというのは、それだけ採用や社員という存在自体を大切にしていることの現れでもあります。

よく「会社は人」と言いますが、会社を構成する最も重要な要素はそこで働いている人です。

そのことを理解しているか見極めましょう。

  • 転職先の社員に、社長について聞いてみよう

もし社長に会えなかったとしても、面接している社員に社長の雰囲気やどんな人かを聞いてみるのはありでしょう。

もしあまり意にそぐわない社長だとしてもハッキリそのままは言わないはずですが、ニュアンスから嗅ぎ取るチャンスではあります。

また、このようなことはVokersなどの転職者の口コミサイトでも確認できるので、活用してみましょう。

 

転職が失敗した事例⑥|転職先を決める前に退職してしまった

転職が失敗したケース

退職してから転職先を探していたが、なかなか内定が出ず、ようやく内定が出たと思ったら、思ったより低い給料を提示された。

お金に余裕もなく、内定欲しさに希望を満たさない給料をのんでしまった。

転職を成功させるためのポイント
  • 転職前の退職はしない

転職前に会社を辞めてしまうと、前職と並列で比べることができず、内定のない就活生のように追い詰められた状況になってしまいます。

本当は前職のほうが良かった…なんてこともよくあるので、次の会社が決まる前に辞めるべきではないでしょう。

  • 給料の確認はきちんとする

給料は大事なポイントです。

あまり確認するとがめついと思われ、敬遠されるかもしれませんが、内定が出た後なら細かく確認しても内定が変わったりすることはありません。

そこでしっかりボーナスやインセンティブなども確認した上で入社するようにしましょう。

  • 希望額を根拠とともに伝える

内定先から提示された給料が希望と合わない場合、きちんと理由を添えて希望額を伝えましょう。

その場合は前職の給料や仕事内容をきちんと伝えればよいでしょう。

また、複数社に応募していれば、他社の給料を交渉材料にすることもできます。

 

転職が失敗した事例⑦|就職前に労働条件をきちんと確認しなかった

転職が失敗したケース
  • 転職後に試用期間があるとわかった
  • 転職後に土日勤務が月1回あるとわかった
転職を成功させるためのポイント
  • 雇用条件を整理しておこう

内定が出るとつい舞い上がって、雇用条件の確認がおざなりになってしまうことがあります。

基本給やみなし残業時間などはもちろん確認しているかと思いますが、他に見落としてしまうポイントがないか予め質問を用意しておきましょう。

 

転職が失敗した事例⑧|就職前に聞いていた労働条件と違う

転職が失敗したケース

転職前には「残業は少ない」と聞いていたが、実際はかなり残業が多く、前職よりも多い。

転職を成功させるためのポイント
  • 定量的な尺度で確認しよう

残業の「多い/少ない」は前職の経験をもとに主観的に語ってしまうものです。

しかし、人にとっては短くても、自分には大変かもしれません。

下記の表を参考に、具体的な数値で確認しましょう。

https://www.recruit-ms.co.jp/issue/inquiry_report/0000000582/

 

転職が失敗した事例⑨|前職を辞めることが転職の目的になってしまった

転職が失敗したケース

前職がとにかくツラくて、まず辞めることが目的になってしまった。

転職を成功させるためのポイント
  • 退職活動ではなく転職活動を

転職でありがちなのが、前職に不満があって辞めたものの、新しくやりたいことがなかったりするパターンです。

焦って転職先が決まっていないのに前職を辞めたりしないようにしましょう。

社会人の多くは前職を続けながら転職活動をします。

前職だけをやっているより、さらにツラくなりますが、割り切って有給休暇を取得して面接に行くなど時間を作りましょう。

有給が取れないような忙しい会社なら、尚更です。

「アイツいきなり休むようになったな」と思われても、辞めるんだから関係ありません。

(実際、いきなり休むようになるのは、退職する人あるあるですよね)

 

転職が失敗した事例⑩|辞める理由を人のせいにしてしまった

転職が失敗したケース

面接で転職理由を聞かれて、前職の上司の愚痴や会社の不備などばかり指摘し、自己責任で問題を解決する能力がないと思われてしまった。

転職を成功させるためのポイント
  • 建前でもいいから、前向きな転職理由を言おう

転職するのだから、多少なりとも前職に不満があるのは誰しも同じことです。

しかし、それを面接で吐き出すのは筋違いです。

前職を悪く言う人は、次の仕事も悪く言うと思われてしまいます。

前向きに将来を見据えて転職をしたというストーリーを嘘でもいいので用意しましょう。

 

転職が失敗した事例⑪|社風に馴染めなかった

転職が失敗したケース

給料や労働時間についてはきちんと確認したが、営業のノルマを壁に張り出して、達成しないと叱責するような体育会系の会社だとは思わなかった…

転職を成功させるためのポイント
  • 転職前に社内を見学させてもらおう

百聞は一見にしかずで、実際にオフィスや働く環境を見させてもらうことが、一番あなたのイメージが間違いないか確認することができます。

  • 転職前に社員と面談させてもらおう

実際に労働環境を見ることが難しい場合、正直に話してくれそうな社員との面談を希望しましょう。

面接担当は採用するかどうかという重圧がかかっているので、採用のステークホルダーではなさそうな若手や同年代の方の話を聞いてみるのがいいでしょう。

実際に私も同年代の方との面談で、転職先がよさそうな会社だと感じて転職しました。

 

転職が失敗した事例⑫|待遇に惹かれて、転職の目的を達成できなかった

転職が失敗したケース

現職には「やりがい」を感じられずに転職を決意。しかし、面接で希望と違う職種を打診され、好待遇だったことから、入社を決めてしまった。しかし、目的としていた「やりがいのある仕事」にはならず、すぐに転職したくなった

転職を成功させるためのポイント
  • 自分の一番の転職理由をはっきりさせ、死守しよう

転職活動をしていると、ユニークな腹囲厚生や、気の合う面接官の存在などで、ついつい自分の転職の軸がぶれてしまいます。

そうならないように、「これだけは守る」というポイントを決めておいて、転職活動すればもともとの想定とずれることはありませんよ。

死守するポイントが高望みになっていないかどうかは転職エージェントに確認してみるといいでしょう。

 

転職が失敗した事例⑬|転職後に今までなかった不満が生まれてしまった

転職が失敗したケース

仕事内容にやりがいを感じられず、以前から興味のあった音楽業界に転職。しかし、働いてみると想像以上の忙しさで疲れてしまい、給料も割りに合っていないように感じる。これなら前の会社のほうがよかった…

転職を成功させるためのポイント
  • 転職先の条件を考える際に、現実的なバランスを取ろう

転職で何を実現したいのかはっきりさせることがまず最も重要です。

さらには、よくある失敗として「やりがい」を次の会社では求めるから、「忙しさ」は度外視しようというケースがあります。

つい振り切った決断をしてしまいがちなのですが、「やりがい」も「忙しさ」も結局は程度の問題なので、譲れないレベルを決めておくことが非常に重要です。

 

転職が失敗した事例⑭|転職したら前職のほうがよく思えてしまった

転職が失敗したケース

給料に不満を感じて転職したが、転職してみると前職のほうが居心地がよく、また前職の仲間と働きたくなってしまった

転職を成功させるためのポイント
  • 転職先と現職を平等に並べよう

転職気分になると、つい現職を悪く見てしまいがちですが、人間は「慣れ」というのが重要で、現職のいい部分に慣れてしまい、盲目的になることがあります。

表などに転職のメリット・デメリットを書き出して、平等に眺めてみましょう。

 

転職が失敗した事例⑮|転職直後に仕事内容が変わった

転職が失敗したケース

面接では人事担当として入社する予定だったのに、働き始めたら人員が足りずに総務もすることになってしまった…

転職を成功させるためのポイント
  • 希望を面接時にきちんと伝えよう

今回のケースは面接時に「業務範囲が拡大するか」という点を詰めきれていなかったのが、失敗の原因となっています。

予めわかっていれば、納得して入社していたかもしれませんし、もしかすると他の会社にしていたかもしれません。

面接時にきちんと希望を伝えて、そのとおりになるか質問してみましょう。

  • 入社後も希望は言ってみよう

起業に所属している限り、経営状況に合わせた働き方をすることは仕方ありません。

しかし、入社直後などは、配属先の上司と人事で認識が合っていないことも考えられるため、納得出来ない場合はきちんと話し合いの場を設けましょう。

 

転職が失敗した事例⑯|転職したのに前職を手伝わされている

転職が失敗したケース

前職で引き継ぎが完全に終わっていない状態で退職してしまったため、もう転職したのに前職を手伝っている

転職を成功させるためのポイント
  • 転職後の関与は避ける

転職した時点で、あなたは前の会社とはもう関係ありません。

情に流されて手伝ってあげたくなるかもしれませんが、転職先の会社が副業禁止の場合、規定違反になることもあります。

トラブルを引き起こさないために、前職への関与は避けましょう。

また、時間に余裕があるのならば、転職先での仕事に慣れるための勉強に時間を使うべきでしょう。

転職が失敗した事例まとめ

転職失敗事例をまとめるとこちらのとおりです。

転職が失敗した事例まとめ
  1. なんとなく転職してしまい、やりたいことではなかった
  2. 想像より残業が長い
  3. やりたい仕事を選んだのに思っていたのと違った
  4. 思ったように活躍できなかった
  5. 社長がワンマン経営で振り回される
  6. 転職先を決める前に退職してしまった
  7. 就職前に労働条件をきちんと確認しなかった
  8. 就職前に聞いていた労働条件と違う
  9. 前職を辞めることが転職の目的になってしまった
  10. 辞める理由を人のせいにしてしまった
  11. 社風に馴染めなかった
  12. 待遇に惹かれて、転職の目的を達成できなかった
  13. 転職後に今までなかった不満が生まれてしまった
  14. 転職したら前職のほうがよく思えてしまった
  15. 転職直後に仕事内容が変わった
  16. 転職したのに前職を手伝わされている

転職方法で悩んでいる方はとりあえず大手のリクルートエージェントに登録するのがおすすめですよ。

リクルートの転職サービスというとリクナビが有名ですが、リクナビには営業職など大規模採用の職種を中心に掲載されていて、マーケティング職など人気の職種は基本エージェントに紹介してもらうことが多いです!

そのエージェントサービスがリクルートエージェント(RA)です。

エージェントサービスなので、エージェント(人)があなたの転職相談に乗ってくれるのも魅力の一つです。

RAは求人掲載数、転職実績ともに業界No.1です!

実際に私もRAを使って転職活動をしていました。

まだ登録していない方は登録を検討してみてくださいね。

 

きしん
よければTwitternoteも見て下さい!



コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください