【要約】嫌われる勇気の内容まとめ & 感想【あらすじ & ポイント】


ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

「嫌われる勇気」の内容をザックリとでいいから知りたい!

という方に向けて、書きました。

嫌われる勇気といえば、オーストリアの心理学者「アルフレッド・アドラー」のアドラー心理学の内容をまとめた本です。

この本は、2013年に出版されて、本の売れないこの現代で国内235万部・全世界で500万部の大ヒットを記録しました。

今回は、そんな「嫌われる勇気」の内容を要約してお伝えします。





【要約】嫌われる勇気の内容まとめ & 感想

原因論の否定 & 目的論

原因論とは「なにかの結果には、その原因がある」という考え方のことです。

たとえば「仕事でミスをして上司からこっぴどく叱られた場合」を例にとると「上司に叱られたから、仕事のモチベーションが落ちている」と考えるのが原因論。

一方、目的論では「なにかの結果には、それを実現したい目的がある」という考え方をします。

「仕事でミスをして上司からこっぴどく叱られた場合」でも、目的論に従うと「仕事がやりたくないから、モチベーションが落ちている」と考えることができます。

2つを対比すると「原因論 = 過去に注目する考え方」であるのに対し「目的論 = 未来に注目する考え方」であることがわかります。

アドラー心理学の教えに従うならば「過去は変えられないので、未来に注目した方が合理的だ」と考えるわけです。

 

他人の課題はシカトしろ【課題の分離】

課題の分離とは「自分がやるべきことと他人がやるべきことを区別すること」です。

当たり前といえば当たり前なのですが、意外にも「課題の分離」ができない人が圧倒的多数です。

例えば、先の「仕事でミスをして上司からこっぴどく叱られた場合」を考えると、ミスとした部下を叱るのは上司の仕事であって、部下の仕事ではありません。

部下のするべきことは、叱られた叱られてない関係なく、ミスをしないように仕事をすることです。

つまり、ミスとして叱られたとしても、落ち込む必要はなくて「あー、なんか上司が怒ってるな、」くらいに考えればいいということです。

そこまで平常心でいられる人もなかなかいませんが、アドラー心理学の教えに従うならば、そういうことになります。

もう一つ身近な例をあげるなら「勉強しない子どもに「勉強しなさい」というのは、親の自由だが、本当に勉強するかどうかはあくまで子どもの自由」です。

他人はホメるな感謝しろ

アドラー心理学では、他人をホメることを否定します。

それはなぜかと言うと「他人をホメると、ホメた相手との間に上下関係ができるから」です。

嫌われる勇気の中大きなテーマとなっているのが「承認欲求」ですが、人をホメることでホメられた人は「もっとホメられたい」と考えるようになります。

この「ホメられたい」という感情が承認欲求だというわけです。

 

最後に



「嫌われる勇気」の内容を要約してお伝えしました。

いかがだったでしょうか。

ちなみに「この記事の内容をもう一度おさらいしたい」という方は、この記事の内容は7分間のYouTube動画にまとめたので、ぜひぜひ。

 



ウィル

【Twitterも、随時更新中】

フォロー待ってます!→ウィルときしん@趣味ブロガー

ウィル

【YouTubeも、更新してるよ!】

チャンネル登録待ってます!→ ウィル【受験・就活・副業】