最近、少し流行っている「プッシュアップチャレンジ」についてまとめます。




プッシュアップチャレンジとは?

プッシュアップチャレンジとは「10回ほどのプッシュアップ(腕立て伏せ)動画をバトンして回していくチャレンジ」です。

バトンはどこからはじまる?

この手のリレーゲームでいつも思うことですが「バトンはどこからはじまっているのだろう」と思います。

誰かがどこかで始めるんでしょうね。

バトンはどこで終わる?

バトンの出どころは不明ですが、バトンの終着点は明確です。誰かがめんどくさがってバトンを回すのをやめたところです。

ほかには、どんな “チャレンジ” がある?

昔流行ったバトンリレーい「アイスバケツ・チャレンジ(ice bucket challenge)」がありました。

「筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究支援のため、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、まアリカALS協会(英語版)に寄付するかを選ぶ」というバトンリレーです。(こう考えると、氷かぶってないで寄付すればいいのでは?と思ってしまいますが、)

「コールドウォーター・チャレンジ」(cold water challenge) とも呼ばれ、2013年~2014年の冬の間に流行しました。

アイスバケツ・チャレンジのルール

①「アイス・バケツ・チャレンジ」を受けることを宣言する

②バケツに入った氷水を頭からかぶる

③次にこのチャレンジを受けてもらいたい人物を2人から3人指名する

④アイスバケツ・チャレンジの様子を映した動画を、フェイスブックやツイッターなどソーシャルメディアで公開する

⑤次の指名を受けた人は、氷水をかぶる、または100ドルをALS協会に寄付する、あるいはその両方を24時間以内に行う



コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください