B’z 振り付け解説9曲まとめ~恋心・Wonderful Opportunityなど画像で解説


きしん
こんにちは、ウィルときしんのきしんです

今年2018年は5年ぶりのPleasureツアー「HINOTORI」があって、非常に気持ちがたかぶっています!

そんな私から、今日は、振り付け・ダンス・フリがあるB’zの曲をご紹介したいと思います。

ライブでよくやる曲もありますので、100%楽しみたい方は覚えていきましょう!!




恋心 (KOI-GOKORO)

これは一番有名かもしれません。

サビの間、ずっと両手を上で振ったりする振り付けがあります。

ファンなら絶対できます

こちらの記事でも書いた通り、ライブ頻出曲ですので、まずはここから抑えるといいかと思います。

以下がやりかたです。

恋心の振り付けはサビでずっと行います。

最初のサビの歌詞に照らし合わせながら説明したいと思います。

出だしのサビ

忘れない 恋心
いつまでも 恋心

 

「忘れない」の部分で両手を上に上げ、手のひらが上になるようにして、手で三角形を作ります。

 

歌詞はないのですが最初の「忘れない」と「恋心」の間で手のひらを回転させます。

回転する向きは最初に前方から下がっていって、一番下を通って、自分のからだに近いほうから上に戻します。

全部で5回手のひらを回します。

リズム的な表現が難しいのですが、下記の「タン」の部分で回します

わすれタン、ウン、タン、ウン、タンタンタン

 

「いつまでも」のところで、ボールを片手で投げるように後ろから前へ手を出します。

右手、左手の順で1回ずつです(ファンの場合左右逆になるのかもしれませんが、稲葉さんはそうやっています)

 

その後、先程2枚めの写真でご紹介した手のひらを回す動きをタンタンタンと3回行います。

 

そして最後の「恋心」のところで、サビの締めに必ず行う振り付けをやります。

まず右手だけ上に上げます。

 

そして、次に左手も上げます。

 

ゆっくり目に両手を握りながら左右に開きます。

 

最後はまた頭上に手を持っていき、3度パンパンパンと手を叩いて終わりです。

これでサビが1回分終わります。

あとはこれを繰り返すだけなのですが、最後にサビが連続するところで、

「先生~!」というところは手を3回叩く動作をせずに、「先生!」と手を前に出して叫ぶのが正しいというか、みんながやっている動きになります。

B'z楽曲 ライブ演奏回数ランキング~「ultra soul」を抜いた1位は?

2018.02.11

 

Wonderful Opportunity

B’zの2大振り付け曲といえば、恋心とコレでしょう。

サビの最後の「シンパイナイ モンダイナイ ナイナイ ザッツライフ イッツオーライ(心配ない問題ない、ないないThat’s life, It’s allright.)」のところで、恋心とちょっと似た感じで振り付けがあります。

短いので覚えやすいかと思います。

以下がやり方です。

最初に「シンパイナイ」のところで両手を上に上げてから、自分の肩のあたりに2回バウンドさせます。

 

次に「モンダイナイ」のところは左手だけで左肩を2回叩きます。

 

次に「ナイナイ」のところは最初と近い上方に両手を上げて、手首を横に少し振ります。

2人分の頭をなでるような動きです。

 

次に「ザッツライフ」の部分ですが、ここは動きが早いです。

まず「ザッツ」で左手は下げ、右手は上に拳のかたちで振り上げます。

 

次に「ライフ」部分で、今度は左手の拳を突き上げ、右手は下げます。

 

最後の「イッツオーライ」のところは両手を交互に5回上に上げます。

このときは手のひらは握らないで開きます。

 

この動きをサビの最後が来る度に繰り返すだけです。

ちなみに、曲の最後の歌詞がないところでは、さっきまで出てきた

①2人の人の頭を撫でる動き
②左手だけ上げて、左肩を2回叩く動き
③拳を交互に突き上げる動き

をサビの短縮版として行います。

①2人の人の頭を撫でる動き

 

②左手だけ上げて、左肩を2回叩く動き

 

③拳を交互に突き上げる動き

 

 

MVP

サビ全体で振り付けがあります。

最初の「愛しあ~いされる絶頂感」の「あ~い」のところでまず右手を上げます。

次に左手も上げてVの字にします。

 

次に「される絶頂感」の「れる」のところで2回手を叩きます。

 

次に「絶頂感」の「ちょ」のところで1回、その後「かん」の後でもう一度両手を上から前に振り下げます。

 

次に「めいっぱい感じてみたいよ」ですが、ここは右手を4回、左手を4回上でくるくる回します。

まずは右手

次に左手

 

そして、「汗ばんだ肩と肩 これから何かはじまる」のところは、サビ頭から同じ動きをもう一度繰り返します。

「目指すはいつ~も~」のところは両手で拳を作って、下からゆっくり上に上げます。

上の方になってくるとこんな感じです(宗教チック)

 

そしてサビ最後の「MVP」というところで、YMCAの要領でアルファベットを手で作ります。

M(手のひらはYMCAのように頭の上には上げず、胸のあたりに持ってきます)

V

P(両腕で輪を作って、少し頭上の左にずらすことで、前から見るとPに見えます。

かわいいフリですね。

 

NATIVE DANCE

これは非常に簡単で、間奏と後奏のところで「アーイーアーイ アーイーアーイアイー」と5回くらい「アーイ」という猿の鳴き真似のようなことをするのですが、そのときに両手を横に広げ上に上げていき、下げていくという感じです。

最初のアーイ1回目のときは手は下の方です。

下のほうに手がある時はこんな感じ(まっちゃんに注目)

 

アーイ2回目で中段あたりに腕が上がってきます。

 

3回目のアーイで最上段に上がります。

このあと4回目、5回目で一番下までまた下り、5回目の「アーイ」を伸ばしながら、また一番上まで持っていきます。

 

ちなみに、Pleasureライブでは頻出です!!

B'z HINOTORIのセトリ全日程まとめ LIVE-GYM Pleasure 2018(7月7日 – 9月22日)

2018.02.06

 

スイマーよ!!

これは前奏と間奏のところで、空中でクロールをするようなモーションがあります。

それだけですが、結構たのしいです。

まず左手で空を掻きます。

左手を伸ばしきって…

右手も(舌を出すかはお任せします)

 

Easy Come, Easy Go!

これはフリというか、サビで手を横に降るだけなのですが、それがお決まりになっているので紹介させて頂きました。

各アーティストにこうやって「手を振る」と決まってる曲ってありますよね。

ミスチルだったら「innocent world」などです

 

 ultra soul

これも振り付けのような大層なものではありませんが、ライブではサビの最後の

「そして羽ばたくウルトラソウル」のあとの「HEY!!」をジャンプしながら叫びます。

あなたもちゃんとジャンプしないと地震がすごいですよ。

全員が飛んでいる瞬間

 

ギリギリchop

これも振り付けというわけではありませんが、定番の「タオル回し」曲です。

必ずタオルを回します。

回しまくるので非常に腕が疲れますね。

 

King Of The Street

これもタオル回し曲です。

LIVE DINOSAURでタオルを回す稲葉さん・松本さんもどきの人形がステージに出てきて、タオルを回すアピールをしていました。

 

きしん
よければTwitternoteも見て下さい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください