Microsoft Office アカデミック版の違い~通常版・アップグレード優待版と比較して


きしん
こんにちは、ウィルときしんのきしんです

Microsoft Officeを購入しようとすると、以下の3タイプに遭遇しますよね。

  1. 通常版
  2. アップグレード優待
  3. アカデミック版

通常版に対して2,3はどのように違うのでしょうか。

アカデミック版

こちらは基本的には通常版と同じなのですが、購入の際には学生証などの身分証が必要になります。

安いからといって買って使えないことがないようにしましょう

 

アップグレード優待

こちらは旧バージョンから新バージョンへのアップグレードにのみ対応しているため、値引きされたものです。

例えばExcel 2010が入っていれば、Excel2013のアップグレード優待を購入して、2013へのアップグレードが可能です。

ただし、この場合例えば2010をもともと持っていないのに2013だけを買っても2013が使えるようにならないのでご注意下さい。

 

購入時の注意点

Amazonなどでは新品も中古品も売っていますが、中古品は買わないようにしましょう。

なぜならば、Officeはライセンス認証で使えるようになるのですが、中古の場合、そのライセンスを前使用していたPCから削除しないと新しいPCで使えるようにならないため、悪質な業者から買った場合使えない可能性があるからです。

 

なお、どうしても安くOfficeソフトを使いたいという場合は、Mircosoftのものではないけれど、それと互換性のあるKing Softの製品をおすすめします。

Microsoft Officeとの互換性No.1でなんと価格は7分の1です!

そもそもマイクロソフトがぼったくりすぎるんですよね。

Wordにあたる「Writer(ライター)」、Excelにあたる「Spreadsheets(スプレッドシート」、Powerpointにあたる「Presentation(プレゼンテーション)」がそれぞれ用意されています。

初回30日間は無料なので、急場しのぎで「今だけ使えればいい」という場合にも便利ですね。

 

お役に立てれば幸いです。

きしん
よければTwitternoteも見て下さい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください