新幹線の名前の由来【新幹線の名前から速さが分かる!?】

ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

突然ですが、新幹線の『こだま』『ひかり』『のぞみ』には由来があるって知ってました?

”続きを読む”

こだま

「声がこだまする」って言いますよね?

こだまは『音速』のことを指しています。

 

ひかり

ひかりは漢字で書くと「光」。

その名の通り『光速』を指しています。

光速は音速を超えるので、こだま号よりひかり号の方が速いのです。

 

 

のぞみ

のぞみは漢字で書くと「望み」。

人の思いは光速を超えるということで、ひかり号よりのぞみ号の方が速いのです。

 

 

 

どうでしたか?

こだま<ひかり<のぞみの順で速いんですね。

 

 

ちなみに、小さい頃の僕は500系がすごく好きでした。写真に500系を使っているのはそのためです。

 

あの青色のボディがキレイで。

 

 

あと、400系もなぜか好きでした。

500系に比べると色も地味でそんなにカッコよくは見えない気もしますが、実は400系が1番好きでした。いま見てもなぜか落ち着いてしまうボディをしています。

それでは、また明日。

Twitterも随時更新中

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@雑記ブログ&仮想通貨

”折りたたむ”