【2019年版】東野圭吾 おすすめランキングTOP10~人気作、代表作続々


きしん
こんにちは、ウィルときしんのきしんです

人気作家ランキングのトップ常連の東野圭吾さん。

読みやすい書体、いつの間にか用意されていた伏線、どんでん返しのラスト、…など読書につい夢中になってしまう要素がつまった東野圭吾の作品は魅力でいっぱいです。

今回はそんな東野圭吾の作品をあまり読んだことがない初心者向けに、ランキング形式で10作おすすめしたいと思います。

ランキング作成方法については、より一般的になるよう「東野圭吾 ランキング」で調べて出てくる10サイトのTOP10を集計しました。

各サイトで1位の作品に10Pt、2位は9Pt、…、10位は1Ptとポイントを付与し、合計ポイントの多い順にランキング化しています。(詳細は後述)




目次を開く/閉じる

東野圭吾おすすめランキング|10位(13Pt)『夢幻花』(2013年)

 

あらすじ

花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治が殺された。遺体の第一発見者である孫娘・梨乃は、祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、ブログにアップする。
それを見て身分を隠して近づいてきたのが、警察庁に勤務するエリート・蒲生要介。ふとしたことから、その弟で大学院生の蒼太と知り合いになった梨乃は、二人で事件の真相解明に乗り出す。一方、西荻窪署の刑事・早瀬も、別の思いを胸に事件を追っていた……。
禁断の花をめぐり、宿命を背負った者たちの人間ドラマが交錯する〝東野ミステリの真骨頂〟。

おすすめポイント
  • 2013年度の柴田錬三郎賞受賞
  • 青年やおじいちゃんなど各登場人物の生き様が身近でリアル
  • 1章ごとに主人公が変わり、後半になるにつれて徐々に話がつながっていく構成

▼映像作品

現在ありません

 

東野圭吾おすすめランキング|9位(14Pt)『赤い指』(2006年)

 

あらすじ

少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身の手によって明かされなければならない」。刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は?家族のあり方を問う。

おすすめポイント
  • 2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞受賞した後の第一作
  • どこにでもいるありふれた家族の話に共感する
  • ゆっくりと首を締め付けられていくような怖さがある

▼映像作品

 

 

東野圭吾おすすめランキング|8位(15Pt)『むかし僕が死んだ家』(1994年)

 

あらすじ

「あたしには幼い頃の思い出が全然ないの」。7年前に別れた恋人・沙也加の記憶を取り戻すため、私は彼女と「幻の家」を訪れた。それは、めったに人が来ることのない山の中にひっそりと立つ異国調の白い小さな家だった。そこで二人を待ちうける恐るべき真実とは…。

おすすめポイント
  • 日記、地図、鍵など小さな証拠から段々と導かれる展開に臨場感がある
  • 付箋を張っておいたほうがいいくらい至るところにある伏線
  • 親子とはなにか。親と子の付き合い方を考えさせられる

▼映像作品

現在ありません

 

東野圭吾おすすめランキング|7位(20Pt)『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2012年)

 

あらすじ

悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか?3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが…。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?

おすすめポイント
  • 東野作品史上、もっとも泣ける感動ミステリー
  • 過去や未来を行き来する「東野圭吾らしくない」SFファンタジー
  • 人間のめぐり合わせが生むトリッキーなのに温かなストーリー

▼映像作品

 

 

東野圭吾おすすめランキング|6位(23Pt)『悪意』(1996年)

 

あらすじ

人はなぜ人を殺すのか。東野文学の最高峰。人気作家が仕事場で殺された。第一発見者は、その妻と昔からの友人だった。逮捕された犯人が決して語らない「動機」とはなんなのか。超一級のホワイダニット(Why done it?)。加賀恭一郎シリーズ

おすすめポイント
  • 「なぜ人は人を殺してしまうのか」を徹底的に考えさせられる
  • 重々しく始まるが、最終章でひっくりかえされる構成
  • 大人気・加賀恭一郎シリーズの刑事である加賀が前職を辞めた理由に迫る

▼映像作品

現在ありません

 

東野圭吾おすすめランキング|5位(29Pt)『流星の絆』(2008年)

 

あらすじ

何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。著者会心の新たな代表作。

おすすめポイント
  • 東野作品史上、売り上げNo.1
  • 親を亡くした子の悲哀や苦悩を描きつつ、爽やかに感じるタッチ
  • 親殺しの犯人の子を好きになってしまう「理性と本能」という究極の対立

▼映像作品

 

 

東野圭吾おすすめランキング|4位(48Pt)『秘密』(1998年)

 

あらすじ

運命は、愛する人を二度奪っていく。
自動車部品メーカーで働く39歳の杉田平介は妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美と暮らしていた。長野の実家に行く妻と娘を乗せたスキーバスが崖から転落してしまう。 妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。 その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。 外見は小学生ながら今までどおり家事をこなす妻は、やがて藻奈美の代わりに 新しい人生を送りたいと決意し、私立中学を受験、その後は医学部を目指して共学の高校を受験する。年頃になった彼女の周囲には男性の影がちらつき、 平介は妻であって娘でもある彼女への関係に苦しむようになる。

おすすめポイント
  • 妻の魂が入った娘が成長し、男性の影がちらつくという惨めな主人公
  • 最後になってタイトルの意味がわかる東野作品らしい工夫
  • 非現実的な設定ながら人間味が詰まっている感動必至のストーリー

▼映像作品

  • 広末涼子主演映画

 

  • 志田未来主演連続ドラマ

 

 

東野圭吾おすすめランキング|3位(61Pt)『手紙』(2003年)

 

あらすじ

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。

おすすめポイント
  • 文春文庫史上最速でミリオンセラーとなり、200万部を売り上げるベストセラー
  • 殺人犯の兄弟という拭い去れないレッテルを貼られた主人公という設定
  • 罪とは、償いとは何なのかを考えさせられる

▼映像作品

 

 

東野圭吾おすすめランキング|2位(74Pt)『容疑者Xの献身』(2005年)

 

あらすじ

天才数学者でありながら不遇な日々を送っていた高校教師の石神は、一人娘の美里と暮らす隣人の花岡靖子に秘かな想いを寄せていた。 ある日、靖子の前夫・富樫が母娘の居場所を突き止めて訪ねてきた。金を無心し、暴力をふるう富樫を、靖子と美里は殺してしまう。 呆然とする二人を救うために、石神は完全犯罪を企てる。 だが皮肉にも、石神と帝都大学の同期であり、親友である物理学者の湯川学がその謎に挑むことになる。 ガリレオシリーズ初の長編。

おすすめポイント
  • 東野圭吾作品読者人気ランキング第1位、直木賞受賞のベストセラー
  • 命がけの純愛が生んだ犯罪
  • 天才数学者の殺人犯に天才物理学者が挑む

▼映像作品

 

 

東野圭吾おすすめランキング|1位(82Pt)『白夜行』(1999年)

 

あらすじ

愛することは「罪」なのか。それとも愛されることが「罪」なのか。
1973年、大阪の廃墟ビルで質屋を経営する男が一人殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りしてしまう。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂――暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んでいくことになるのだが、二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪の形跡。しかし、何も「証拠」はない。そして十九年の歳月が流れ……。伏線が幾重にも張り巡らされた緻密なストーリー。壮大なスケールで描かれた、ミステリー史に燦然と輝く大人気作家の記念碑的傑作。

おすすめポイント
  • 文庫版で854ページという大作の中に綿密に張り巡らされた伏線
  • 闇の世界で生きる青年と、華々しい活躍をする美女の隠された関係
  • 長いはずなのにスルスルと読めてしまい、最後は「終わらないで」と思わせるストーリー

▼映像作品

  • 山田孝之・綾瀬はるか主演連続ドラマ

 

  • 堀北真希・ 高良健吾主演映画

 

いかがでしたか。

読みたい作品、好きな作品はありましたでしょうか。

東野圭吾のドラマ化作品おすすめランキングTOP5

東野圭吾作品の中で、ドラマ化されているものだけ抜き出してランキングにしてみました。

順位の付け方は、全体ランキングTOP10と同じで、TOP10サイトを集計しています。

東野圭吾のドラマ化作品おすすめランキング|5位(13Pt)『新参者』(2009年)

 

 

東野圭吾のドラマ化作品おすすめランキング|4位(14Pt)『赤い指』(2006年)

 

 

東野圭吾のドラマ化作品おすすめランキング|3位(29Pt)『流星の絆』(2008年)

 

 

東野圭吾のドラマ化作品おすすめランキング|2位(48Pt)『秘密』(1998年)

 

 

東野圭吾のドラマ化作品おすすめランキング|1位(82Pt)『白夜行』(1999年)

 

 

東野圭吾の映画化作品おすすめランキングTOP5

東野圭吾作品の中で、映画化されているものだけ抜き出してランキングにしてみました。

順位の付け方は、全体ランキングTOP10と同じで、TOP10サイトを集計しています。

東野圭吾の映画化作品おすすめランキング|5位(20Pt)『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2012年)

 

 

東野圭吾の映画化作品おすすめランキング|4位(48Pt)『秘密』(1998年)

 

 

東野圭吾の映画化作品おすすめランキング|3位(61Pt)『手紙』(2003年)

 

 

東野圭吾の映画化作品おすすめランキング|2位(74Pt)『容疑者Xの献身』(2005年)

 

 

東野圭吾の映画化作品おすすめランキング|1位(82Pt)『白夜行』(1999年)

 

 

東野圭吾おすすめランキング1位~34位まとめ

以下に、参考までにTOP10ランキング作成時に作った34位までのランキング表を掲載しておきます。

タイトルのリンクはAmazonの各作品ページにつながっています。

ドラマや映画がある場合はそちらのリンクも付けています。

順位 作品名 ポイント 発行年
1 白夜行映画ドラマ 82 1999
2 容疑者Xの献身映画 74 2005
3 手紙映画 61 2003
4 秘密映画ドラマ 48 1998
5 流星の絆ドラマ 29 2008
6 悪意 23 1996
7 ナミヤ雑貨店の奇蹟映画 20 2012
8 むかし僕が死んだ家 15 1994
9 赤い指ドラマ 14 2006
10 夢幻花 13 2013
11 新参者ドラマ 13 2009
12 祈りの幕が下りる時映画 12 2013
13 マスカレード・ホテル 12 2011
14 探偵ガリレオドラマ 12 1998
15 真夏の方程式映画 11 2011
16 さまよう刃映画 11 2004
17 麒麟の翼映画 10 2011
18 宿命ドラマ 10 1990
19 仮面山荘殺人事件 10 1990
20 予知夢ドラマ 9 2000
21 どちらかが彼女を殺した 9 1996
22 十字屋敷のピエロ 9 1989
23 パラレルワールド・ラブストーリー 8 1995
24 ある閉ざされた雪の山荘で 8 1992
25 プラチナデータ映画 5 2010
26 幻夜 4 2004
27 魔球 4 1988
28 沈黙のパレード 3 2018
29 時生 3 2002
30 天空の蜂映画 3 1995
31 パラドックス13 2 2009
32 虚ろな十字架 1 2014
33 変身ドラマ 1 1991
34 放課後 1 1985

東野圭吾おすすめランキング作成方法

今回のランキング作成にあたって、下記の方法をとりました。

東野圭吾おすすめランキング作成方法
  1. Googleをシークレットモードで開く(検索結果の個人差をなくすため)
  2. 「東野圭吾 ランキング」と検索して出てきたTOP10サイトを抽出(2018年12月31日時点)
    ※1サイトだけランキング形式ではなく、作品も9つしかなかったので、これは除外し11位のサイトを拾いました
  3. 各サイトで紹介されている作品に対して、「1位10ポイント、2位9ポイント、…、10位1ポイント、11位以降0ポイント」とポイント化
    ※サイトによってランキングで同率○位という場合がありましたが、この場合発行年が新しい作品を上の順位としました
  4. 10サイト×10作品のデータを全て合計し、ポイントの高い順にランキング作成

こちらの手法をとった理由は以下の通りです。

今回のランキング作成方法を採用した理由
  1. おすすめする理由は人によって変わってしまうため、主観的な要素をなくしたかった
  2. 発行部数ランキングも検討したが、これは悪く言えば「ただ売れただけ」や「昔の作品だから積み上げがあって有利」などの要素に阻害されるため採用しなかった
  3. ファンなどによるランキング投票結果を採用することも検討したが、投票が2012年など古いことが多かったため、最新ランキングとは言えなかった
  4. 他のサイトとは異なる新規性を持ちつつ、定番の王道性を担保したかった

結果として、ど定番の作品ばかりになりましたので、納得のランキングです!

ちなみに検索結果TOP10サイトの順位を集計する前の一覧表はこちらです。

きしん
よければTwitternoteも見て下さい!



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください