投資とギャンブルの違いとは?






1. 投資とギャンブルは同じ?

投資とギャンブルは何が違うのでしょうか。
いざ聞かれると、どちらも似たような言葉のように感じますが、ずばり投資は「プラスサムゲーム」、ギャンブルは「マイナスサムゲーム」です。
これだけでは何を言っているのかわからないと思いますので、追って順に説明していきます。

2. ギャンブルとは?

ソース画像を表示

(転載元:https://www.news-postseven.com/archives/20180617_699664.html)

(1). ギャンブルとは?

ギャンブルとは、「金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯のこと」を言います。
例えばカジノやパチンコ、競馬などのレース、また宝くじもギャンブルの類に入ります。
先ほど冒頭で、ギャンブルは「マイナスサムゲーム」と申しましたが、サムというのは、つまり合計の事です。
つまりマイナスサムゲームとは、ギャンブルにお金を賭けた総額よりも少ない金額が、賭けた人に還元されることです。
例えば、パチンコにお金を賭けた場合、平均して大体賭けた金額の8割程度が戻ってくると言われています。
この「賭けた金額に対して、戻ってくる理論上の数値」のことを「期待値」と言います。
ギャンブルの特徴として、この期待値が100%より低いことが挙げられます。
なぜ期待値が100%より低いのかと言うと、ギャンブル事業の運営費、人件費などにお金がかかるため、賭けた金額より、払い戻される金額が多いと、事業として存続できないためです。

(2). なぜ期待値が低いのにギャンブルをするの?

ではなぜ期待値が低いとわかっていながら人々はギャンブルをしてしまうのでしょうか。
それは、ある行動を起こすことによって快感が得られると、その行動を反復しようとする動物としての習性があるためと言われています。
例えば、パチンコでたまたま少ない金額で大儲けしてしまった時に、脳内ではドーパミンが放出され「快感」を感じます。
それによってパチンコをする行為を繰り返そうとしてしまいます。
そして、たとえトータルで損していることがわかっていたとしても、またあの大当たりの「快感」を得ようと人間は行動してしまうのです。このようにギャンブル行為で極度の反復性を伴った場合には、ギャンブル依存症という病気に該当します。
これは特定の人ではなく、人間誰しもが起こりうることなので、注意しなければなりません。

(3). どのギャンブルが一番勝ちやすい?

上記ではギャンブル依存症について述べましたが、デートで競馬を見に行ったり、旅行先で少し余ったお金でカジノで遊んでみたいという方もいらっしゃると思います。
そこで、ではどのギャンブルが一番儲かる可能性が高いのか、以下にまとめてみました。

ギャンブル 期待値
宝くじ 約50%
競馬・競艇 約70%
パチンコ 約80%
カジノ(ルーレット等) 約95%

表には期待値と書いておりますが、期待値とは、賭けた金額に対して戻ってくる金額の理論上の数値です。
何百回、何千回とギャンブルをした場合に、賭けた金額に対して戻ってくる金額は、おおよそ期待値通りになります。
上記を見てみると、ギャンブルの中でもカジノが最も期待値が高いです。
また図には記載しておりませんが、カジノのゲームの中では、ブラックジャック、また店舗があるカジノではなく、オンラインカジノの方が設営費がかからないので、期待値は高くなりやすいです。
ただいずれにしても期待値が100%以上にはならないので、もしやるとしても何百回とやるのではなく、少ない回数でとどめておくのがいいかと思います。

3. 投資とは?

(1). 投資とは?

投資とは、「将来の資産を増やすために、現在の資本を投じること」を言います。
例えば株式投資や、不動産投資、また金への投資が該当します。
冒頭では投資の事を「プラスサムゲーム」と申し上げました。
プラスサムということは、つまり投資に賭けた総額よりも大きな金額が、投資した人に還元されるということです。
但しもちろん投資で損をすることもあります。
それは投資先の価値が減少しているために起こります。なので投資は正確に言うと「プラスサムになりうるゲーム」と定義しておいた方が正確かも知れません。

(2). 投資はギャンブルではない?

では投資とギャンブルは何が違うのでしょうか。
それは上記で述べたように、ギャンブルは必ず「マイナスサムゲーム」であるのに対し、投資は「プラスサムになりうるゲーム」という点が異なります。
ですので将来への資産形成など、より長期的な視点で自分のお金を増やそうと考えているのなら投資を行うべきということになります。
ですが、投資にもあまりお勧めできない取引があり、それは、①手持ちの現金以上に金額を投じることのできる信用取引や、②投機と呼ばれるハイリスク・ハイリターンの取引は、投資という面ではあまりおすすめできません。

(3). 2chにおける投資とギャンブル論

ここまで投資とギャンブルについて述べましたが、ネットではこの投資とギャンブルについてよく議論になっています。
例えば、「2ch 投資 ギャンブル」で検索すると、投資とギャンブルの違いについてや、ギャンブル依存症になった話など、多くのスレッドがたっています。
その記事を読んでみると、多くは投資とギャンブルの違いがよくわからないといったコメントや、投資でも損することは全然あるといったコメントがあったりします。
確かに投資もギャンブルと同様に「一か八かの賭け」をすることがあります。
しかし投資の場合は、その何も考えず「一か八か」ではなく、ある程度考えて投資することによって儲かる可能性が高まります。
その投資方法が、「長期投資」「分散投資」の2つになります。

(4). 長期投資の大切さ

よく巷で聞く、「長期投資は、資産形成に重要」という言葉。改めてなぜ長期投資は大切なのでしょうか。
それは長期的に、株価は企業業績と連動しやすいという関係があるためです。
過去長期間で見ると、日経平均株価と、その構成銘柄の企業業績は概ね連動しています。
またそれは日本のみならず、米国や欧州市場でも同様の事が言えます。
そして企業業績は、上場している企業群ですから、稼ぐ力というのが概ねついているので、上昇傾向となり、株価も上がりやすいのです。
但しここで本当に企業業績が右肩上がりになっていくのかは、注意して調べないといけません。
例えば景気が不景気になると企業も稼げないですし、地域別でも今のところ米国企業の稼ぐ力が突出しています。
私は個人的に米国企業の株式に投資をしていますが、いずれ米国の時代も終わりを告げるかも知れないので注意したいところです。

(5). 分散投資の大切さ

では、米国のアップルのような一社に全額を投資すればいいのかというと、それは資産形成にも不向きです。
安定的に儲かるには、分散投資というのが、重要になってきます。
分散投資は、なんとなく良いというのは、ご存じかと思いますが、具体的には何がよいのでしょうか。
それは分散投資をすることによってシャープレシオを高めることができるためです。
シャープレシオとは、「リスク(リターンの振れ幅)に対してどれだけのリターンが得られるか」を示す指標であり、詳しくはこちらに記事を載せています。
なぜ分散投資をするとシャープレシオが高くなるのか、言い換えると少ないリスクで大きなリターンを得られることができるのかについて、ここでは具体的な計算は示しませんが、分散投資をすることによって、リスク(リターンの振れ幅)を少なくすることができます。なので長期投資と合わせて、分散投資も大事なのです。

4. 投資とギャンブルの違い(まとめ)

以上投資とギャンブル、そして投資の具体的な方法について記載しましたが、最後にマトリックスで簡単に投資とギャンブルについてまとめてみました。

ギャンブル 投資
相違点 賭けた金額よりも少ない金額が、
賭けた人に還元される(マイナスサムゲーム)
賭けた金額よりも多い金額が、賭けた人に還元される可能性がある(プラスサムになりうるゲーム)
共通点 賭けた金額よりも多い金額を得られる可能性がある。 賭けた金額よりも多い金額を得られる可能性がある。
注意点 ギャンブルをするならオンラインカジノなど、
期待値が高いギャンブルをするのがおすすめ。但しやればやるほど負けることを認識しておく。
資産形成のためには1社に短期間で投資するのではなく、様々な企業に長期間投資するのがおすすめ。

ここで見てわかるように投資とギャンブルには共通点と相違点があるというのを知っていただければと思います。
皆さんがよりよい投資ライフを送れることができることを祈っております



コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください