20代におすすめの投資の方法!



投資とギャンブルの違いとは?

2020年3月9日




1.20代の投資初心者の方がやるべきこと

こんにちは、ゆたかです。
20代の多くの方は、働き盛りで給料も徐々に増えてきて、投資についても考えはじめているかと思います。
今回は20代に方にフォーカスした投資の方法について書いていきたいと思います。

(1). 20代投資家に必要なことは?

給料も入ってきて、いざ投資をしようとなったらおそらく、色々と情報収集をするでしょう。
20代の方にとって大切なのは、まず投資に関して正しい知識を身につけることそして正しい知識を基に実践することだと思います。
そこで、まず投資初心者のためになる有益な情報を以下簡単にまとめてみました。

(2). 20代投資家におすすめの本

まず知識を身につけるためには、本が有用と考えています。
というのも、本は自宅でいつでも参照できることや、有益な情報がたくさん含まれているためです。
そこで以下参考になる投資関連の本を紹介します。

金持ち父さん、貧乏父さん

こちらは具体的な投資方法は書いていないですが、投資とは何かというのを考える名著です。
投資家としての考え方を身に着けるのに最適です。

はじめての人のための3000円投資生活

この本の良いところは、投資のみならず、「お金の習慣」について示してくれているため、投資以外の部分でも自らの資産を増やすヒントが含まれています。

マンガでわかる株式投資!
女子高生株塾―一番売れている株の雑誌ZAiのNo.1人気連載が待望の単行本化!

こちらは上記の2冊とは異なり、投資をするには具体的に何をすればいいのかをわかりやすく書いている本です。
また漫画で描かれているので、読みやすい点も高評価です。

以上がおすすめの本ですが、上記の本に加え、投資の中~上級者向けにも参考になる本を以下で紹介していますので参考にしてみてください。
20代投資家におすすめの本【10選】

(3). 20代投資家におすすめのセミナー

続いて20代投資家にとって参考になるのが、投資セミナーに参加することだと思いますが、実は私は、投資セミナーへの参加よりも、本での情報収集をおすすめしています。

というのもセミナーではつい分かった気になってしまう。自分のペースで勉強ができない。有料の場合、本よりも高くついてしまう。などのデメリットがあります。
一方、本は、正しい知識も得られやすいですし、自宅でいつでも参照できるので復習することができます。

但し、1度は経験も兼ねてセミナーに参加してみるのもいかがでしょうか?
そこでもし投資セミナーに参加する場合に、おすすめの投資セミナーと注意点を伝えたいと思います。
まずおすすめセミナーについてですが、一言で言うと大手証券会社の無料セミナーです。
その理由として、料金がかからないこと、そして基礎的な情報を伝えてくれることがメリットにあります。
またできれば、オンラインで自宅で視聴できるセミナーが良いと思います。
なぜなら以下の注意しなければいけない点があるためです。

投資セミナーで注意するべきこと3つ
1.金融商品や、有料のセミナーへの誘導に注意
2.誤った情報に注意
3.セミナーへの依存しすぎに注意

特に投資セミナーで注意しなければならないのは、1点目の金融商品や、有料セミナーへの誘導でしょう。
セミナーを開くということは、主催者側に何らかの狙いがあるはずです。セミナーをきっかけに高額な商品への誘導や、有料セミナーへのしつこい勧誘がなされる可能性もあります。
もし参加される場合は十分注意してください。
そこでおすすめなのが、先ほど述べたような、大手証券会社主催の、無料セミナーですが、以下にわかりやすくおすすめセミナーをまとめてくださっている方がいらっしゃいましたので、紹介いたします。

株初心者向け無料セミナーを活用しよう|証券会社人気セミナー7選

2. 忙しい20代サラリーマンにおすすめの投資とは?

では知識を身につけ、いざ投資をしようとなったときにおすすめの方法があります。
それはまず勉強する前に少額で、特定の株を買っておくことです。

いや知識もないのに株を買うなんてできないよ!
まず知識を身につけないといけないと言っていたのに、先に投資しておくなんて矛盾している!

といった意見が出てくると思います。
ここで大事なのが、まず行動をしてみるという点です。
例えば仮に投資をしようと思ってとりあえず勉強から入ってしまうと、一向に投資に踏み出せない場合が多々あります。
そこでまず株式を買ってしまうことで、おのずとその会社や、株価が気になり、勝手に自分で調べ始めるという好循環が生まれます。
ではどういった資産が投資対象になりうるか以下にまとめてみました。

(1). 株式投資

何も投資したことがない人は、まず株式投資から始めてみましょう。
株式投資の良いところは、なんといっても始めやすいところです。
証券会社の口座を開いて、入金し、1銘柄買えば、立派な株式投資です。
また少額で始めることができるので、勉強する前に10万円程度で1株買っておくことがおすすめです。

(2). 投資信託投資

こちらは、株式投資よりも、少額で、かつ安定的な投資先なので、初心者におすすめです。
投資信託とは、「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品」のことです。
つまりお金を預ければ、プロの運用の人たちが運用してくれる商品になります。

(3). 債券投資

一般的に債券投資は、定期的に利息を受け取ることができ、ある期限になると、投資した元本が返ってくる商品になります。
つまりとても低リスクな商品です。
その一方で大きく儲けることもないので、20代の儲けたいという意思が強い人にとってはやや魅力度にかけるでしょう。
少額で投資するとしたら債券投資よりも上述の株式・投資信託投資をおすすめします。

(4). 不動産(マンション)投資

こちらはなかなかハードルが高いと思いますので、ある程度投資に慣れてきた人が挑戦すべき投資対象でしょう。
不動産投資というのは、大きな金額が必要になりますので、まず銀行からお金を借ります。
そのお金を使って、不動産(マンション)を購入し、そこに住んでいる人の家賃収入が、自分の懐に入ってきます。
つまり借金をする必要がある投資方法なので、不動産投資をする際には慎重に検討してから行いましょう。

3. 20代の女性におすすめの投資

今の時代、女性の社会進出も当たり前となっており、女性自身がたくさんお金を稼いでいる時代に到来していると思います。
投資というと男性が行っているイメージがありますが、女性の経済的な自立が進んでいる今、自ら資産運用を行う必要性も高まっています。

(1). 20代女子はこれから投資が必要!?

まずはこちらをご覧ください。

これは、総務省が発表した統計から抜粋したものです。
以下を見ると、男女共に30歳未満までは有価証券(株式、債券、投資信託等の総称)の総資産に占める割合が5%程度であるのに対し、30~39歳では一気に差が開き、男性は22%であるのに対し、女性は8%にとどまっています。

これはおそらく結婚や出産など人生の転機を迎えるにあたって、貯蓄をしておこうという気持ちが働いていたり、あるいは、子育てや家事など、投資などに時間を費やしている時間がなく、また家族のため貯蓄をしておこうという気持ちが働いているからだと考えています。

しかしこれから時代の流れは、男女平等であり、男性も子育てをし、女性は出産後も働き続け収入が増えることが想定されます。
その時に出来た時間とお金を、ただただ消費するのではなく、将来のため投資を行うという選択肢をもってもよいのではないでしょうか?
そこで次に女性におすすめの投資を紹介します。

(2). 20代女子におすすめの投資

では20代女子にはどのような投資が良いのでしょうか?
私としては、まず少額で始められる積み立て投資をおすすめしたいと思います。
女性の方にとって、結婚や出産など、大きな人生の転機によって生活スタイルが一変する可能性もあるかと思います。
ですので、万が一に備えて貯蓄をしてしまいがちですが、若い世代から投資をすることで、大きな複利効果が得られます。将来のためにこつこつと積み立てて少しずつ財産を築いていきましょう。

また投資という概念を少し広げて、自己投資というのもおすすめしたいと思います。
これは株式投資などではなく、資格など自らのスキルが高まるように行う投資のことです。
現代では、女性は結婚や出産後も、社会復帰するケースを多くを占めており、また未婚率も高まっています。
社会の中で充実した生活を送るためにも、20代のうちに、自らの価値を上げるというのもおすすめしたいと思います。

4.まとめ

以上20代の方にとってのおすすめの投資方法を述べましたが、まとめますと、20代の方は、「まずは行動する」という意識をもって、投資について勉強する前に、少額でいいので株式投資を行ってみること。
そしてその後に、投資についての本を何冊か読んでみることをおすすめします。
特に20代の女性は、これからの時代、女性の社会進出に伴って収入が増えることも期待できるので、投資について積極的な姿勢をもつこと
また株式投資のみならず、自己投資も行うことがおすすめです。

投資で儲かる方法とは?投資先を決める具体的な方法!

2020年1月5日

 



コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください