【筋トレ用語 / 29連発】トレーニングに欠かせない専門用語の意味を解説


ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

筋トレ関連でよく意味のわからない言葉って、ありますよね。

今回は、筋トレ用語29連発をお伝えします。


ここでは、筋トレ用語を「入門編」「初心者編」「玄人編」の3つに分けて合計87連発お送りします。最後まで読むことで、筋トレ入門者からトレーニングが大好きな玄人の皆様まで楽しめる内容になっています。

すべてのトレーニーにおすすめの一冊!

仕事やプライベートで抱えるすべての問題は、筋トレによって解決できる。

Twitterで話題のあのTestosterone氏の名著。マッチョ社長が編み出した力尽くの人生術。




筋トレ用語 / 29連発(入門編)



筋トレ用語(入門編)は、以下になります。

筋トレ用語29連発(入門編)

【1】BCAA

【2】カタボリック

【3】チートデイ

【4】チーティング

【5】テストステロン

【6】ビッグ3

【7】インナーマッスル

【8】インクライン

【9】デクライン

【10】超回復

【11】コンパウンド種目

【12】フィジーク

【13】レップ

【14】インターバル

【15】オールアウト

【16】カゼイン

【17】リア

【18】チン二ング

【19】フリーウエイト

【20】ゴールデンタイム

【21】PFCバランス

【1】BCAA

BCAAとは「Branched Chain Amino Acids」の略です。

化学的には、分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸と呼ばれます。

ただ、筋トレ的にはアミノ酸であることがわかっていれば十分でしょう。

具体的には、バリン、ロイシン、イソロイシンというアミノ酸のことを言います。

アミノ酸とは、たんぱく質をさらに分解して体内で吸収しやすくなった状態の物質のことです。

つまり、たんぱく質の源です。

筋肉の材料は、たんぱく質であることは周知ですね。

【2】カタボリック

筋肉を合成するたんぱく質の摂取量が足りず、筋分解が進んでいる状態のことをカタボリックといいます。

反対に、たんぱく質の摂取が十分にできており、筋肉の合成が適切にできている状態のことをアナボリックといいます。

【3】チートデイ

チートデイとは、減量期間においてあえて何でも食べていい日を設けること。

減量期間はカラダを絞るため徹底した食事管理をすることになりますが、それをずっと続けていると精神的にキツイです。

そのため、チートデイを設けることで気分をリフレッシュし減量期間を乗り切ることができます。

【4】チーティング

チーティングとは、反動を利用して重量を扱うことをいいます。

反動を利用することで、より重い重量や最後の一回を扱うのに役立ちます。

【5】テストステロン

テストステロンとは、善玉の男性ホルモンの一つです。

このホルモンは、筋トレをしている最中に分泌されやすく、男性やすいカラダを作ることを助けます。

このホルモンが分泌されることで、体内で筋肉が合成されやすい環境が整います。

反対に、悪玉の男性ホルモンの一つにジヒドロテストステロンがあります。

このホルモンは、自慰行為をしている最中に分泌されます。

ジヒドロテストステロンが分泌されると、体内でテストステロンが分泌されにくくなってしまうので注意が必要です。

自慰行為を控えることが、筋トレに効果があると言われているのはこのためです。

【6】ビッグ3

ベンチプレス・デッドリフト・スクワットのことを合わせてビッグ3といいます。

ビッグ3の種目は全身の筋肉を使うため、筋トレにもっとも効果が高いと言われています。

極端な話をすれば、ビッグ3だけやっていても十分なくらい。

【7】インナーマッスル

インナーマッスルとは、カラダの奥の方にある筋肉の総称をいいます。

反対に、体の表面にある筋肉のことをアウターマッスルといいます。

【8】インクライン

 

【9】デクライン

 

【10】超回復

超回復とは、トレーニングをして傷ついた筋肉が回復する際に元あったよりも大きくなって回復することをいいます。

これにより、筋トレをすると筋肉が大きくなります。

【11】コンパウンド種目

コンパウンド種目とは、複数の関節を使うトレーニング種目のことをいいます。

たとえば、ベンチプレスや

【12】フィジーク

フィジークは、筋肉の美しさを競うコンテストの一つです。

ボディビルや、ベストボディジャパンとともに、有名なコンテストです。

【13】レップ

レップとは、筋トレの際の筋肉に負荷をかける回数のことです。

例えば、ダンベルを10回持ち上げるときには「10レップ」といいます。

筋肉を大きくするのにもっとも適切といわれているレップ数は、8レップと言われています。

これは “ただ8回持ち上げればいい” という意味ではなく “全力を力を発揮してギリギリ8回持ち上げられる重量に設定する” という意味です。

【14】インターバル

インターバルとは、トレーニングのワンセットごとに設ける休憩時間のことをいいます。

例えば、ダンベルを10回持ち上げて2分間休憩を取る場合には、インターバルは2分になります。

【15】オールアウト

筋トレで筋肉の力を完全に使い切った状態のこと。

【16】カゼイン

大豆から作られたプロテインのことをソイプロテインといいます。

【17】リア

【18】チン二ング

懸垂のコト。

【19】フリーウエイト

フリーウエイトとは、ダンベルやバーベル種目のようなマシンを用いず重量を持ち上げる種目のことです。

【20】ゴールデンタイム

筋トレを終えてから、30分以内の時間のことをゴールデンタイムといいます。

この時間帯には筋トレをして筋肉組織がたんぱく質を求めているため、たんぱく質の吸収がより効率的に行われます。

【21】PFCバランス

Protein(たんぱく質)のP、Fat(脂肪)のF、Carbon(炭水化物)のCを取って、PFCバランスといいます。

たんぱく質・脂肪・炭水化物はマクロ栄養素と呼ばれ、これらはカラダを作る栄養素の内たくさん接種することが必要とされている栄養素です。

反対にビタミンやミネラルのことをミクロ栄養素といい、これらは大量に摂取する必要はないですが、毎日確実に摂取することでカラダの調子を整えることができます。

筋トレ用語 / 29連発(初心者編)



筋トレ用語(初心者編)は、以下になります。

筋トレ用語29連発(初心者編)

【1】エキセントリック収縮

【2】拮抗筋

【3】オーバーグリップ

【4】ジャイアントセット

【5】ナロウ

【6】ネガティブ

【7】オルタネイトグリップ

続きは執筆中

【1】エキセントリック収縮

筋肉が伸長しながら力を発揮する収縮のことをエキセントリック収縮といいます。

反対に、筋肉が短縮しながら力を発揮する収縮のことをコンセントリック収縮といいます。

【2】拮抗筋

【3】オーバーグリップ

【4】ジャイアントセットとは

【5】ナロウ

 

【6】ネガティブ

ネガティブとは、筋トレの負荷を与える際の戻しの動作のことです。

例えばダンベルを持ち上げる場合、持ち上げて腕を下すときの動作がネガティブです。

ネガティブは、

【7】オルタネイトグリップ

 

筋トレ用語 / 29連発(玄人編)



筋トレ用語(玄人)は、以下になります。

筋トレ用語29連発(玄人編)

【1】RM

続きは執筆中

【1】RM

最後に




筋トレ用語29連発×3をお伝えしました。

筋トレ用語29連発(入門編)

【1】BCAA

【2】カタボリック

【3】チートデイ

【4】チーティング

【5】テストステロン

【6】ビッグ3

【7】インナーマッスル

【8】インクライン

【9】デクライン

【10】超回復

【11】コンパウンド種目

【12】フィジーク

【13】レップ

【14】インターバル

【15】オールアウト

【16】カゼイン

【17】リア

【18】チン二ング

【19】フリーウエイト

筋トレ用語29連発(初心者編)

【1】エキセントリック収縮

【2】拮抗筋

【3】オーバーグリップ

【4】ジャイアントセット

【5】ナロウ

【6】ネガティブ

【7】オルタネイトグリップ

続きは執筆中

筋トレ用語29連発(玄人編)

【1】RM

続きは執筆中

いかがだったでしょうか。

筋肉は非常に奥が深いので、勉強すればするだけハマっていきます。

いい筋トレライフを。

すべてのトレーニーにおすすめの一冊!

仕事やプライベートで抱えるすべての問題は、筋トレによって解決できる。

Twitterで話題のあのTestosterone氏の名著。マッチョ社長が編み出した力尽くの人生術。

ウィル

【Twitterも、随時更新中】

この記事がいいねと思ったら、フォローをお願いします。→【ウィルときしん@趣味ブロガー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください