ウィル
ウィルときしんwill_and_kishin)のウィルです。

ガリガリでも、ウエイトアップして、ガッチリしたカラダを手に入れたい

という方に向けて、書きました。

やせ型体質だからといって、ウエイトアップをあきらめるのはまだ早いです。

今回は、ガリガリがジムに通ってウエイトアップする秘訣をお伝えします。

僕は、この方法で筋トレを約1年続けて、176センチ/60キロ→72キロで、12キロのウエイトアップに成功しました。





ガリガリが筋トレはじめて人生変わった

ガリガリだからって、筋トレなんかしても意味ないと思ってませんか?

 

筋トレしても筋肉が付きづらい体質だから、どうせ無駄だよ。

筋トレしてもご飯をそんなに食べられないから、むしろ痩せるだけだ。

そのお気持ち、痛いほどよく分かります。

なぜなら、ガリガリのやせ型体質だからです。

ガリガリの悩みは痛いほど分かります。

わたくし自身、以前は筋トレなんかしても意味がないと思っていました。

元々痩せているのに筋トレをしたら、もっと痩せてしまう。

筋トレをしても、辛いことばかりでいいことなんて何もない。

「痩せてるね」と言われることに、さすがに慣れた。少しイライラするけど、平気。

そういうことを考えていました。

しかし、たまたま周りに筋トレをしている人ばかりになったことがあり、筋トレをしてみたところ人生が変わりました。

変わったこと①|自分のカラダに自信を持つことができた

ガリガリであっても、地道にコツコツと筋トレを続ければ、少しずつ体重は増えますし、ガッチリとしたカラダになっていきます。

僕は最終的には、1年間で12キロの増量に成功しました。

すべて筋肉というわけではありますが、デブになったわけではなく、腕周りや肩回りに筋肉をつけることができ、ウエイトアップに成功しました。

変わったこと②|趣味ができた

筋トレは趣味になります。

筋トレを真剣にやってみるまでは、まったく知りませんでした。

「筋トレは苦行」「ドMがすること」というイメージが強いですが、筋トレは趣味の一つとして成立します。

暇さえあれば、筋トレ。時間をつくっては、筋トレ。

群をぬいて健康的な趣味になります。

【前提】ガリガリこそ、ジムに通え!

まず、大前提ですが、ガリガリこそジムに通うべき。

ジムに通うことで、筋トレをせざるを得ない環境が整います。

家トレは、相当なモチベーションと自己管理能力が求められます。

継続的に筋トレをしていくためには「強制的に筋トレをする環境」に自分を追い込むことが大切。

おすすめのジムは?

中でもおすすめなのは、ゴールドジムです。

ゴールドジムと聞いて「ゴールドジムって、ガチ勢が行くところじゃん、、」と思った方も多いかと思いますが、まさいにその通り。

ゴールドジムには、ガチムチなマッチョたちが集まるからこそ、通う意味があります。

プロのボディビルダーもふつうに目にすることがあるくらい、

月額料金もほかのジムと比べて、さして変わりがないので、通うジムはゴールドジムにしない手はありません。

筋トレひよっこが、ゴールドジムに通っていいの?

ゴールドジムに通うとなったときに「自分なんか筋トレひよっこが、ゴールドジムに通ったりなんかして周りの迷惑にならないか、、?」と不安になる人もいますが、心配ありません。

ゴールドジムに通うようなゴリマッチョは、自分の肉体にしか興味がないので、周囲にいる人を気にしてなどいないからです。

「筋トレをはじめたばかりの人が周りにいると、士気が下がる」なんて、みじんも感じませんし、特段なんの感情も抱いていないでしょう。

もちろん、トレーニングをしているところをジーっと見つめつづけるのは、よくないかもしれませんが、陰からこっそり参考にさせてもらうくらいならまったく問題ありません。

となりにいるマッチョのトレーニングを見て参考にできるのも、ゴールドジムに通うメリットの一つです。

どうしても自宅でトレーニングしたい方は

「どうしても家トレがしたい」という方は、【家トレ器具 / おすすめ15選】自宅トレに欠かせない筋トレアイテム15個を厳選という記事に用意すべき最低限のアイテムをまとめましたので、ぜひご一読を!

【家トレ器具 / おすすめ15選】自宅トレに欠かせない筋トレアイテム15個を厳選

2018.05.22

【メニュー】大きな筋肉から、優先的に

日々のトレーニングでは「大きな筋肉から、優先的に鍛えていくこと」を意識すると、筋トレの効果が高まります。

大きな筋肉から鍛えるのが、筋トレの基本。

とくに、ガリガリな僕たちは筋肉がつきづらい体質でもあるので、なおさら大きな筋肉に刺激を与えて効率的にカラダを大きくしていく必要があります。

具体的には、以下の3つの筋肉。

●大胸筋(胸の筋肉)

●広背筋(背中の筋肉)

●大腿四頭筋・ハムストリングス(太ももの筋肉)

反対に、小さめの筋肉は以下です。

●前腕筋、上腕二頭筋(腕の筋肉)

●腹筋(お腹の筋肉)

筋トレときくと、腕を鍛えたり、腹筋を鍛えるイメージが強いですが、実はこれらの筋肉は比較的ちいさい筋肉になるので、時間帯効果はうすいです。

「腕をとくに太くしたい」「腹筋を割りたい」というのならいいかもしれませんが「カラダをガチっと大きくしたい」という方は、上記の大きな筋肉群を鍛えることをおすすめします。

【食トレ】とにかく食べる

筋トレと合わせて、意識したいのが「食トレ」です。

食トレとは

食事のトレーニング。ご飯をたくさん食べられるようになること

筋トレをしても、筋トレした分を筋肉に変える栄養が十分に足りていなくてはむしろ痩せてしまうので、より多くの栄養を補給することはとても大切なことです。

鍛えてばかりではだめで、鍛えた分だけ食べることで、カラダを大きくすることができます。

【盲点】サプリメントで、栄養バランスを整える

意外な盲点になっているのが、ミクロ栄養素を補給するということ。

ミクロ栄養素とは

ビタミンやミネラルなど、少量ではあるが毎日必要になってくる栄養素

「毎日たくさんの野菜を食べ、同時にお肉もたくさん食べる」というのは、実際問題としてむずかしいところです。

そんなときは、サプリで補うのが一番です。

とくに「ミニッツメイドのビタミン & ミネラル」は、ぜひとも摂取したいところ。

毎日一粒飲むだけで、一日に必要なビタミンとミネラルをどちらも補給することができます。

【注意】サプリメントにこりすぎるのは、厳禁

色々なサプリメントを摂取するようになると、いろいろな栄養素を知るのがたのしくなって、筋トレよりもそっちに気がいってしまう人もいますが、要注意です。

もともとの目的は、サプリマニアになることではないので、ほどほどにしておきましょう。

栄養について勉強することもとてもいいことですが、メインは筋トレ・食トレに励むことなので、優先順位が逆転しないようにすることが求められます。

最後に



ガリガリがジムで筋トレをするときのポイントをお伝えしました。

いかがだったでしょうか。

もう一度おさらいすると、こんな感じ。

●【前提】ガリガリこそ、ジムに通え!

●【メニュー】大きな筋肉から鍛える

●とにかく食べて、栄養をたくさん補給する

●サプリメントで、栄養バランスを整える

ウィル

【Twitterも、更新中】

フォローを待ってます!→ウィルときしん@趣味ブロガー

ウィル

【YouTube、やってます!】

チャンネル登録待ってます!→ ウィル【2浪新卒】



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください